2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 西坂戸の第二現場ラスト | トップページ | 1年ごしの除伐依頼に着手 »

2012年3月 5日 (月)

雨の日のヒマ潰しに

ざっと素材在庫を確認してみたです。

→ https://www.facebook.com/media/set/?set=a.335111939872985.92241.100001225447157&type=1&l=a051931ea9

 無料というキャッチフレーズについフラフラと気のむくまま、あちこちにアルバムを作り散らかしてだんだん収拾できなくなりつつあるけれど・・・ ま、いかにも貧乏症で強欲な爺さんのやりそうなこと(笑)

Cimg2595
 んで。

 コナラの模様だしを生木挽きで試してみたワケ。

 まだ水のしたたる材で#600まで磨き上げ、オイルフィニッシュの上にシェラックスをかけたんだけれど、要するに無理筋承知で出来上がりのイメージを追いかけてみたということなんです。

あまり意味がなかったかもしんないけど bleah

 実は

 UPした写真とは別に、今の玄関にはこんな素材が山積みになってて ちょっと~~当分は来客不可でしょ wobbly  という状態になってまふ。 


Cimg2602  Cimg2601
 この上にシラカシの除伐で出てくる材を・・・

 

 どうやって始末できたものか gawk


 
  
  

 

 

 ま、正直、薪人頼りって部分が大きいんですが、 そうは言っても、樫独特の模様も嫌いぢゃないもんで、やはり美しい器に挽いておきたいもんだとおもってますです。
 あの豪快な牡丹模様も自分なりに活かしてみたいしさ lovely

 でもね、木曜ごとの毎週1本のシラカシを倒したとして、雨がなければだいたい2ヶ月。

 コナラも板に挽いてヤマに置いてあるんですよね。

 欲張り爺さんの重いツヅラ たしか そういう昔話がありましたよね・・・・

« 西坂戸の第二現場ラスト | トップページ | 1年ごしの除伐依頼に着手 »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

はじまして。桜材が好きな埼玉に住む者です。

自宅を建てる際に切り落とした桜を、コツコツと

刻みながらスプーンやバターナイフなどをつくっています。

埼玉在住にて支障木の処理などをされているのを

見て、連絡させていただきました。

先日、偶然にも通りかかった桜の伐採作業中に

幸運にも丸太を数本頂くことができました。

木挽屋さんでは、桜の端材や支障木を入手する

ことは可能でしょうか?もし素人でも手伝って

入手できるルートがあれば教えて頂きたいのですが?

宜しくお願いいたします。

桜大好きさん はじめまして。

 かなりストレートな目的意識 wobbly をもっておられるようで、ちょっと面食らってますが。

なので、私からのお応えもストレートに wink いきまふ

 相当に危険な作業を処理していますので、事前に人柄や知識・スキルを確認した上で応援をお願いすることはあります。 いきなり本格的素人さん?に作業手伝いをしてもらうことはありません。
 また、私の場合は基本が支障木作業ですから、風次第、雨次第、地主さんとの信頼関係できまり、樹種についても自分の好みが入り込む隙はまず無いものと思っています。

 基本的に、ご希望のようなルートというものは知りませんが、銘木屋さんに問い合わせればそこそこの材をそれなりの価格で入手は可能だと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/54147439

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日のヒマ潰しに:

« 西坂戸の第二現場ラスト | トップページ | 1年ごしの除伐依頼に着手 »