2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 無患子の器の里帰り | トップページ | メリー・ホプキンさんのThose were the days 1968 »

2017年9月30日 (土)

2015年に提出したpdf資料が出てきた

 すっかり忘れかけていたけど、今読み返しても出来は悪くない・・・ってか、かなり良い と思う。

 最近になって、ワケわからん安直な安全指針なるものが出てきてるが、中身を知るにつれてこりゃ拙いんでねえか と感じるようになってきた。

 つまり、カナダとかアメリカとかドイツとか中国とかの樹木管理業界の経験と知恵を集めた基準あるのだが、そこで規定されている最低ロープ強度24kNが、日本の規格では11.5kNで良いということになってる等々の様子 その他にも色々と。

 まあ、悪い意味でのカミカゼ特攻隊みたいな事をやりかねない業者も混じる世界だから、それなりの意味もあるんだろうが、ちょっと抗議しておきたい気分。

 オイラが書いたのはあくまで特殊伐採についての作業安全指針で、基本はアメリカの規格A300とかZ133.1に依拠している。

  
Arai_keyaki170921a
 

P9210184

 広い庭先なので、枝は切り落としで済ませた事例。 まだ残り2/3が残ってるが、これは後日交通安全を見極めながら処理する予定。

P9250204

 

枝をそのまんま(でもないか・・)ゴブレットにしたてて こんなのを作って見た。

 
 
P9250218
 
仕上げはウレタン系の木固めエース含浸。
 
可動リングは研磨しきれなかったので、次回以後はリング部の乾燥・研磨を終えてから切り離すようにする。
 
P9210193
 
 
 簡単なゴブレットも、作っているうちに色々なバリエーションを思いついたりして雑念が商品化を邪魔する。

 もっと精神集中しなきゃ ダメだわな・・・
 

« 無患子の器の里帰り | トップページ | メリー・ホプキンさんのThose were the days 1968 »

コメント

復調した様子ですね。あまり無理をしないで。
ロープ作業はとんと不案内ですが、実務経験者として声をあげられたら如何ですか。
ゴブレット良いですね。JWA12月の講習会テーマです。
講師役お願いしたいものです。

つねさん、オイラを買い被りすぎです。 
 ゴブレット、12月にやるんですか? JWAの掲示板みてるんですが気が付きませんでした。
 ケヤキでもカシでもエノキでも、生木の枝をつかうと、研磨とかの効果がまるでダメなので、ゴブレット単体では見劣りがしちゃいます。 
 100円ショップで4cmΦ程度の小さな観葉植物プラ鉢植えをハメ込むと面白いかなと思いますけど、それもメンドイからエッグスタンドにしちゃをうとか いつまで経ってもフアフラ、プロの意識に到達できません。
 やっぱしまだまだアマチュアのまんまです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/65855354

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年に提出したpdf資料が出てきた:

« 無患子の器の里帰り | トップページ | メリー・ホプキンさんのThose were the days 1968 »