2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月23日 (月)

リアゲート軽トラで

 

Imgp0278 Imgp0264  
 白樫材を運び出した日曜の午前。




Imgp0313 Imgp0312  
 最初はオタフクとシャックルで3倍力牽引をかけて軽トラに積み込んだ白樫材で腰に危機感を覚え・・・

 
 

続きを読む "リアゲート軽トラで" »

2012年4月13日 (金)

つれづれ・・・と言うわけではないんだけれど

なんとなく色々な出来事が流れていくんだけれど、
 今朝4時半、黒猫クリンが 息をひきとった。

110603_14020001  18歳。

 随分ながく看病をしたつもりだったけれど、ツイッターやカレンダーで確認すると病院に連れて行ったのが9日だったから、たった3日だった。

 今日の木曜はいつものとおりの3バカ+薪人2名。

 依頼内容は白樫の森除伐(皆伐指示)。
 その中で一番大きくて腐れ枝などの怖いサインをたくさん出していた白樫伐倒が今日ようやく終わった。

 帰宅して領収証ののこっている犬猫火葬専門の葬儀会社に連絡。

 クリンの火葬を依頼。

 ボビーが2009年1月7日だったとは すっかり忘れていた もう3年も前のことだったとは。

気の重い電話連絡を終え、ツイッターで世の中の関心事のありかを訊ねる。

 

焼却飛灰および溶融飛灰の放射性セシウム濃度(6-7 月測定値、Cs-134 とCs-137 の合計)と空間線量率の空間分布... on Twitpic

 今後の判断の参考になりそうな色々なデータがでてきている。

続きを読む "つれづれ・・・と言うわけではないんだけれど" »

2012年4月 5日 (木)

冬から初夏へ?

白樫の森での除伐作業、今日の木曜は爺さん二人。
  色気なし金気なし女気なし ないない尽くしの爺さんふたり。 

 頼まれた白樫の森の除伐、とにかく約束を果たすべえと、朝イチでいきなし木登り枝おとし、速攻で伐採、簡単に玉切り枝払いしといて 更に速攻で2本目の腰まがり白樫の伐採。

 とにかく久しぶりの動画にチャレンジしてみるべえlovelyと 色々やってみましたが・・・ やっぱしうまくいかね crying 。

 背景雑音がひどいので自動的に音楽がつくというオプションを選択してみたんですが、選曲を事前に試聴することができない ・・・のです gawk 。

 なので、もし動画をみてみようという奇特な方、あらかじめPCの音声は消してから再生矢印をクリックしてくださいませ。


続きを読む "冬から初夏へ?" »

2012年4月 1日 (日)

3月31日嵐の中のリギングシステム設定作業

バタやんからCDに焼いた動画を貰った

 

 

 

続きを読む "3月31日嵐の中のリギングシステム設定作業" »

白樫丸太のトラック積み込み

 今更珍しい事でもなんでもないんだけれど、3バカ連での重量吊り上げ作業はいよいよ佳境に入ってきたんでね・・・ 

 

Imgp0171 Imgp0172 朝から天気予報のとおりの嵐のような強風。

 

バタやんにはバランス吊りの吊り上げ点設定用に、昔のカメレオンロープでプルーシックを組んでもらい

 ヤマさんには2倍力システムを組んでもらい、

 重量丸太を人力で吊り上げて家具屋さんの2トントラックの荷台にじわっと載せる というテーマの作業を行った。 

 

 実荷重は写真のとおり、540kGだった。

 LED表示器のスキャニングタイミングとカメラのシャッターの同期がずれて上半分の54だけが映ってるんだけれどね。

 予測してたのは789kGだった

 写真では判りにくいが、扁平な材での面積計算の誤差だと思う。 

    安全方向だ とはいえ、ちょっと残念な大きさの誤差だった。

んで。

 平時でも樹上作業というのは混乱しやすいものだ  

 

Imgp0173 Imgp0174 

特に今回は 風に体ごともっていかれちゃいそうな強風の中、地上12mでのアンカー設置。 

 まだ経験の浅い人にとっては実に良い試練になる・・・ と思う wink ってか、思ってた。 

 

 

 実際にはヤマさん、揺れる木の上でのアンカー設置に実に沈着冷静に対応 してる・・・ 

 

と、おもいきや smile

 

続きを読む "白樫丸太のトラック積み込み" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »