2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

カテゴリー「森を視る」の記事

2012年10月31日 (水)

さんとめ、多福寺近くの森で

この10日間ほど、時々応援を貰いながら 一人作業がつづいています。

 目的は落ち葉を掃ける農用林 その中の桜の木を頂戴したいという川越農林さんが「さんとめの木をいかす」地元木工作家グループ を応援するってことで オイラはその応援。

 実際には里山に相応しくない樫が下層植生を圧倒しているコナラ林。

Imgp1527

 いきなり桜に手をつけるわけにも行かず、隣接農地を覆うようなクヌギ、ムク、サクラ、コナラの越境大枝の始末にかかる前の段階です。

 
 

こんな具合に樫が伸びだして鬱閉率100%の現状だったワケですが、所有者の了解を得て片っ端から(数本を残して)除伐です。 

Imgp1531 その後始末がとにかく大変 ってか、取りあえずは林辺からいつもの葉削ぎを始めたんですが、

 そこの爺様から
   早く落ち葉を掃ける森にして

  と催促されちまったもんで、葉削ぎは先送りして除伐後の樫の小木を林辺部にひたすら積み上げる作業をおこなってます。  なんせボランティアなもんで gawk

とにかく除伐した森では 隠されていたコナラの木々の傷やら病変やら、色々と見えてきました。

 枯損木の始末も単に倒しただけでは話になんないんで、丁寧に小積む作業を黙々とやってるワケ。 

Imgp1535
 なんだか段々ハナシがMっぽい雰囲気になりそうなんで、目線を変えて・・・

  
 
 
 

 

Imgp1538  

 当然ですが、林辺部の始末は木登りで片付けるっきゃない

 なにしろ隣は畑地で人の足がズブズブとめり込むような土ですから、
 もしユニックとかを持ち込もうとしたら先に鉄板を敷くなどのかなりの手間が必要になるんで

 

 もっぱらアーボな技術で対応してるってワケです。

 

この大枝、普通に地面から生えているサクラと比較しても結構太い木 って感じです。

 

 これは先週の木曜、私が上顎歯根の外科手術を受けた翌日に 応援の某インストラクターとヤマさんとに作業してもらったあとの写真ですが、左の黒っぽいサクラの中ほどの枝が2つ切断されてるの、わかります?

 
 
 

んで。

続きを読む "さんとめ、多福寺近くの森で" »

2012年10月 8日 (月)

米山町での剪定作業。

10月2日、あの上越越後の米山町で、世話役のKさんが窓口になってくれた剪定作業を行ったです。

 全ての日程を終えて帰宅したのが10月6日でした。

 んで、明日は小川町伝統工芸館の駐車場でチェンソーアートのデモだって・・・・ wobbly

ええ、今書いたとおり、今回の依頼は剪定です! note

 単なる伐採ではなく、木も生かし、御社も守り、境内の安全を確保するという作業だったので、正直いえば本当に毎日こういう仕事ばかりをやりたいという・・・ lovely

ま、最初は森林組合に見積もってもらったけれど、伐採ならなんとか 剪定は見積もりできない(クレーンが届かないヤマの上の神社)という事だったのでオイラに話が回ってきたのだとか。

 他の記事同様に今回の作業もボツ!と思ってたんだけど、世話役のKさんが写真を送ってくれたのでようやくブログに記事を載せる踏ん切りがつきました。

 あまりに多くのことが在り過ぎて細かいことは全部抜きにして写真記録のブログ記事になりますが、そこんんとこよろしくです。

Imgp1360 Imgp1361

 

 御社の屋根にかかる大枝の具合。


 これはバランス吊りで遊動円木状態にしておいて、長すぎる枝の先端を手鋸で切り落としから開始でした。

 屋根の上を歩き回っての作業も・・・

 葉が茂っていると穂先の位置を見誤ることが増えますんで、くれぐれも慎重に丁寧に。



  そのあと、穂先と元とにロープをかけ、地上3人、樹上オイラ 合計4人がかりの牽引で遊動円木を大汗かいて地面に下ろしました。

 

