2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

カテゴリー「日記」の記事

2017年7月15日 (土)

ケヤキの器と金木犀のペン

 五月末に依頼された記念樹からの器とボールペン、ちょっと乾燥を急いだけれど一段落まで漕ぎ着けた。

 金木犀のペン軸はかなり意図的な木取りで導管模様を強調したもの。  金具は24Kでなく、少し抑制の効いた10Kゴールドを採用。
 ガンメタルの黒や、古色銅の金具も取り寄せて比べてみたが、白い木犀の木地に似合うのはこれしかないと結論が出た。

 ケヤキのゴブレットは握力が弱くなっておられる由、承っていたので余りデザインに凝るよりも安定性と握り径5~10cmΦへの対応を優先させた。
 
 P7150001
 
 P7130104  
 

続きを読む "ケヤキの器と金木犀のペン" »

2013年10月 6日 (日)

半年ぶりの更新ですが、今年の「さんとめ」展

11月2・3・4日に川越の「蔵里」で開催されます。

 私の展示品は主にヤマザクラの器。

 

Mydata2013

続きを読む "半年ぶりの更新ですが、今年の「さんとめ」展" »

2012年10月 8日 (月)

米山町での剪定作業。

10月2日、あの上越越後の米山町で、世話役のKさんが窓口になってくれた剪定作業を行ったです。

 全ての日程を終えて帰宅したのが10月6日でした。

 んで、明日は小川町伝統工芸館の駐車場でチェンソーアートのデモだって・・・・ wobbly

ええ、今書いたとおり、今回の依頼は剪定です! note

 単なる伐採ではなく、木も生かし、御社も守り、境内の安全を確保するという作業だったので、正直いえば本当に毎日こういう仕事ばかりをやりたいという・・・ lovely

ま、最初は森林組合に見積もってもらったけれど、伐採ならなんとか 剪定は見積もりできない(クレーンが届かないヤマの上の神社)という事だったのでオイラに話が回ってきたのだとか。

 他の記事同様に今回の作業もボツ!と思ってたんだけど、世話役のKさんが写真を送ってくれたのでようやくブログに記事を載せる踏ん切りがつきました。

 あまりに多くのことが在り過ぎて細かいことは全部抜きにして写真記録のブログ記事になりますが、そこんんとこよろしくです。

Imgp1360 Imgp1361

 

 御社の屋根にかかる大枝の具合。


 これはバランス吊りで遊動円木状態にしておいて、長すぎる枝の先端を手鋸で切り落としから開始でした。

 屋根の上を歩き回っての作業も・・・

 葉が茂っていると穂先の位置を見誤ることが増えますんで、くれぐれも慎重に丁寧に。



  そのあと、穂先と元とにロープをかけ、地上3人、樹上オイラ 合計4人がかりの牽引で遊動円木を大汗かいて地面に下ろしました。

 

Imgp1359_2














 
 



んで。 

  御社の斜め向かいにもう一本の双幹欅。 



Imgp1358


  裏側の幹には洞が通っていて境内側に延びた幹は健康そうでした。 

 こまかくみれば全ての枝に枯れた小枝がついています。

















 

以下、簡単に経過記録しときます。

続きを読む "米山町での剪定作業。" »

2012年9月25日 (火)

いつの間にか・・・

 累計アクセス40万超えてしまってたんですね。
 このところずぅ~っとロクな記事も書かないままで皆さんの時間を潰してしまったみたいで 申し訳ないです。

 申しワケないっていうワケででもないcoldsweats01んですが、最近の屋敷林の作業具合をちょこっとUPしてみます。

 篤実農家の古風な屋敷林の3本の白樫が落雷直撃をうけ、さらに旋風で大枝が折れてクレーンを使う業者さんに依頼して速効始末をしたあと、私たちの事を知ってこちらに依頼が来たって事なんですが。
 ま、機械を使うのは能率速度が必要な状況では当然の事なワケですが。
 大きすぎる樹を人力だけで始末するなら、たぶん、私たちの利点ってのは大きいんぢゃないかと思ってます。

Imgp1215 Imgp1219

 特に今回の現場は、ってえと。

 邸内に電話線、ファイバー線、電灯線があって、

瓦葺の2階屋の上で大きな欅の枝が屋根を擦っていたり、

ねじくれた白樫の林が鬱蒼と空を閉ざしていたりする。

 いやぁ~実に楽しい現場です。

 んで。

 

 

続きを読む "いつの間にか・・・" »

2012年8月29日 (水)

命の洗濯 (120909 写真追加)

してきました。
10525355455
八ヶ岳高原ロッジから車で10分。 森サポ時代の友人山仙人さんの招聘で薪人の別荘なるものを一泊二日で見学です。

 標高1600mの空気はちょと薄かったよ~な・・・ bleah 気がしないでもないけど。

Imgp1094 Imgp1086  
 ウワサの薪ストーブと薪小屋もしっかりと拝見しますた。

 
 
 
 
 

Imgp1067
 なによりも、3名揃って二日間、なんにもセンニン!ってのが特記事項だったりしてます。

 
 
 

Imgp1075  

 
 
 

 ----

120909 写真追加 

 山仙人さんが超能力で撮影してくれた暗闇の中の酔っ払い。 メールで送ってくれたです。

なので、追加。

  まあ、オイラも酔ってたけれど、撮影した仙人さんが朦朧としてたからね・・・ 写真もそんな雰囲気ビッタンコ

Imgp2893

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "命の洗濯 (120909 写真追加)" »

2012年8月23日 (木)

