2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 西坂戸の第二現場では | トップページ | 余りにも色々な事が重なって(写真追加) »

2012年2月13日 (月)

昼飯前と思ってたけんども

なんとたっぷり昼過ぎになってしまった納屋前の白樫枝おろし

なんちって(汗)
 実は朝からしっかり出遅れてて、目的地到着がもう11時近い時刻だった wobbly

Imgp4082  Imgp4083

 ロープワーク技術で枝おろしやる場合、適切なある程度の高さというものがあるように思う。 

 

 今回は全て6m~8mという低高度での作業になってる。

 なので、スパーを履くでもなく、ロープにぶら下がるでもなく、単に折りたたみ脚立を真っ直ぐ伸ばして処理する仕儀と相成った次第。

 なんとも一番やりにくい高さだわ・・・

 最初の写真は作業エリアの広さの確認。

 吊ってあるのは結構太めの白樫の短コロ。 短いくせにしっかり重い。 

 

 これが11時23分となっている ということは現地到着30分程度で最初の切り下ろしをおこなったことになる。

んで、またダラダラと写真記録を並べてみると・・・・

Imgp4084 Imgp4085  

 
 
 
 
 
 
 

 Imgp4086  

 
 
 
 
 
 

 落下距離は高さと無関係に決まるので、低い位置での吊り伐り落としの衝撃荷重は、見た目を裏切って最悪になる。

 

Imgp4087  Imgp4088  

 一番難しかったポイントは

 
 

 この太さになると、チェンソーの12インチ(30cm)バーがとてもとても届かないってこと。

 無理せず16インチバーの3711を持参すれば良かった・・・

 
 
 
 
 
 
 

 切り落とす短コロも ここまで短くなってくるとあつかいにくいこと甚だしい。 

  

Imgp4090  Imgp4091_2

 
 
 

 まあ、それでもやれると確信があったからやったワケだけどね。

 

 それに、先日私が借りている彫刻の森、すっかり古材の始末までして貰っちゃったもんで なんといっても義理を果たしておかないと落ち着かない。

  
  

 ま、そういう事もあるわな。

 

 スペースに余裕が無いという制約で、機械力に頼らず白樫のような重量木を剪定するなら、やはりアーボな技術が必須だというのは今や常識みたいなもんだろう(←井の中の蛙)。

 といいながらも、最後の写真に顕われているとおり、今回の作業でトップカット伐りおろしの材の揺れで相当に深く材に傷がついてしまっている つまり、作業上の配慮に大きく欠けたものがあった という結果になってしまった。

 写真に写しこんだ時計数値によれば、全作業が約2時間余。
 完全な単独作業であってみれば、右膝を引きずりながらよくやったものだと 自己評価しておくことにするが、もう一つアンカーをセットして振れを抑制しておけばもっと胸をはって記録に残せたものを と残念がってみたりする。

 ま、こんな日もあるさ。

 午後は雨という予報なので旋盤を予定

   でも、外をみるとしっかりと陽がさしてるぞぉ ・・・・ 

« 西坂戸の第二現場では | トップページ | 余りにも色々な事が重なって(写真追加) »

日記」カテゴリの記事

木を伐る」カテゴリの記事

森を視る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

ほぼ、毎日のように...木挽きやさんのブログを拝見しておりました。画像にあるような?樹高があまり高くない..でも短コロ重量があり、吊り下げの状況で作業しなくてはいけない..というのは..確かに怖いですよね。私も、日々忙しく、昨日も25Tクレ-ンでの枯れ杉を吊り切りしておりました。本当...昨年の暮れから..多くて..少しばかりの疲れが..。さすがに、WEAVER BATTEN SEATサドルも、思いな~...と感じる状況になっており、新しいサドルを注文しました。(シェリル製..EDGE?)エッジ?という名前?のもです。まだ届いておりませんが、届きましたら、私のブログに載せます。海外に注文すると...時間がかかるな~と感じている今日この頃です。会社で使用するソ-チェ-ン等も一緒に...注文しているので、全商品が揃うまで、発送されないので...とにかく、待つ、待つ...ですね。お話は、変わりますがGRCS..中古のようですが、あちら(海外)のオ-クションで..かなり、安くでていました..。私も、必要かな?と感じているところです..。私の仕事上..どうなのでしょうか?屋根の上等に出ている枝を切る場合等....上に引き上げる事ができる..ということは確かに、重要ですし..。やはり..購入した方が良いのだろうか?...悩んでおります。折角、枝先へリムウォ-クしてリギングロ-プを掛けても、上に引き上げが出来なければ....。あっ...あと...今月の林業新知識(中頃?)に、出来杉計画さんが「伐倒の際の受け口、追い口の確実な作り方?。」というような感じの、お話?解説をされていました。

木挽屋さん(とお呼びして宜しいでしょうか?)