Imgp1359_2














 
 



んで。 

  御社の斜め向かいにもう一本の双幹欅。 



Imgp1358


  裏側の幹には洞が通っていて境内側に延びた幹は健康そうでした。 

 こまかくみれば全ての枝に枯れた小枝がついています。

















 

以下、簡単に経過記録しときます。

続きを読む "米山町での剪定作業。" »

2012年8月 1日 (水)

畑と伐開地の除草で

 毎朝のように5時ごろエディの散歩、7時ごろから出かけ10時ごろにはひーこらと逃げ戻る・・・ shock  という酷暑の日々です。

みなさんも似たような日々を送って・・・

      って事はなさそーですよね    失礼しますたっ! coldsweats01

 

 

Imgp0932  
 エディはというと、この暑さでなおさらパッディングパンティング音が辛そうに聞こえますが、本人は至って現金なもの。

 外につれだせばただひたすら嬉しいだけ。

 歩くたびに後ろ足が捩れるように地面をこするんですが、いまのところ血がにじむってほどでもないし。

 

んで。

今日の散歩でみかけたきれいな白い花。

 

なんて名前の花かな?

 

 と気になって、ちょっこし写真(みたいなもの)をば撮らせてもらいましたとです。


 
 

Imgp0933  Imgp0934
 なにか特徴のある葉脈。

 ただ、この花の白さが凛としています。

 
 
 

ま、それはともかく

この時期、畑地では除草が一仕事です。

 なんと言っても晩秋の落ち葉掃きでの焼き芋パーティがゴールですからして、無料借用している芋畑の周辺の維持管理に手を抜くわけにいきませんで。

続きを読む "畑と伐開地の除草で" »

2012年6月25日 (月)

6月の雨、6月の森の散策路

最近はFB(フェイスブック)とかTL(ツイッター)とかで発散することが多くなって、特にブログに書きたくなるような記事内容ってのは・・・ ないようっ bleah 
って事がふえてまふ。

 ま、最初に狙いのオヤジギャグを飛ばしたから溜飲大いにさがって朝っぱらからちょ~っと楽しいなっ てえ雰囲気です。 heart02

 んで。

Imgp0715  
 先週の雨の日、みまわった川越霊園前のIさんの屋敷林伐開地、まだし残してある樫やヒノキ、椋が道路を渡って6600v架線の上にしな垂れかかってます。

 林内からみると この子等は根元から道路側に曲がっていたり、6mあたりの途中で別の木の横から道路に顔を出してそのまま伸びてしまっていたり・・・

いやぁ
 やっぱし生存競争 半端ねえっすcoldsweats02

 まだこの程度なら支障状態もほぼ回復した模様 といっていいかと思うんですが

続きを読む "6月の雨、6月の森の散策路" »

2012年2月29日 (水)

西坂戸の第二現場ラスト

約束した工期日限が2月一杯ということでしたんですが・・・

 地主さんがなかなかNTTに連絡を取らなかったりして電話線との絡みなど、予定は未定を絵にかいたみたいな作業が長かったです。

Cimg2566  Cimg2567  
第二現場のアカメガシワと篠藪のほうにはそろそろ決着をつけるべえと、出かけたのがオトツイのこと。

 
 

 なんとなく日差しが・・・ 小鳥たちが嬉しそうに歌いはじめているんですよね。

Cimg2568  
 ホントはまだ2月なんですけどね。

 
 
 
 
 
 

続きを読む "西坂戸の第二現場ラスト" »

2012年2月27日 (月)

余りにも色々な事が重なって(写真追加)

目の玉がでんぐり返しを起こしたような1週間が過ぎました。

X007  X049 静岡県は天竜 二俣の諏訪神社で20日から25日の期間で実施された崖上の巨樹支障木除伐、私は20日から24日まで皆さんの邪魔をしまくってcoldsweats01 

