2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

備忘メモ:ティンバー・ヒッチ

リギング作業でブロックやポータラップを台付けするとき、アイ付きスリングをつかったカウ・ヒッチってのはよく使う方法です。

 カウ・ヒッチ つまり牛を杭などにつなぐやり方という事なんでしょうが、これはかなり有効な方法です。  ( Webなどでカウヒッチと称するものの写真にガース・ヒッチと混同してるものがありますので注意が必要です 両方ともロープのトポロジーとしては似ものですが、負荷のかけ方・考え方が違うんで区別しとかないとあかんです  

 しかし、基本的に台付けしたい幹の周を一往復した長さ+末端処理分が必要となり、この末端処理をいい加減にしたままでは ローププラー牽引などのように脈打つ荷重をかける方法で緩んでしまうことがあります。

 ですから、スリングの長さが足りないナ・・・という感覚があれば、カウ・ヒッチを諦めてティンバー・ヒッチに切り替えるってのも普通におきることだと思います。

 このティンバー・ヒッチ(巻き結びとも、薪結びとも 呼びますが)ってのは、長い歴史のある方法なので色々な「伝説」が付きまとう方法でもあります。

 こう書いてから改めてティンバーヒッチをググってみたら、なんと私んとこのブログ記事がひっかかりました(汗)  
 3年前のことなんかすっかり忘れてるって・・・ なんかさびしいもんがありますが。

→ http://pabllo.cocolog-nifty.com/kobikiya/2009/05/post-6c90.html

続きを読む "備忘メモ:ティンバー・ヒッチ" »

2012年12月20日 (木)

事故報告です。

最近の失敗です。

1

 根回り3mの傾斜ヤマザクラの敷地境界伐採で失敗してブロック塀を一部砕いてしまいました。

Imgp1702  

 二人のボランティア仲間に協力してもらって人力だけの作業でした。 

 

 仲間の作業ポジションは充分に安全な距離を置いてあり、異様な傾斜角に育った桜だったので最初からかなり慎重に作業したつもりで、当然ですが、怪我人は出していません。 

 

Imgp1704

 

 数回にわけてクライミング、大枝を切り落として双幹にした極太のヤマザクラ。

 45度ほどに傾いている幹を、林内2方向からV字形に倍力化牽引をかけ、強引に起こして敷地内に寝かすという作業の最終段階でした。 

V字の牽引は当該木の頭にプーリーを2つ台付けし、1つはカムアロン(ローププラー)で、もうひとつはGRCSで引くことにしてありました。 

 実際に起こす過程で 太いツルを千切りとるためには牽引力が足りず 1つのアンカーを移動設置しなおして作業を継続したのですが、最後の段階で今度はツルが持たず、短く切り込んでおいた二股の幹に回転がおきて予定より1m手前で着地。

 

 塀の重量ブロック10枚分を真上から砕いてしまった物損事故でした。

 最初のV字で作った角度のまま別の牽引ラインを追加設定するべきだったと後悔しながら一人きりで後始末の土木作業をおこない、捨てコンが露出するまで4段ブロックを掘り起こして土止めをしました。

2012年11月22日

 砕いた敷地境界の4段積み重量ブロックの修復それ自体は自費で専門職に依頼しました。

 幸い地元で作業地から50mほど目の前の業者さんに依頼できたので破損ブロック総計で40枚、見積もり金額は9万1350円。

 完全ボランティア作業の代償としては痛かったけれど、今後の安全意識に向けての授業料として充分価値のあるペナルティでした。

続きを読む "事故報告です。" »

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »