2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

今日の天気は猛暑の予報。
 今日の作業は猛予想・・・ オヤジギャグは もう止そう。
 エディの介護で9時まで傍についたり離れたり。
 大分暑いらしいのでエアコンを強くかけてる。

 昨日はヤマさんと傘さんの応援をもらい、散歩人さんたちに蹂躙された個人農用林の境界柵の補修を行った。
 クソ暑い中でペットボトルの飲用水3ボトル。
 午後2時で打ち切り。
 大きな松がほぼ全て枯損した址、陽樹のアカマツの実生が数多く芽生えていた。
 補修材として利用する林内散在の枯れ松丸太の牽引経路上の苗にかなり神経を使った。
 牽引はPCW5000+100mロープ+折り返し滑車類。


Pcw5000
 滑車の台付けにはアイ付きスチールカラビナにガースヒッチで固定したビアノットのループスリングを利用。
 シングルで300kG耐荷重のチューブラスリングのループだから単純計算で600kGまではいけるって雑な勘定だけれど、実際には見事に破断。
 チェックしてみるとノット位置は無傷。 
 カラビナのアイに通したスリングのガースヒッチ位置で破断してることを確認。
 これも理屈どおりだった。

続きを読む "" »

2015年7月15日 (水)

整理してたら2002年のDSP紙が出てきた

パブロを喪って5年もしたころ、近所のイヌ好きさんたちとヒョンなつながりがうまれて、川越市にドッグランを作って貰う請願をしたいね という話が具体性を帯びてきた時期があった。

 特に若いリーダーシップをとってくれたH野さん、K木さん を覚えているが、どちらかと言うと彼らを支えていた奥さんたち の熱意により大きく感じるものがあり、微力ながら私もメンバーとして イヌとの共生を模索する という意味の D S P ( Dog Symbiosys Project )なるものを立ち上げた。

 今日、旋盤ルームを片付けていたとき書棚にその当時の会報の一部が挟まっていることに気が付いた。
 発行日は2002年5月となっている。 
 記事内容からみると立ち上げたのはその半年前、つまり2001年12月だったことになる。

 まだパソコン通信の時代のことで、このブログ・サービスもまだ存在していなかったのではないかとオボロゲに記憶している。
 ココログで過去ログを検索してみたら、この時期のものはやはり残っていないことを確認できたのだが、DSP(ドッグ・シンビオシス・プロジェクト)の後日談が記録に残っていることを発見した。

 2006年3月のココログが、川越にドッグランが出来たときの話を記述している。
 http://pabllo.cocolog-nifty.com/kobikiya/2006/03/post_c3d6.html

 記事によれば、ドッグラン設立請願から5年ほどした2005年11月に市役所から通知があって、開会式に呼ばれた経緯がわかるようになっているのだが、今日のオイラのココログでは、その前のDSPグループの請願顛末の一部を改めて記録しておきたい。

古い話ばかして申し訳ないが、当時、2001年のころ、何を考えていたか 振り返る資料が出てきたので記録に残しておきたい のだ。


続きを読む "整理してたら2002年のDSP紙が出てきた" »

2015年7月14日 (火)

打撲は後が長い・・・

 先月 6月30日の火曜ボラ、初っ端にクスノキ枝折れで落下したんだけれど、厳しく腰を打ったとおもってたのに、実際には脚脛の打撲が長引いてる。

 当日は昼まで剪定作業やって、帰宅してから医者に行ってレントゲンで骨に問題はないと確認しておいた。

 Ca390915 

この時はまだ筋肉が断裂しているという可能性だけ言われてたが確証は無かった。

んで・・・

続きを読む "打撲は後が長い・・・" »

2015年7月 1日 (水)

完熟梅のジャム!

 里山清掃仲間から頂戴した手作りの「完熟梅のジャム」 大変な手間がかかったジャムだからと有難く冷蔵庫に仕舞い込んでいたのだが、思わぬ休養日に思い切って頂戴することにした。

これが、なんとも大正解!

 
 
Ca390917

 オイラ、よく大事なものを惜しみすぎて全部ぱぁ~!にしちゃう壜棒人のクセがついてるんだけど、思い切って封をあけてみて、その味わいの好さにビックリしたとですよ。
 

続きを読む "完熟梅のジャム!" »

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »