2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 雨の日のヒマ潰しに | トップページ | チーム吉見の特伐印象アルバムを »

2012年3月 8日 (木)

1年ごしの除伐依頼に着手

 去年の3月11日、巨大地震に呆然となった白樫の森除伐地。
 
 その折に依頼された別の白樫の森の除伐、今日になってようやく着手する運びとなったですと。
 太いのだけを合計して8本ですよ 8本!。

Imgp0008  

 惜しいくらいに立派な木もあるんですが、いかんせん、時代の役割を終えた防風林。 落枝の危険のほうが勝ってしまい 皆伐して楢を植えるのだという事になったんだそうです。 

 なんちって、他人ごとみたいに catface

 実は昨日、里山清掃仲間3名の応援をもらって墓地前の穴あきコナラ、枝枯れコナラ、朱色茸(?緋色茸)に侵食された傾斜ソロの枝おとし、スピードラインでの枝流しと伐採 を片付けたばかりの全身トクホンだらけの身での作業 正直、今日は目一杯 きつかったでふ。

( 昨日の作業は全然写真を撮ってないんよね。
 なんせ、私のカメラは壊れてしまって昨日まで修理中だったし。 
 明日にでもこの記事に「その後の現場」撮影して追加しときまふ。

 結構重量のきつい傾斜赤幣、2本のツリーマスター/ローププラーと5/8インチステーブル・ブルーでフィドル滑車5倍力システム1本での起し木処理、余りに傾斜きつかったので思い切り高い位置で受け追いをいれました。 )

 しかぁし!(←こればっか) 昨日応援してくれた薪人の堀さんが、なんと、いつもの木曜3馬鹿トリオにまざってくれたりして実に想定外の快適さでどんどん作業が経過したです。

そう簡単には言ってみても、ただ簡単に白樫を倒したってハナシなんか面白くもなんともないですからね。

Imgp0007  9時に集合して現地へ移動、10時にスタートしたワケですが、最初に私が登って3人分のシステムを設定し、バタやん、ヤマさんにワーク用にVtとマインダープーリーとプーリーへの吊り上げブリッジで即席に組んだスプリットテールで幾度も2mほどの高さで納得できるまで登ったり降りたりしてもらいますたです。

 幾度も調整して、おし、これで行こう と決まったのがもう昼になってましたので、今日の段取りはバタやんの手鋸作業体験、ヤマさんのチェンソー作業ポジションブラッシュアップ。

 実際に300kG程度の大枝落としを経験してもらうことで一段落ということにしまして あとは地上で元からバッサリ伐採。
 せっせと薪づくり というイメージで一日が終わるってワケです。

 修理から戻ったカメラで一応記録を残してみました。

 ヒマとその気があるかた、ちょっとみてやってくらはいませ。

2012年3月8日

 気に入るかいらないかわかんないけれど、この3人(もしかしたら他にプラス2?)がツリーワークに習熟していく過程 結構楽しみだったりしてます。

« 雨の日のヒマ潰しに | トップページ | チーム吉見の特伐印象アルバムを »

木を伐る」カテゴリの記事

コメント

yt1578(堀池)です。これからyt1578(標高です)にしますのでよろしく。
午前中の登ったり降りたりの修熟練習は見ているだけでも為になったです。端から見ていればあ~すればとかこ~すればとか思っても実際にやってみれば思った通りにはいかないんだろうな~~~。
ちょっと、半歩、数ミリ踏み込んでみたい気になってきちゃいました。来週もよろしくお願いします。

yt1578さん、いつも応援有難うございます。
 まだた墓地前で寝かせソロはそのまんまですが、雨の様子をみて少しおとなしく枝払い幹払いなど明日にでも処理しておこうと思います。

 ツリークライミングは自分が登るだけのハナシであくまで遊びでいいと思うんですが、クライミング・イベントのサポートに参加するようになるとその意識がきっちり切り替わります。 
 他人の生命に関わる真剣さとか、自分以外の重量をどう取り扱うかとか どんどん難しい取り返しのつかない状況と直面してゆくにつれ、理論の大切さとその限界とを肌で感じるようになります。

 とは言え、実際に自分で確信をもって処理できるようになると、それなりに楽しい世界でもあります。

 書物やイラストの知識を離れて「自分で考える」仲間は大歓迎です。 週末にまたよろしくお願いします。

木挽屋さん 

こんにちは、コメントへのレス有難うございます。先日の日曜日、桜の木を伐採しました。4本中、まだ、1本だけですが、無事片付いたものと思います。畑の中にある桜で、まわりに何も障害物がなかったものですがら、私にも何とかなりましたが、下松原のような雑木林ではそうはいかないのだなと痛感した次第です。

ブログに書かれている墓地前の穴あきコナラ、枝枯れコナラのような真似は今の私には到底及びません。

平日は仕事で土日しか動けないのですが、もし私のようなものでもお手伝いできるようなことがありましたら、是非、ご連絡ください(携帯メールに連絡頂戴できれば幸いです)。いろいろ勉強させていただければ幸甚です。今後とも何とぞ宜しくお願いいたします。

U

上尾のUさん、桜の伐採無事に済んでよかったです。

 今は白樫の森単位の除伐で目がまわりそうな状態ですが、一段落したら寸を詰めたムクとかケヤキとか、回りを畑に囲まれた傾きクヌギとかのトップカット作業などなど、作業予定が秋まで詰まりそうです。
 特に道路に面した傾斜樹の起し木伐採では、出来る限り安全確認の目が必要になります。
 そういう節に、機会を得て応援をお願いできれば幸いです。
 お互い、全ての作業の前提に、まず絶対安全である ということがおかれていると思います。
 そういう確信をもった作業をこれからもつづけていきましょう。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/54171866

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ごしの除伐依頼に着手:

« 雨の日のヒマ潰しに | トップページ | チーム吉見の特伐印象アルバムを »