鷲ミミヅク

 井の頭公園の某美術館前の欅橡を検分したあと、某氏に案内していただいて本物の鷲とか梟とかを販売陳列しているレストランに行ってみた。

んで、発見。

 なんと オイラが考えていた羽のたたみ方、上下関係が逆になってたわ・・・ 


Imgp1034  
 つまり、風きり羽根が一番下(内側)。

 雨覆いは順次たたまれて一番外側。

 あはは gawk

  考えるまでもないことなんだけれど、なぜかしら、オイラが彫ってた梟の羽は風切り羽を一番外側、つまり一番彫りやすい表面になるよう刻んでいたのであった

 

 ちゃんちゃん♪ rain

 んなワケで、この際、競技からはずっと手をひくことにしたチェンソー彫刻。

 本物をじっくりっと観察して納得できるカタチを追い求めることにしたんよね。

 なので・・・

  この際だから shine 絶世の美女とかをモチーフに!annoy  

  smile

 なんちゃって。

いやぁ~

   オイラの年金からそんな美女のモデル代がひねり出せるものかど~か

          考えなくてもわっかりそうなもんだったんだわ  punch bomb heart03

続きを読む "鷲ミミヅク" »

2012年8月 1日 (水)

畑と伐開地の除草で

 毎朝のように5時ごろエディの散歩、7時ごろから出かけ10時ごろにはひーこらと逃げ戻る・・・ shock  という酷暑の日々です。

みなさんも似たような日々を送って・・・

      って事はなさそーですよね    失礼しますたっ! coldsweats01

 

 

Imgp0932  
 エディはというと、この暑さでなおさらパッディングパンティング音が辛そうに聞こえますが、本人は至って現金なもの。

 外につれだせばただひたすら嬉しいだけ。

 歩くたびに後ろ足が捩れるように地面をこするんですが、いまのところ血がにじむってほどでもないし。

 

んで。

今日の散歩でみかけたきれいな白い花。

 

なんて名前の花かな?

 

 と気になって、ちょっこし写真(みたいなもの)をば撮らせてもらいましたとです。


 
 

Imgp0933  Imgp0934
 なにか特徴のある葉脈。

 ただ、この花の白さが凛としています。

 
 
 

ま、それはともかく

この時期、畑地では除草が一仕事です。

 なんと言っても晩秋の落ち葉掃きでの焼き芋パーティがゴールですからして、無料借用している芋畑の周辺の維持管理に手を抜くわけにいきませんで。

続きを読む "畑と伐開地の除草で" »

2012年7月25日 (水)

クノス、カルデット、アルドボス(写真追加 120727)

今日は定例里山清掃の予定だったが朝7時からAさん屋敷林。

結果的にだが、私は欠席。

 9時前までは静かに手鉈で柴削ぎ葉削ぎ、9時過ぎてからは74コマのソーチェン目たてをやってアラスカンMkIIIでのヒノキ板挽き。
 2インチ厚の板を4枚挽いてハスク262xp満タン4回。
 これで昼になってしまった。

_rimg0290
 土台のセッティングとか細かい見落とし忘れがあって手間がかかってしまったことは間違いないけれど、 季節はずれの板挽き作業で引退老人がなんやかんや遊びにきてくれて昔話を展開しては作業の邪魔もしてくれたし(笑)

 (写真は清掃仲間のYさんが送ってくれたもの)

 帰宅してシャワー 午後に午睡(笑)。

 夕刻になって目覚めたが、PCを開いたらまた変なメールが来てた。 世の中暇な人間がそれだけ増えているってことかも 知んない。

 鉈の使いすぎか、右腕の肘まわりで筋肉痛がまた始まってた。

 なのでトクホン4枚消耗。

 

 木のことを何も知らないで森を語る手合いってのは珍しくもなんともないけれど、 ま、人畜無害の老人のことゆえ、すなおにそういうのは無視する。

続きを読む "クノス、カルデット、アルドボス(写真追加 120727)" »

2012年7月 6日 (金)

ロープ架線牽引システムの実際を

体験しとこうという企みに いつもの3馬鹿仲間が付き合ってくれた。

 結果は予想どおり・・・ってか

  予想どおり 結構好そう

 でも、疲れるからもう止そう なんちって bleah

Imgp0824
写真で吊っているのは 200 160 kG 程度の樫の木。
 架線は5/8インチのステーブル・ブレードで牽引は1/2インチのポリダイン。

 先日のイラストとほぼ同じ構成だけれど、GRCSは設定せず、フィドル滑車5倍力とポータラップの組み合わせという能率最悪の方法をとった。

 たぶん、GRCSを使えば相当楽になったと思うけれど、ギア比22倍でなくて素朴な5倍滑車でもイケテル仲間の腕力気力に期待という組み立てデス。

 写真右奥に積み上げた丸太はヒノキ、椋。 

 実際にこのクラスの樫を小積むとなると結構大変な力が要るんだわ。

 全体としては吊り上げ4倍力牽引フィドル5倍力、合計20倍(理屈上)のシステムつかって集めた丸太の上に樫をおったてる気分ってものは まあ、悪くはないっす ホントのところ。

 そうそう、吊り上げ滑車は最初3倍にするつもりだったけれど、いつの間にかヤマさんバタやんがさっさとシステム設定をやってくれてて、気がついたら4倍力になってたんよ(bleah) 

 滑車自体もスイベル付のダブルをつかったんで、いろいろな意味で楽ではあったんだけど。 ま、細かい話はまた後日。

続きを読む "ロープ架線牽引システムの実際を" »

2012年6月25日 (月)

林内人力集材システムの考察

とりあえず簡単な土佐方式のロープ人力現実版を考えてみた

Kawagoemethod_2

続きを読む "林内人力集材システムの考察" »

より以前の記事一覧