2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 今週の木挽屋 | トップページ | 林内人力集材システムの考察 »

2012年6月25日 (月)

6月の雨、6月の森の散策路

最近はFB(フェイスブック)とかTL(ツイッター)とかで発散することが多くなって、特にブログに書きたくなるような記事内容ってのは・・・ ないようっ bleah 
って事がふえてまふ。

 ま、最初に狙いのオヤジギャグを飛ばしたから溜飲大いにさがって朝っぱらからちょ~っと楽しいなっ てえ雰囲気です。 heart02

 んで。

Imgp0715  
 先週の雨の日、みまわった川越霊園前のIさんの屋敷林伐開地、まだし残してある樫やヒノキ、椋が道路を渡って6600v架線の上にしな垂れかかってます。

 林内からみると この子等は根元から道路側に曲がっていたり、6mあたりの途中で別の木の横から道路に顔を出してそのまま伸びてしまっていたり・・・

いやぁ
 やっぱし生存競争 半端ねえっすcoldsweats02

 まだこの程度なら支障状態もほぼ回復した模様 といっていいかと思うんですが

 

 春先に伐開したNさんのヤマ、ちっちゃな白樫を数本寝かせたところ なんですが、その裏の通路でこんな具合に傾いてるソロを発見しちゃいますたです。

Imgp0707  

 この傾きは完全な根なし架かり木の角度になってますんでね、この写真を撮った当日、即、地主のNさん宅を訪問して処分の了解を確認しました。
 なんとその時、実はもう1本あるんだけど との話。 

 焦りましたよ・・・ オイラの眼力  なんだかダメみたいぢゃんか と。

703704  
 んで、じっくり観察してみたんですが どうやらこの木のことらしい・・・

 でも、まだこれって危険と言えるほどの状態でもないんすよね。 ちゃんと3つに割れた幹がそれぞれに巻いてC管状態になってるし。

 でも、確かに内部の腐れは進行してるんで。

 翌日になって

 ぢゃ~ これも一緒に片付けるべえ と、
 突然でしたけど里山清掃仲間に安全確認の応援をお願いしましたです。

 幸い、赤城山の枯れ松処理から帰ったばかりのIさんが手伝ってくれるとの連絡を貰いまして一安心。

 とりあえず「倒木処理中」と表示する大きなダンボール板をぶら下げたロープを張って車両の通行を封鎖しておいて最初の架かり木にスローラインを架けましたところ・・・

 なんとね、 絶句するほど簡単に架かりが外れて件のソロ、轟音をたてて崩れ落ちてしまいました。

 いやぁ・・・ 驚いた。


Imgp0732  Imgp0731  

 まあ、そういう事はあろうかと想定はしていたんで 

 大げさに道路封鎖なんて事にまで踏み込んだんですが。

 

まさかここまで危険な状態にあったとは。

 

 

 これって、もし事故になってたら川越市の「善良なる管理者義務違反」ってことになるんでねえかや?

  それとも地主さんの責任ってことになるのかや?
  まあ、頼まれもしないボランティアやってあちこちにチョッカイ出しているオイラの当初の理由付けがこういうことだったですからね、
 良かった良かったで済ませておくのが正解かと思います。

 

 んでもさ、希少植物の自然を云々して こういう支障木に自分で気がつくこともなく、みつければ即!市役所に届けて業者依頼で税金かけて始末しよう(させよう)って発想になるような自然保護団体
 あの上から目線の活動って、どういう意味あるんですかね。

なんちゃって。


 

Imgp0733   もう一本・・・正確には午前中の7本目、ひろがっていく幹の割れ間から風が抜けるようになってしまったソロには、毎度のスローラインでロープ置き換え牽引で頼りがいのある対面の木に架からせ、元玉落としで始末つけておきました。

なので・・・

 結局日曜の朝の筋肉痛で 定例森サポに欠席 という情けない休日と相成りましたです。

いやぁ・・・ 歳には勝てないっす weep。 

  んてシオラシイ事も一応、口にはします

 午後になって多少回復したもんで、プライミングポンプのゴムが割れてガソリンが漏れるようになっちまっていた「ひっぱりだこ」を川越市内の農機具屋さんに修理依頼に出しました。 

 実は、回復したらそのままIさんの屋敷林始末でこのウインチを使おうと企んでたんですがね  smile

« 今週の木挽屋 | トップページ | 林内人力集材システムの考察 »

日記」カテゴリの記事

木を伐る」カテゴリの記事

森を視る」カテゴリの記事

コメント

FBとやらでパンチをかまされ、どん百姓がおたおたしてます。アカウント登録をやっとしたら、ウオールとやらにもう書き込まれちゃったよ~。
 相変わらず、全ての面で達者な木挽屋さん。ついていくのが大変です。
お手柔らかに願います。

おいらこそ スノートさんの農業日誌、その相変わらずの精勤ぶりに目をまるくしてまふですよ。

 わたしん所は最近ずっとPCの不調に悩まされっぱなし。

実は昨日もブルーアウトが起きてこのPC、MS-DOSマシンに先祖返りされちまったりして。 あちこちへのリンクを取り返すのがもう大変っcrying

 なんとかPCを卒業して、携帯電話も卒業して、アイフォンとやらに移行したいんですが、移行行こうと gawk 思ってるうちに人生も卒業 catface ってことになりゃせんかと心配になってきてますです。

 やっぱしKBぢゃなくて、木工とかチェンソー彫刻とか木登りとかの手ごたえのしっかりした世界で遊びたいもんだと思ってまふ pig

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/55046559

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の雨、6月の森の散策路:

« 今週の木挽屋 | トップページ | 林内人力集材システムの考察 »