2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを | トップページ | 続いてリョウブの話 »

2016年10月30日 (日)

10月も終わりになる

昨日今日と所沢の航空公園の農業祭に出店させていただいた。

 
 疲れたけど、寒かったけど、まあまあの週末を過ごすことができた。
 
 
 白樫について カードをつくっておいた
 
 B
 
 
 
 今年はもう間に合わないけれど、ヤマザクラ、コナラの伐りだし+榾木おろしとチェンソーアートのデモでかなり忙しいスケジュールの合間をぬって コナラ茶碗の仕込み100個を企んでいたりする。
 
 12月まで目いっぱいにクライミング&カービング+バッキング ついでに預かっている森の枝拾い・落ち葉掃き下準備に追われることになる。
 
 1月はもしかしたら大きなリギング作業ってか、特伐のスケジュールが入ってくるかも知れない。 別のヤマでヤマザクラを伐る事になっているが、これは埼玉県の林業事務所が支援してくれている木工作家集団での木材利用プロジェクトの一環。
 オイラはそこで伐採・搬出をボランティアで請け負って、自分用にコナラとサクラの枝分れ部を頂けることになる筈。
 
 ただし!
 
 1月の入間糀谷八幡での落ち葉掃きイベント用に また名札と参加賞とを用意することにもなっている。
 まあ、10年つづけた名札100枚、景品製作に比べれば、数量は半分くらいのもの。
 
 名札用の糀谷のアオハダとかを今のうちに貰い受けておきたいのだが、11月になるというのに葉がまだ青いまま ってのは洒落になんない。
 12月になってからだと、かなりスケジュールが切羽詰まってくるんで、天気の様子が気になって仕方がない。
 
 ま、贅沢な悩みっていえばそうかもしんない
 いつまで御達者自慢がつづけられるか。
 愉しみっちゃあ 愉しみ。

« タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを | トップページ | 続いてリョウブの話 »

コメント

いつもの事ながら、木挽屋さんの博学振りには最敬礼です。

本日も「白樫の話」大変勉強になりました。(150%に拡大して拝見)
この様な蘊蓄を是非JWA講習会で講演お願いしたいものです。

いつぞやの「奥会津の動画」を講習会で披露、喜ばれました。
寒風の候、安全第一でご活躍下さい。

つねさん、工房の様子いつも感嘆の思いで見てます。 どこからあれだけのエネルギーが湧いてくるのか、実に驚きです。
 オイラも負けずに・・・ って旋盤木工では敵わないけれど、チェンソーアートはオイラが一歩リード っちゅうか、つねさんやってないもんね(笑)
 今度の日曜、武蔵嵐山の女性教育センターでオオムラサキって蝶々を彫る予定です。
 さて どんな具合に仕上がるか(汗)まだまだこれから新境地が拓けそうな気がしないでもないでもないです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/64420715

この記事へのトラックバック一覧です: 10月も終わりになる:

« タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを | トップページ | 続いてリョウブの話 »