2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« クヌギの導管(追記 ソロ&山桜) | トップページ | 完熟梅のジャム! »

2015年6月30日 (火)

バカにつける薬

手抜きクライミング、バカにつける薬を貰った  クスノキのSRTライン、本来の目的枝の1.5m上の小枝にラインがかかってしまってた。

 ロープに置き換えても体重程度ではこの小枝、折れそうに無い。

 基本的な手順として、バウンスチェックを入れたがそれでも頑張ってしまってたので、手抜きそのままの設定で落下距離3mと宣言、それまでにモータークライミングで4m上がってしまえば なんてアホな事を思いついてしまった今日の所沢 博物館駐車場。

 クスノキってのは元々が枝の弱い木、特に今の季節の枝はバウンスチェックなどの瞬間荷重には踏み堪えても、時間がたつにつれてへこたれて折れたり曲がったりするものという認識は昔からちゃんと把握はしてたんだが。

 Wraptorでイッキに登ってしまえと まあ、なんてそこまでアホなことを思いついたものか。  見事に地上3mあたりから落下して思い切り腰を打った。

 幸い地面はコケの生えてる適度に柔らかい土、本来のトップアンカーの枝は見下げ果てたクライマーを哀れむように?いや、どこふく風というように平然としていた。
 

 見込んだ落下ではあったけれど、実際に腰を打ってクスノキの背負い投げを食ったダメージはそこそこ厳しいものがあった。

 
 そのまま切り落とし完了するまで作業は続けたのだけれど、やはり受けたダメージは小さくない。
 なんとか頑張って15kmの自宅まで戻り、その足で外科医院へレントゲン確認に出かけた。

 腰を打ったときには意識してなかったけれど、左脛に結構な打撲。
 弁慶の泣き所というけれど、あまり痛すぎるとどこかに痛覚がフットんでしまう(^^; ってことがあるのかな。

 

Ca390915

 いずれにしても 明日あたりからはきっと一歩あるくのが難行苦行になる。
 バカにつける薬はこのシップ薬と痛み止め。
 レントゲンは脊椎も脚も年齢相応だとの診断。

 もしかして、歳にしては若い骨してると言ってもらえるかと期待してたけど(笑)

« クヌギの導管(追記 ソロ&山桜) | トップページ | 完熟梅のジャム! »

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております、
ご活躍ホームページでいつも拝見しております。
まだまだだと思いますが、怪我には気をつけて下さいね、
早く直ることを祈っています。

ども・・・ だいぶ天狗になってました。
 痛い薬をもらいました。
 老犬介護の日常なのですが、今回ばかりは家内に依存してます。
 慎重に伝い歩きをしながらですが、順調にリハビリをビシバシ始めて我乍ら驚くほどの回復振りです。
 きっと来週あたりにはまた木登りやってウインチつかって遊びまわってるかなと(笑)

遅まきながらお見舞い申し上げます。
サルも木から落ちるとは聞いたことがあるが、木挽屋さんがニュートンを証明するとは。
痛そう! 齢相当に堪える思いますがお大事に。

専門用語で良く分かりませんが、何となく雰囲気は伝わってきます。愉快な文(失礼)ですね。

つねさん、激励・冷やかし共に大歓迎です(汗)

 断裂した筋肉に溜まった血などがちゃんと排出できれば何も問題ないんですが、傷口の回復が早すぎて中に閉じ込めてしまいそうです。

 もしかしたら切開して出すもの出さないと・・・ なんちゃってな感じです。

 アッカンベーのベロなら幾らでも出せるんですがね~~ (^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/61817073

この記事へのトラックバック一覧です: バカにつける薬:

« クヌギの導管(追記 ソロ&山桜) | トップページ | 完熟梅のジャム! »