2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 第一回さんとめ活樹祭 無事終了しました | トップページ | 先月のさんとめ活樹祭 »

2016年7月28日 (木)

蓋をつけたナチュラルエッジの器

 先日の「さんとめ活樹祭」で薪の積み上げ競技景品として、オイラはリョウブのナチュラルエッジ器を8個提供したのだが、その造形にまだ攻めてゆくポイントを幾つか感じてた。

 
 Keihin4
 
 
 
 Keihin6
 
 
この時は、蓋の全てをヤマザクラで仕上げた。
 
 

やはりこの種にイベントでは、価値を認めて貰える状況というのはなかなか無いみたいで、次回からはかなり抑えた対応を工夫する必要がありそう。

 
とは言いながら、リョウブ、エゴノキ、エノキ、ムクノキ、アオハダ、ヤマザクラ、ウワミズサクラなど、「雑木」の中に秘められた別の景色を提示するには ナチュラルエッジで訴求してゆくのが本筋のように感じているってワケ。
 
色々とまだまだ試作を繰り返し、フィニッシュもオイル、ウレタン、漆の他に試して行きたい。
 
 Keihin8 
 
 
 珍しくちゃんと(?)乾燥したエノキで蓋をつくってみたり
 
 
 Keihin7
 
 
エノキの本体にケヤキの蓋をつけてみたり
 
 
 Keihin9  
 
 
丁寧に仕上げて11月の「さんとめの木をいかす展」に出品する作品をそろえてみたい。
 
 
 まだ暫くはリハビリみたいな体力回復期間が必要みたいだけど、できればあと5年ほどは、木工の愉しみが伝わるような作品づくりに励んでみる。

« 第一回さんとめ活樹祭 無事終了しました | トップページ | 先月のさんとめ活樹祭 »

コメント

どれもほっこりと温かみがが感じられる作品。
こうゆうのが一番の好みだが、発想が貧弱で出ない。厚材も入手困難。
素晴らしい作品、是非拝見したいものです。
11月のイベント、決まったら日程をupしてください。

いつもコメント有難うございます。 ブログってる張り合いがあります(汗)
正確な日程が分かり次第、告知させていただきますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/63978050

この記事へのトラックバック一覧です: 蓋をつけたナチュラルエッジの器:

« 第一回さんとめ活樹祭 無事終了しました | トップページ | 先月のさんとめ活樹祭 »