2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 川越市広済寺の支障木伐採記録(前半) | トップページ | みよし町ふるさと納税の返礼品に »

2017年2月 7日 (火)

川越市広済寺の支障木伐採記録(後半)

後半部は剪定作業

 
 7日目の休養日に、薪利用のための一時集積地の状況を確認した。 
 
 
     
         
 
 
剪定は頂芽優先の原理とか、葉によって生成される全エネルギーの30%ほどが
根系の維持再生に使われていることを踏まえ、強剪定による根系の壊死などへの
理解を踏まえた整枝・選択が行われる。
 
 
 
       
       

 剪定では、一般的オーナーは出来る限り強く切り詰めて欲しいと思うものなのだが

、崖地上という立地条件を踏まえれば、発生するスプラウトによる逆効果への理解も

また欠かせない。
 
 
 最終日の早朝、近所の神社で5~7年前に処置された俗に言う電柱カットの顛末を
撮影して訪問、カメラから直接画像をご覧いただき、何故剪定の強度に限界を設定す
るのか ご了解を頂いた。
 
 最終日の昼間まで アーバン社に残留いただき、ご住職、檀家総代様の検分を
頂いて終了のご挨拶を申し上げ オイラ達は最後の枝条搬出。
 ようやくの思いで借りることのできた4Tユニックを11日利用後にレンタリース社に
返し 剪定した欅たちに最終完了の挨拶をしておわりにした。
 
 
 

« 川越市広済寺の支障木伐採記録(前半) | トップページ | みよし町ふるさと納税の返礼品に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/64861913

この記事へのトラックバック一覧です: 川越市広済寺の支障木伐採記録(後半):

« 川越市広済寺の支障木伐採記録(前半) | トップページ | みよし町ふるさと納税の返礼品に »