こんにちは、上尾のUです。あれ以来、ブログをちょこちょこ拝見させていただきたいへん勉強になっています。小職、化学系でしたので実地の経験はゼロなのですが、一応、農学部に言っておりまして、同級生の中には山にこもるグループもいました。日本の林業に纏わる話題は、どれも考えさせられるものばかりです。

さて、今週末(土曜日)も川越の森にお邪魔させていただく予定でいます。グレンスフォッシュを2、3.時間振り回すつもりです。何とぞ、宜しくお願いいたします。

木登り君のWさん、あんまし長いこと更新してなかったんでマジに心配してますたですよ また骨折した rain んぢゃないか sprinkle とか もしかしてヤマで迷子になってbombカモシカさんに保護されてるんぢゃないか dash とか 

 サドル、たしかにウイーバーのボッタンシート 重いですよね。 チェンソー直接ぶら下げるんだったら頼りになるけれど。

 エッジ買ったんですか。 なんか善さ気ですね。 ブログでの紹介楽しみにしてます。

 GRCSは、基本的に重量ワークの作業をワイヤーでなくロープで処理するときの、マストアイテムかな なんて思うことがあります。
 チルを使うってのは根本的にワイヤーを現場に持ち込まなきゃなんない って、あの辛さにゃ~ pig もうとても耐えられないし catface

 幸いにワイヤー信仰にどっぷり浸かったワケではないので頻繁にロープの破断荷重計算みたいなことを繰り返すクセがついてきてます。 その分だけ作業が雑にならなくて済んでいるってのがあるかな なんちゃって。

 世の中には「俺はロープを信用しないgawk」なんて人も居るみたいですけれど、ロープにせよワイヤーにせよ、信用して使うってんぢゃなくて、計算して使う、確認して使うってもんだと思いますし。
 その意味ではGRCS ひとつの選択かなと snail

上尾のUさん、土曜日ですね、たぶんまたお目にかかれると思いますんで その節にはよろしくお願いします。
 市太郎さんのヤマだと赤松ばかりだと思いますが、枯れたコナラも数本転がって、チェンソーの刃が持たないような材になってるかなと思います 十分に安全防具つかって頑張ってください。
 なお、川越のあのヤマ周辺については長い記録を残してあります ↓
 http://homepage2.nifty.com/kawagoe/

 このリンク先のBBSへの投稿で仲間みんなに伝わるかな~ と思います。  しらないけれど(汗)
 

いつもながら...作業、御苦労様です。やはり..木登りをしていく上...木挽きやさんのブログは.....必見!でしょう。私の会社の若い作業員も...「あの~木挽きや?さん?とか?木挽きさん?..と..。」私も質問...?されました..。私は、「木挽きやさんは、豊富な知識が半端じゃない!方ですよ..。何より、私達の作業にこれから...必要とされる技術等、とても、参考になることが多いのです。」と........お伝えしました。私も、日々の作業(慣れ)?が、事故の原因にならないよう注意しなければ...。今年は、木登り的?な勉強会という企画を会社(若手の後継者)と構想中?なのです。その為に..岩手(盛岡)さん..の協力をお願いしていたのです。やっぱり、私一人の視線では、どうしても...作業(仕事)の目線でしか伝える事ができないので、どうしても、(岩手 盛岡さん)力が必要!なのです。GRCS..検討してみます。

木挽屋さん レスありがとうございます。 木びっちこの会のHP拝見しました。

今年に入り、川越の森に出入りさせていただいていますが、いつも綺麗な森は、歩き回るだけで気持ちが良く、素敵な場所だなと感じていたのですが、このような方々の努力の賜物だったとは、、、、お恥ずかしながら、まったく知りませんでした。ただ、頭が下がるばかりです。

僅かなことしかできないかと思いますが、私も今度森に入るときはゴミ袋を持参させていただきます。

土曜日は、お会いできませんでしたが、軽トラで2往復させていただきました。また、近々、お邪魔させていただくつもりです。

また、その節には何卒、よろしくお願いいたします。

U

上尾のUさん、3月はじめの水曜に別の地主さんから依頼されているソロとコナラを倒します。
 今いきなり燃やせる薪はあまりありませんが、伐採現場はとりあえず5箇所あります。 樹種は白樫、コナラ、赤幣(ソロ)、椋、欅です。 
薪人のグループも現在のところ3組あります。
 尚、薪を取るとき、不明な点は地主さんに直接確認をとるか私に連絡してください。 別の地主さんの木を間違えないよう土地境界にくれぐれも注意して作業されるよう よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/53972896

この記事へのトラックバック一覧です: 昼飯前と思ってたけんども:

« 西坂戸の第二現場では | トップページ | 余りにも色々な事が重なって(写真追加) »