いやぁ~ えかったわ

X117  

 あ、石井さん、無断で顔写真UPしちゃった。 

   ごめんしてけれ~~

 

まあ、とにかくです

 経験したことの何を取り上げても、まず文章に書ききれないことばかりですた。

なので 

  特に文章にはなにも書きません happy02

 わはは・・・ (←悔し紛れ)。

んで

 せめて撮影した内容をまとめて動画にしてはどうが gawk ・・・と思ったんだけれどもね、どういうワケかWindowsLiveのムービーメーカーってのがハングアップしてフリーズして言う事ちっともきいてくんない。

あまり時間が経過しちゃうとつまんないことになるんで、とりあえず最低限のところをFaceBookにUpしときました。

   鹿足!、いや、しかぁ~し! catface

続きを読む "余りにも色々な事が重なって(写真追加)" »

2012年2月13日 (月)

昼飯前と思ってたけんども

なんとたっぷり昼過ぎになってしまった納屋前の白樫枝おろし

なんちって(汗)
 実は朝からしっかり出遅れてて、目的地到着がもう11時近い時刻だった wobbly

Imgp4082  Imgp4083

 ロープワーク技術で枝おろしやる場合、適切なある程度の高さというものがあるように思う。 

 

 今回は全て6m~8mという低高度での作業になってる。

 なので、スパーを履くでもなく、ロープにぶら下がるでもなく、単に折りたたみ脚立を真っ直ぐ伸ばして処理する仕儀と相成った次第。

 なんとも一番やりにくい高さだわ・・・

 最初の写真は作業エリアの広さの確認。

 吊ってあるのは結構太めの白樫の短コロ。 短いくせにしっかり重い。 

 

 これが11時23分となっている ということは現地到着30分程度で最初の切り下ろしをおこなったことになる。

続きを読む "昼飯前と思ってたけんども" »

2012年1月25日 (水)

んな訳で、早速始末をつけました

この杉 なんで折れたのか、折れた部分を玉切りして明らかになりましたが・・・
 やはり褐色腐朽 セルロースが消え去った杉の4m高ポイントでの挫屈でした。

 見回して、改めて怖くなるような杉の木立ち

 せめて音楽だけは楽しげにしてみましたけれど、竹林を拓いてみないと他の杉がどうなっているか かなり哀しい話になりそうです。

続きを読む "んな訳で、早速始末をつけました" »

2012年1月24日 (火)

今日の動画 懲りずにUP

まあ、本人はこれで楽しいんだからしょうがない ってかな。

 

 まあ、甘くみてはいけないってのはアタリマエの話だけれど、

 

この折れ杉の始末は案外に楽にできそう。

続きを読む "今日の動画 懲りずにUP" »

2011年10月14日 (金)

コナラの竜王

先日来伐採の約束をしていたIさんの森 一昨日にお宅を訪問し依頼内容と地境を確認をしたコナラの森があるんだけれど。

 とりあえず一本の二股枯損楢 昨日の木曜に毎度の3馬鹿で片付けた smile

 午前中はのんびりと大枝おろし。

 吊らない単なる切り落とし処理だったけれど、大きいままで伐れば畑に深く大枝が突き刺さって耕運機の障りになる。

 んなワケで
 ゆらゆら動く二股の枯れコナラの、ちょっとマシなほうの幹にスパーで登って完全枯死幹を坊主にしてから 自分が登っている枯死幹をトップアンカーポイントまで切り落とした。

 あとはヤマさんに任せ8mほどの幹を牽引かけて1mちょいの元株残してじわっと寝かせた。

 3人もオトコがいるので当然 力は余っている。

 近場のソロ幹を使ってこの7mコナラを吊り上げ、枕を抱かせ、フィドラ滑車で位置決めしてながーいベンチにくみたててみた。

 それが昨日の木曜のこと。

 んで

続きを読む "コナラの竜王" »

より以前の記事一覧