2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 明日なき・・・ | トップページ | 森は本日も作業中 »

2011年9月12日 (月)

東日本チェンソーアート競技会

     
今年も混ぜていただきますた。
 
本来の(?)チェンソーアートでは根曲がり部とか腐れの入った材も素材としてしっかり利用する知恵が求められていたんですが、競技となると選手ごとの条件をできるだけ同じになるよう、主催者側が気配りしてくれてまふ Imgp3190
Imgp3194 今回のメインカービングの素材はなんと見事なぶっとい杉揃いで、ノッケからドギマギしてしまったです aries
おまけに、2日目のバトルカービング 1時間半で彫る素材が36cm径の立派な杉ばかし。 なんちゅう贅沢note なんちゅう幸せ heart04  おまけに競技日毎に毎回シェーネスハイムの豪華大風呂spa つきですからして・・・
なかなかのもんです山形大会は 何時もの事ながら

Yamagata2011
写真は
 宮城の佐藤さんのブログ
  から無断借用(汗) です。

今年もシニアクラス表彰いただきますた。




今回の私の作は
 「祈り」
Imgp3196   
 風の少女が両手で折鶴を持っています     
Imgp3195 Imgp3197
Imgp3208 2日目の90分カービングでは 「木の子」
途中、STIHL社のティンバースポーツに挑戦、一応2回戦まで進んだんですが時間切れで中止になり、記念品にスチールの帽子をいただきました。    
Imgp3231 新型MS241の力 なかなかのものでした。    
いやぁ~ 欲しいけど、なんせ引退してからずっと粘菌生活・・・ あー、年金生活。
        このクラスのチェンソー、国内ではあんまし簡単に       ひねり出せる価格ぢゃないっす。
   
 名物大杉と楢枯れの山を見て帰路についたのが 午後4時半。 Imgp3250  
         往復とも高速道路を使わず、4号と13号メインの下道走行で高速料金を節約です。
        いくら深夜だからと言っても、先行車両と一緒のスピードを維持するのはかなり辛かったです。
        でもまあ、そのおかげかな 翌朝2時に、つまり今朝未明に、無事帰宅できました。
       
      すっかり尻に床ズレができてしまったみたい wobbly です
   
Imgp3248 それにしても 楢枯れの現場は物凄い現実です。
Imgp3247    
        机の上ではフェロモン誘引とかビニール巻きとか色々な知恵と工夫があるみたいですけれど、そんなことで間に合うのかな 無理ぢゃないのかな と感じるように どんどん枯れあがってゆく山でした。
       
        無論、そういう事も全て踏まえた研究だということはよくわかっているつもりなんですが 関東に侵入してくるのも時間の問題だということで。
川越のコナラも やがては やられてしまうのかな。

« 明日なき・・・ | トップページ | 森は本日も作業中 »

日記」カテゴリの記事

木を刻む」カテゴリの記事

森を視る」カテゴリの記事

コメント

毎度のことながら遠路ありがとうございました。
作品の写真を撮らせていただいたら、カメラの顔認識機能がバッチリ
機能してました!

御世話に成りました。
西野カーバーが大会初出場と言う事で、
赤飯を大会初日に買いました。
二人で嬉し泣きしながら食べた赤飯は、
忘れられません。
部外者なのに生意気言って済みません。

又、お逢いしましょうね。

菊池さん、毎度の大会運営ご苦労様です。
 今年も全員ズブ濡れで始まった大会でしたけれど、雨なんかモノともせずカービングに熱中してるrain皆さんにただただ呆れて(笑)ました。
 来年もまた、あきれかえる大会にpunchなると期待してますが、どーなることやら
 技量審査結果を公開してくれる大会というのは一層の励みになります。 色々な配慮の行き届いた大会でした。 
有難うございました。

いがねーさん、茄子以来ですね をっと那須。 あ、違った、石巻だった。
 なんかねー こう、記憶がてんでんバラバラで自分が一体何してるんだか もうわっかんなくなっちまってますだ aries

 次回お目にかかれるのは千葉でしょうか。
 いつかイガネー奥さまのMCでの東北デモに混ぜて貰えればと思いますですscissors

 にッシャン、はじめの一歩踏み出したんですよね これからの展開が楽しみです。
 皆様によろしく sweat01 です。

お疲れさまでした―
今度は よこ取りありませんよー
コメント下さい

竜さん、動画毎度っ lovely

 あの「クタクタです」のイラスト、もんのすごぉく実感が篭もってますたですね~ fuji

 色んな才能もってる人たちが集まってた大会だったんだなー と改めて感激。

 また一緒に遊んでください。

木挽屋次郎さん、お疲れ様&ありがとう&おめでとうございましたnote

木挽屋さんのピ~プルズチョイスのボトルがいっぱいになってって、蓋を開けてまで詰め込んでいた少女たちの姿をみて、胸に込み上げてくる物がありましたweep

人物像での表現が我が地元にも根付いてきたんだなぁ( ´;ω;`)ブワッ

ありがとうございましたshine

ヒロ2号さん、大会運営会長お疲れ様でした。 
 一体幾人そんな純情な子供達が居たのかしりませんが confident 
 実は、これまで大会でピーチョイなんて考えたことも無かったので、後になって「祈り」へ投票してくれた人がそこそこ居たことを知りちょっと驚きました。 

 引き裂かれた哀しみとか、泣き出したくなるような孤独とか、その辛い現実の先にあるものを見据え胸を張り微笑みを持って歩き出そうとする子供たちの姿を 自分の彫刻で表現したいと
 まあ、そんな自らの力量を超えた大それた野望を抱かせる それだけ魅力のある大会でした。

 混ぜていただいて有難うございました。

大会お疲れ様でした。
4号と13号メインで往復ご苦労様です・・・・・・。

僕と最後、ホテルの前であったあと名物大杉と楢枯れの山を
見てきたんですねー、いっしょに行きたかったなー・・・・・。


梅さん、着色熊さんご苦労さまでした。
 あの後、金山名物の大杉見物に立ち寄ったんですが、なかなか見事な大径杉でしたね実際。
 なによりも健康な感じが良かったです。
 なんせ、普段は病気怪我の木ばかり相手にしてるもんで weep

 頼んでも登らせてくれねえだろうなぁ とかつぶやいてみたりして(笑)

大会お疲れ様でしたm( __ __ )m
自分も人物彫ってみようと思い、昨日やってみたんですが
コレは相当練習せんと彫れんなぁ・・・と軽くヘコみました。
ま、クマもまともに彫れませんけどね!!

MS241ですか・・・安くしておきますよ(・∀・)ニヤニヤ

なはっ ひっしーさん いくら安くしてくれても手元資金が1桁万円の前半だからね~
   無理なものは無理っ catface

 言われるとおり、人物表現はどこまで彫るかで随分と違ってきますね。
 ほんの1mm線がズレただけでまるで表情が違ってくるし 熊鷹フクロウとはまったく違う世界になります。
 それに、彫りすぎて表現が押し付けになってしまう危険とも裏腹ですからね~ 本当にやっかい lovely な分野ですね。
 それだけに遣り甲斐 angry もある、ってかな

なんちって wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/52711348

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本チェンソーアート競技会:

« 明日なき・・・ | トップページ | 森は本日も作業中 »