2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

バカにつける薬

手抜きクライミング、バカにつける薬を貰った  クスノキのSRTライン、本来の目的枝の1.5m上の小枝にラインがかかってしまってた。

 ロープに置き換えても体重程度ではこの小枝、折れそうに無い。

 基本的な手順として、バウンスチェックを入れたがそれでも頑張ってしまってたので、手抜きそのままの設定で落下距離3mと宣言、それまでにモータークライミングで4m上がってしまえば なんてアホな事を思いついてしまった今日の所沢 博物館駐車場。

 クスノキってのは元々が枝の弱い木、特に今の季節の枝はバウンスチェックなどの瞬間荷重には踏み堪えても、時間がたつにつれてへこたれて折れたり曲がったりするものという認識は昔からちゃんと把握はしてたんだが。

続きを読む "バカにつける薬" »

2015年6月20日 (土)

クヌギの導管(追記 ソロ&山桜)

今年の早春に伐採したクヌギの粗挽き器 大分変形が進んだので、テスト的に仕上げ挽きやってみた。

P6200003

 

 
P6200004
 
これをガウジで削ってペーパー掛け順次600番まで研磨。

 エアで掃除してたら、裏を持っている手の平に風がぬけてきた・・・
 

あちゃ~ モロ 導管潰しておかにゃならん。


 
 漆では常識的にそういう処理はやるけれど オイル仕上げでは普通ちょっと無理
 それに安く売りたいクヌギの器があんまし高価になってしまうような仕上げはやりたくない。

なので、ウレタン系の木彫オイル(中身はウレタン系塗料なのにオイルという商品名)と 漆用の「との粉」をつかうことにしてみた。

続きを読む "クヌギの導管(追記 ソロ&山桜)" »

2015年6月15日 (月)

つねさん工房の鈴木さんから

嬉しい写真を送って貰った。

 先日の第17回はつかり感謝祭にJWAの佐野さんからオイラも呼んでいただいたけれど、つねさんが写真とっておいてくれたのは気が付かなかった。

 オイラはエディの介護でほんのちょっとだけお邪魔したんだけれど、チェンソーアートで松の丸太からフクロウを彫らせてもらえた。

送ってもらった写真は2枚。

最初の1枚は定番のソーダストシャワー、つまり大鋸屑を狙った若い衆の頭の上にぶっ掛けたオープニング。

Tunesan001

 
 絶不調だったMS260をなんとか騙し騙しで使ってたんだが、この日は不思議とエンジンがよくまわってくれた。
 

続きを読む "つねさん工房の鈴木さんから" »

2015年6月11日 (木)

依頼品に文字入れをしてきた

植樹記念のフクロウ像、ヒノキ心材で彫ったので、依頼主の名前など一連の文字入れをしてきた。

P6110025

 
 裏面に依頼主さんの名前を入れた

 
 
P6110032
 
 

続きを読む "依頼品に文字入れをしてきた" »

2015年6月 9日 (火)

一本目に着手した

かねてから話しだけは承知していた白樫。
 隣り合う農家が新築に踏み切ったということで、それを機会に2本の白樫の剪定・伐採を行うことになり、その1本目に着手した。

P6060001_2

この白樫、右後ろに同じような大きさの白樫が隠れている。

P6060004_2

実際にはこの白樫だけでなく、クネ(曲)と呼ばれる白樫の防風樹群が蔵や住居を強風から護っているのが歴史ある川越のうつくしい景色になっている。

P6060005_2

この景色のもつ深い意味を感じ取るとき、伐採という概念をアタマから振り払いたくなるのだが、 時代の遷り変わりを端的に顕しているクネの写真。

 シラカシをこのように防風樹として仕立てて藁葺き屋根を強風から守ってきた。

 今では守られる藁屋根もなく、育ちすぎたシラカシから落ちる枯れ枝は瓦屋根の蔵を破壊する高さにまで到達している。

P6060009_2

 なまじ剪定などで先送りせず、思い切って地際から伐採し 時代に応じた樹種に植え替えるほうが良いのではないか なんて考えてるこの数年間。 何も進化はしてないが、任せるという形の信認は取り付けることができるようになった。


続きを読む "一本目に着手した" »

2015年6月 2日 (火)

栗畑の除草下刈りの帰路

 1週間前の作業で根元から寝かせたヒマラヤスギ(松)の全容を撮った写真がないので、帰り際にちょっと立ち寄ってみた。

 6個の短コロ降ろして4mちょいの残を神社の土台から道の4トントラックの荷台にブリッジして寝かせたところでエディの介護のため退散したままだった。

んで、今日チェックしてみたら 思ってたよっか大きくて太くて重かった。

P6020007

P6020010

 
 
P6020001_2

 

続きを読む "栗畑の除草下刈りの帰路" »

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »