2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 埼玉森林サポータークラブの仲間と | トップページ | 白樫の森除伐終了 »

2012年5月 8日 (火)

お疲れ様でした~~

0373_2

 

 ちょっと言葉とか文字で表現しきれないけれど。

 
 
 
 
 

 手前勝手な依頼に快く応じてくれたチェンソーカービングの仲間、佐藤さんに改めて感謝。

 
 

0384

 なんとも無茶な材指定で栗の木を使うことになってしまった。

 ウサギでコラボしていただいた施設表札。

 最初はベンチを作れるかとおもってたけれど、材の用意がまるで無くてベンチにはならない。
 打ち合わせでは松を切ることになってたけれど、それも担当は知らないという。 1年経っているんだけれど、まだ混乱は続いているということなんだろうか。
 持参したガスコンロも危うく消えてしまうところだったし。

  

Imgp0381  別のボランティアさんたちが基地に遺していった看板板を栗の2つ割の柱でまとめて2セット作成。

 佐藤さんのクマさん バランスのために私もフクロウもどきを彫ったけれど。

前夜はこの基地に消防車がやってきて防災放送が避難を呼びかけていたりした豪雨。
 宿泊施設は雨漏りで大変だったけれど、そんな深夜(?)に北九州市からようやく到着したプリウス青年が脱輪! という騒動も。

 佐藤さんが到着するちょっと前まで雨がきつくて、メールで中止しますと連絡したら もう来ているよ~ という返信。

 なんか、じわぁ~っとこみ上げてしまった。 

 

Imgp0380

 2日目は、アテガワれた栗材を運んで道普請用の杭、踏み丸太 90段の製作と工事。

 場所が狭いので最初は工事班と分離して軽トラでピストン輸送。



昨日のFB記事に書いてあった内容、すっかり忘れていたけれど

『 道づくり用の栗の杭。
 場所がないので別の広場で作っては軽トラでピストン輸送。
 急斜面では70段だったか。
 あとは海岸で流木拾いして追加作成。

 ボランティア団体さんのバスが現地近くまで来て草地に乗り入れ泥でスタック。
 私の軽トラで強引に牽引かけながら、森サポ仲間の知恵と若い人のパワーでようやく脱出させたけれど。
 見込みも何もなしに他人の草地に大きなバスを乗り入れた見識を疑い、かつ、スタックした状態からの脱出にまたしても見込みのない「なんとかなるだろう」的発想を持ち出されて内心呆れ果てていた。
 多分、悪い人たちではないのだとおもう。
 ただ、根拠のない楽観で自分に都合よく解釈してしまうという悪癖が染み付いているんではないかとおもうだけ。

 自然を舐めると大変なことになるんだけどね。』

だって・・・ 
coldsweats01 自分で文章を書いたこと、覚えてなかった。

・・・ んで。

Imgp0392  
豪快な森サポ仲間が結構繊細に作り進める海岸への山道。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Imgp0397 

 
 

 材をはこびつつ足元を固めてゆく作業。 

 
 

 過大荷重をかけてしまった12mmロープ50m、手すり程度の利用に限定して供出。

 
 
 
 
 
 

 

Imgp0399 

 
 
 
 

 この元気なお達者連もオイラの森仲間。

 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

Imgp0400


 道が海岸に届くあたり、全国から集ったボランティアさんが思い思いにやることを探して行動している。




 

Imgp0393

 
 
 
 
 

 道沿いにヒトリシズカとか の群生。

 
 
 
 
 
 
 



Imgp0383_2

 

 

 考えてみたら生で佐藤さんと会うの久しぶりだった。

 

 

0409_2

森サポ仲間と、茅ヶ崎からやってきた植定さん棟梁と 現地案内のひとも交えて記念写真。

背景写真はかつての牛小屋。

 植定さんが弟子を連れてやってきてありあわせの材で戸や収納棚、床張り 扉 を作りこんだもの。

 

 帰宅して自分が手がけている白樫の森の除伐跡を見分。

 

 森を消してしまってこれから風あたりが変わってくる。 なので予め風心を降ろしておいたムクロジ。

 去年の芽吹きがイマイチだったので不安があったけれど、伐りおろした2本の分幹から今年は立派に芽吹いていて元気な葉が開きはじめていた。

Imgp0410


林地残材も大きなところは片付きつつあるけれど、まだまだ始末しなきゃなんない白樫の枝幹がある。

 一部を薪使用農家の山に軽トラで運んで積み上げていたら、今年もシジュウカラの巣箱の手入れをしている宮澤さんとであった。

今度の日曜、13日の伊佐沼ボランティアでもご一緒することになってる。

こうやって振り返ってみると、結構いい仲間が一杯いるなぁ~ と実感。

 いいんだろうか オイラこんなに恵まれていて。

« 埼玉森林サポータークラブの仲間と | トップページ | 白樫の森除伐終了 »

日記」カテゴリの記事

コメント

木挽屋さん こんにちは。GWの前半は豪雨に見舞われたことかと思いますが、無事にご帰還された様子で何よりです。

それにしても軽トラで、しかも下の道でですか、、旅路はずいぶん長かったのではないでしょうか、、、

里山に作られた階段拝見しました。毎々、アクティブに活動されている姿に脱帽です。

さて、木ちびっ子の会のBBSに予定を書かせていただきました。もしご都合、よろしいようでしたら幸いです。宜しくお願いいたします。

U

木ちびっ子のBBSは会社のPCから書き込みできないようです。後ほど自宅から記載させていただきます 

取り急ぎ

U

ごくろうさまでした、
遠路しかも天候悪い状況の中大変な活動、
見事な階段を意見致しました。
本当にごくろうさまでした。

Uさん、BBS確認しました。 当日は社会福祉協議イベントのサポートで伊佐沼公園の駐輪場係りをおおせつかっています。 詳細はBBSにて。 よろしくです。

かすみかわさん、無事帰宅しました。
 ボランティア団体というものについて、色々と考えさせられるものがある今回の東北行でした。
 1年経過して切捨てられてしまった部分、逆にスポイルされている部分、また擦り切れていく部分 もあるんでしょう。 
 埼玉のお達者クラブ、森サポ連の活力は総理大臣賞を貰った実績にあるように、やはり国内一線級だろう と思います。
 初めて出会った呑み仲間にも 乾杯! なGWでした。
 

ご苦労様です。私の会社でも、来月!講習会?という形で..木登りをしてみようという..試みが...。私が、依頼しました講師さんは、岩手(盛岡)在住の...ここまで書けば...木挽き屋さんは...お分かりになるのでは?皆様のご協力..有難く..本当に...感謝です。私の会社の若手後継者も...木挽き屋さんとランバ-ジャックさんのブログを拝見し...(好きこそ物の上手なれ!大賞1位!。)という程...になっているようです。岩手(盛岡)さんは..優しいよ..です..。GRCSは、リギングシステム(吊り切り)においての..マストアイテム!..。伐採木の状況により、安全に伐採する為に、様々な方法がある選択肢の中から最適な伐採方法を判断できるという事がプロ!...そうなんです。木挽き屋さんに感謝です。私も、勉強です。私の会社の若手後継者も....「木挽き屋さんは..講師とか?できますよね?..。」と..言っておりました。私も、「そうだよ..。半端じゃない..すごいね..と..。」この会話があるという...良い状況に恵まれておりました...。作文のようなメ-ルですいません。

木登り君さん、おはようございます。
 今回の東北行、石巻は通過するだけでしたが松島あたり南三陸自動車道をとおりながら木登り君に連絡入れたものかどうか随分考えてしまいました。
 なんせ行きはラジオで昼の東北道大渋滞を聴いてましたし、帰りは殆ど夜中の時刻。 私の古いナビではガイドしてくれない三陸道を心細く覚えながらの軽トラ爆走(70km/h!)でした。

 なんか色々褒めていただいたみたいですけれど、その言葉、倍にして木登り君に贈ります。
 勉強しない親方とかプロもどきってのは良くある話だと思いますが、それでは若い人が納得できないでしょう。
 これからも一緒に勉強していきましょう。 good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/54659977

この記事へのトラックバック一覧です: お疲れ様でした~~:

« 埼玉森林サポータークラブの仲間と | トップページ | 白樫の森除伐終了 »