2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

さんとめの木をいかす展2016

 循環農業の展示は例年のとおり武蔵野の農家のジオラマ
 
 
Santome2016g
 
クイズ出題で集客を図る山中さんの工夫、オイラはその下請けで問3を分担した
 
 
Santome2016f  
 
 

肝入りの飯能グリーンスマイル 細田さんの奥様がブログ更新しておられた。

 
 何故かオイラも家内と娘と一緒に写真がのっとっと。 
 
 
Santome2016b
 
 
Santome2016a
 
   
 今回はオイラ、殆ど時間がなくて新作は無し。

 娘・家内の手芸とのコラボで少し賑やかしを助けてもらった。
 
 

続きを読む "さんとめの木をいかす展2016" »

2016年11月16日 (水)

記念植樹50年の金木犀と欅

依頼されて南池袋まで出かけたが、行った甲斐があったような綺麗な材だということが分かった。

 経過報告はいつものようにFBのアルバム。
 リンクは以下のとおり。
 
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1325257277525108.1073741857.100001225447157&type=1&l=7ec28ca4b6  

続きを読む "記念植樹50年の金木犀と欅" »

2016年11月14日 (月)

彫ってきた

 ヒマラヤ杉の幹、1/3を2分割して運び込んでおいた緑の森博物館 11月12日土曜に彫ってきた。

 
 テーマは祈り。 折り鶴を持った樹の精 
 
 折り鶴の意味は日本人なら通じるかな と思うので、オイラなりの精魂こめた製作だった。

続きを読む "彫ってきた" »

2016年11月 8日 (火)

大日堂のヒマラヤスギを

分割して一部分だけ緑の森博物館に搬送した。
 最初は1/3ほどをようやくの思いで軽トラに積み込んだんだが、6プライのタイヤがペッちゃんこになってて走行したらバースト・・・ しかねないと心配になった。

 
 結局、その1/3の丸太の1/3を切り落としてなんとか積載、2回にわけて週末のチェンソーアートデモ現場に搬出できた。
 
  
 
Pb070298  
 
 
 デモ予定地では博物館の若い力持ちの担当者さんが応援してくれて、2つに分割した材を軽トラのパワーゲートと担当者さんのウルトラパワーとで正順に積み直すことができ 人力の凄さにびっくりした。
 
 

続きを読む "大日堂のヒマラヤスギを" »

2016年11月 6日 (日)

嵐山町フェスティバルでオオムラサキを・・・

彫ることになってた。
 

 トンボとかは昔よく彫ったものだが、国蝶オオムラサキの羽根のイメージをどうやって表現するか、4枚の幅広の羽根をどうやってホゾ継ぎするか 昨日一日かけて工夫して失敗を重ねていた。

 
 今日の本番、窓口になってくれた嵐山町林業研究会の知人の顔に泥を塗らないよう、また、埼玉森林サポータークラブの事務局のサポートも得て かなり真剣に取り組んだ。
 
 結果、 それなりの結果になったように思う。
 
 
 

続きを読む "嵐山町フェスティバルでオオムラサキを・・・" »

2016年11月 2日 (水)

続いてリョウブの話

午前中、コナラの旧作カップを4つ塗装剥がしで仕上げ挽 研磨2000番まで。
 

ノーフィニッシュ オリエ2を試す予定。

 
 10時半に待ち合わせた話がドタキャン ってか、新築のため伐採した誕生記念のケヤキと金木犀の50年丸太 受け渡しを川越で って事だったんだが 建築会社営業さん、丸太は素人さん の搬出計画は現実とぶつかって挫折したとのこと。

 無理な重さだということだったので、なるほど 素人さんに丸太扱わせたら危ないってこと思い出した。
 
まあ、マジメを絵に描いたような営業さん、怪我させたらマジいっしょ。
 
 んなワケで オイラは久しぶりの・・・ もう何年も回避してきた 都心への車運転 やらにゃ しゃあない って事になった。 予定がすっかり狂って参ったちゃん。
 
 GMAPで予め確認しておいて ゴリラカーナビで一方通行チェック、昼11時半に現地で素材を確認してパワーゲートでさっさと積み込み 電池切れ間際の携帯で真面目営業さんに連絡をとって確認挨拶の上帰宅した。
 
 50年のケヤキ、アカだったね。

 モノとしては悪くないけど、短寸すぎてちょっと作品用にはやばい感じ。

  金木犀はちょっと白っぽいのが気になる。
 とにかく、来週あたりに挽き割、粗取りして何がつくれるかチェックの上オーナーさんの意向を確認するべし。

続きを読む "続いてリョウブの話" »

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »