2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月23日 (日)

なに考えていたんだか・・・

ひっさしぶりのヤングジェネレーションとの交流ですっかりハイになってしまった昨日。
2時半に川越を出立し途中仮眠をとり 雨の降り止まない現地到着が8時半だった

 んで・・・

続きを読む "なに考えていたんだか・・・" »

2011年10月14日 (金)

コナラの竜王

先日来伐採の約束をしていたIさんの森 一昨日にお宅を訪問し依頼内容と地境を確認をしたコナラの森があるんだけれど。

 とりあえず一本の二股枯損楢 昨日の木曜に毎度の3馬鹿で片付けた smile

 午前中はのんびりと大枝おろし。

 吊らない単なる切り落とし処理だったけれど、大きいままで伐れば畑に深く大枝が突き刺さって耕運機の障りになる。

 んなワケで
 ゆらゆら動く二股の枯れコナラの、ちょっとマシなほうの幹にスパーで登って完全枯死幹を坊主にしてから 自分が登っている枯死幹をトップアンカーポイントまで切り落とした。

 あとはヤマさんに任せ8mほどの幹を牽引かけて1mちょいの元株残してじわっと寝かせた。

 3人もオトコがいるので当然 力は余っている。

 近場のソロ幹を使ってこの7mコナラを吊り上げ、枕を抱かせ、フィドラ滑車で位置決めしてながーいベンチにくみたててみた。

 それが昨日の木曜のこと。

 んで

続きを読む "コナラの竜王" »

2011年10月13日 (木)

二見情話ふたたび

伍木の子守唄に似た沖縄の歌、二見情話。

 なんとかこの歌の意味というか、心のようなものを正しく受け取りたいと思い、幾度も歌ってみたり聴き入ってみたりしてきたのだが

 Web時代の有難さ・・・・なのかな、目的にしっかり合致したサイトがあることを知った。

たるーの島唄まじめな研究
http://taru.ti-da.net/e606162.html

ここの記事を、発音指示部を措いて、自分の読みやすい形に書き換えて備忘というか、歌覚えの手がかり になるよう記録してみた。

 この「たるー」という人の労作、実に有難い。

 ひらがなで覚えられたら 元のローマ字表記の発音でも歌えるように練習してみたいものだ。

 日本各地に残されている美しい民謡、みんなこんな具合に解説されていたら随分と取っ付き易い親しみやすい歌になってゆくだろうと思うんだが。

ちょっと生まれた時代が早すぎたかも知れない

続きを読む "二見情話ふたたび" »

2011年10月12日 (水)

バックナンバー

色々と書き散らしてきたブログ、バックナンバーも記憶の中でかすれてきている。
 ちょっと振り返ってどんなことを書いてきたのかチェックしてみた。

適当なタイミングで消去することになると思うけれど、こんな具合になってる
(最近の記事は除外されている)

一番古いのが2002年となっているけれど、これはパソコン通信の時代に書いたエッセイみたいなものを転載しているはず。

インターネットでココログにUPした記事は2005年以後のものになると思う。

文化・芸術 記事一覧

続きを読む "バックナンバー" »

2011年10月 5日 (水)

ランヤードあれこれ

 木登りの導入部ではブレークス・ヒッチでのクライミングを教わった。

 このときのレッスンで幾度も強調されたのがセーフティネスの考え方、感じ方だった。

 いつの間にかそういう意識がスレッカラシてきて(擦れる+枯れる=すれっからし)、生意気になってる自分に気がつく。
 樹の上で何も自分をセキュアするもの無しにひょいと枝渡りをしようとしている自分に あれっ? と思ったりすると、これはもうクライミングは止めにしといたほうがいいのかな なんて弱気がでてきたりする。

 でもさ、
     ちがうだろ。

 声にだして手順や設定を確認する「コール」を抜いちゃう甘い習慣に染まるからいけないんだろ とは判ってるんだけどね。

 なんでもかんでもWEBで色々な情報が入手できる時代になってるんだけれど、斯く言う私も60本以上の動画を投稿したりしてるんだけれど、本当に大切な事とかポイントになることってのは殆ど表現されていないもんだ。

 だから稀にツリクラ体験会へのお誘いをもらって真剣にサポートを遣らせて貰うことで、スレッカラシた意識がリセットされる。

 これはとても良い習慣だ。 慢心を戒め、初心を思い出す。

 ただ、実務(?)でのDdRTでブレークスってのは経済的負担が大き過ぎるような気がする。 やはりフレンチVtとマインダープーリー併用のスプリットテールとか、自分をセキュアするランヤードとかでの登高+樹冠作業のほうが圧倒的に効率が良い=楽に作業ができる ってことになるんぢゃないだろうか。

続きを読む "ランヤードあれこれ" »

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »