2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« チェンソーカーバー仲間へのリンクを | トップページ | 古い仲間が集ってくれた »

2011年11月23日 (水)

恥はかいてみるもんだ

なんちって。
 実は樹冠作業に魅力は感じるものの、以前から傷めている右膝の都合もあって、地上から樹冠に到達するまでのクライミングにはそろそろ「負担」を感じるようになってきている・・・・ って、アタリマエの話かも知んないけど。

んで

 ちょっこし魅力を感じていたエンジン付ロープ登攀用具の"wraptor" のプロモーションビデオを見たので、疑問に感じた事をコメントとして入れてみた

 

この動画で3分8秒あたりから 魅力的な肉体美の女性たちがなんと、このラプターで降下してみせているのだが、ちょっと原理的に納得できない ってのがコメントのポイントだった。

このビデオに投げた私のコメント

Toooo Chilly.... it's winter now :-)
 But, I didn't know the wraptor could used descent as well until this PV.
      kobikiya                12 時間前

英語がめちゃくちゃであろうとなかろうと、疑問を持ったら素直にぶつけてみるほうがいい と思ってるんでね・・・ 

そしたら、しっかりとコメント返しを送ってくれた人がいた。          

@kobikiya Just to clarify, the Wraptor does only ascend. As the ladies were not proficient with the use of friction hitches we decided to get them down by by lowering the ascent line. In use the climber is tied into the Wraptor with his DDrt system so can descend via it in an emergency
       lovinmybike                26 分前

         

@lovinmybike Hi lovinmybike, Thank you correcting my over estimation. In case of switching to lowering down at middle of climbing-up, climber in the air without secureing himself with lanyard,what could be the method I wonder. Any advise will be appreciated thank you.
      kobikiya                15 分前       

« チェンソーカーバー仲間へのリンクを | トップページ | 古い仲間が集ってくれた »

リギング技術研修」カテゴリの記事

今日の佛草」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、始めましていつも楽しく拝見しています。

実は自分もこの製品が気になりWesSpurに問い合わせしました(^^;;

自分はスキー場リフト、ゴンドラで故障、お客様が宙づりになった時に
スタッフが救助のために昇るためですが。

日本までの送料は175ドルとの事でした。

自分もバッテリー式(http://www.aidropeaccess.com/product/winches--power-ascenders/actsafe-acc-ii-power-ascender)の物も考慮に入れたのですが、どうもバッテリーの持ちが悪く数回の使用しかできないとの事でした。

結局、予算が付かず見送りになってしまいましたが(-_-;)

まあ、救助なんて無いに越したことはなく、
実際、救助に上がったこともありません。

おはようございます さきょんどさん。
 面白い記事紹介ありがとうございます。

 リフトでのレスキューって、下から登るんですか、知らなかったcoldsweats02 場所によって極端に地上高度が違うからロープ設定には難しいことがあるかもしれませんね。

やっぱし有りましたかバッテリー式。
 電池も最近はリチウムで2時間つかえるチェンソーなんて出てきている時代ですからして、今後どう展開されるかわからんちんですけど wink

とにかく、楽をしたくなってくる季節ではありませりsmile

 70爺(ジジイ)です。大股開きの熟女の舞に見とれましたが、ラプターなるもの性能は良く判りません・・・根が百姓で英語も苦手だしねwobbly
 それでと、70爺も、楽に木登りが出来るなら登ってみたいが、我が身を、ロープにぶら下がるカタツムリのイメージが重なりました。
 冗談はさておき、身体が持たなくなったら諦めるか・・・と思いきや、別の道具を探し出し、”100まで木登り”の意気込みに感激!!!。
 私も、美女にも負けず、歳にも負けず、金にも負けず、メチャクチャ言葉ですが・・・気持ちは負けず、歳と戦う気持ちダス。今年はミカンが巧く実り、意気軒昂です。その内に貴殿を招待できれば最高ですsun
 
 
 
 
 
 

あちゃぁ~~すっかり忘れてた
 言われてみればスノート爺さんも昔はオトコで鳴らしたものだったですね coldsweats01 熟女に刺激されるのは年齢無関係 なんちって。

 100まで木登りってのは流石に無理っぽいですけど、今日一日まるっとベラネックさんのDVD見続けていました 全部でDVD6枚!

 いやぁ~ 以前は意味が判らないで不思議に思っていたテクニック、チェンソーをノコギリ挽きみたいに前後に押したり引いたりして玉切りする方法の意味づけがちゃんと解説されていて 目からウロコが5~6枚落ちました。
Reaming という方法、つまり、真空管取り付け穴をアルミ弁当箱に開けるときに使ったリーマーと同じ意味づけだったんですね。

 日本の風土では自分に理解できないことがあると即、小ばかにして無視したり嗤ってごまかす悪癖がのさばっているように思いますが、戦争に負けた理由の1つがそれかな~ と。

お久しぶりです。Wraptorの動画は私も、以前より気に掛けていたのですが...。降下は?どのように?アッセンダ-でクライミングしているので...降下の際は..?アッセンダ-をはずしちゃうの?でも......クライミングロ-プにテンションが掛かっている状態で、どうしたらはずせるのだろうか?私の仕事で、もし使用する状況があるとすれば、法面(急傾斜地)での伐採で使用するかも?と...感じている道具ですが...いかんせん..1本のロ-プに体を預けるという事は.....危険を感じますが..。Wraptor本体の重量もありますし、伐採となれば多数の道具(リギングブロック等)を枝や幹の上部へ設置する為、かなりの体力ハ-ドクライミング?になるので...。それにしても、いいお値段だと思いますが..。

久しぶりです木登り君さん。 夜間作業ご苦労さまです。 どうぞお怪我の無いように。

 件の動画に疑問をぶつけた顛末を書いたんですが、入ったレスの説明では、登場する女性たちはクライミング素養がある訳ではなく、降下シーンはSRTの元ロープを下ろしてあたかも降りているように見せかけたものだとなっていますね。

 あんまし感心しないプロモーションビデオですが、別の人が付けたコメントみたいに噛み付くまでもないか・・・ なんて思った次第です。
 まあ、広告作成の倫理的な面で批判はあるだろうと思いますけど、この世界 マジに自己責任ですからね。
 とは言え、批判的なスタンスで見ていることを知ってもらうだけでブログに書いた意味があったかな と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/53310425

この記事へのトラックバック一覧です: 恥はかいてみるもんだ:

« チェンソーカーバー仲間へのリンクを | トップページ | 古い仲間が集ってくれた »