2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 今福のI川さん宅で | トップページ | タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを »

2016年10月23日 (日)

展示会での販促リーフレット

作ってみました。
 10年ぶりに復活したボールペン軸制作 ヤマザクラのアテ材やクヌギ、コナラ、アカシアの杢の面白さを普段手元に置くボールペンに加工したもの。
 ついでにその樹にまつわる話とかを短くまとめて雑木林の自己紹介みたいな体裁のリーフレットに仕立てようとたくらんだもの。

001
 
001_2
 
001_3
001_4
 
001_5
 
 この後、ムクノキ、シラカシ、ウワミズザクラ、リョウブ、シデノキ、エゴノキ、ハンノキ、アオハダ、ムクロジ、マユミ、ヒサカキ、ケヤキ、エノキ、ヒイラギ、ガマズミ、ウルシ、・・・ 延々と雑木林の紹介リーフレット作成が続く予定です。
 
 あ、予定・・・ あくまで予定なんですけどね。
 

 コナラの話をFBにアップロードしてみたら、思いがけず中身の濃いレスが返ってきたです。

 
 チロース現象を期待したジャパニーズ・オークの酒樽、酒造会社が素材輸入できなくなる時代を想定して水楢で試作したところ、チロースのゴム臭が強くて使い物にならない という所見を得て諦めかけたんだそうな。
 
 しばらく放置した後、テイストしてみたところ、ゴム臭は伽羅の香りに変化していてミズナラの酒樽の良さが認識されるようになったんだと。
 
 なるほど、思い当たることの数々 です。
 
 
Pen_sakuras
 
 
Pen_sakura
 
FBに写真アップしたら、ヤマザクラの杢で作ったペンは完売しました。 有り難いことです。
 
 
 下の写真はアカシア(ハリエンジュ)の芯材模様です。
 
Pen_akacia
 
 
 
 アカシアすなわちハリエンジュ 梁延寿 針槐
 
 荒々しい導管模様が魅力的だなと思います。
 
 
Pen_akacia2
 
 
 一連の木取りでは素材が最も脆弱な角度での切り出しをあへて行っているので、刃物の研ぎ技量がかなり微妙になってくるけれど、 それも面白さのうち。
 
 
 白樫の牡丹染みの入った芯材とか、椋の緻密な肌合いとか はてまた無患子の黄色い多孔質な触感とか 愉しみは色々と見つかるです。
 
 FBでは投げてみた記事へのリアクションの中にキラリと光るコメントが混じってくることがあって油断ならない(笑)
 なんちゃって。
 
 
 木が好き、ヤマが好きというのは 別にオイラの専売特許なんかではない (^^)
 
 

« 今福のI川さん宅で | トップページ | タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/64386348

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会での販促リーフレット:

« 今福のI川さん宅で | トップページ | タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを »