2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 森での小技(こわざ) | トップページ | みちのくチェンソーアートクラブin石巻 »

2011年8月 5日 (金)

特伐技術 基本レベルでのステップアップ

 昨日の木曜は茨城出張ボランティアから帰京したばかりのヤマさんと広葉樹除伐の特訓で夜遊び lovely ・・・ぢゃなくて rain

 ヤマさんにはこれまで幾度か木登り経験&樹上チェンソー経験を積んでもらったけれど、今回は樹冠での作業体験ということで 1つのアンカーで私が登ってヤマさん用のアンカーを別に手付けで設定。

 まだロープでのリギングには進まない。

 2つ幹のエノキ 樹高16m程度の畑角境界で張り出した樹だが、吉凶占いの結果は10月10日以後の伐採が良いということになっているんだとか。 

Ca390656  Ca390657
 隣家の畑の日照をそのままにせず、なおかつ、このお告げの内容を尊重もして辻褄を合わせるとなると・・・

 双胴の1つは完全除去しておいて、残る大枝をざっと払い、地上に長く這っている枝の穂先を丁寧に落として その結果の日照具合を観察するってことにしてみた。

 

 なんせ、依頼されてもう3ヶ月にもなる。
 畑の葉物収穫で完全に1ラウンド遅れてしまっている。

んで

Ca390658   Ca390660 最初に私が穂先までDdRTでのリムウォーク。

 

目印の枝を落としておいてヤマさんと樹冠で待ち合わせ。

 互いのロープを交換しあってから、穂先の同じ位置までヤマさんにもリムウォークに挑戦してもらうって段取り。

Ca390659_2  Ca390661_2  
年寄りってのは意地っぱりなもんで bleah 

息が上がりそうになりながらも ちゃんと手鋸で穂先の1つを始末できたのは流石だった。

結局南極

 

今回のポイントは

  1 リムウォーク時のリダイレクト

  2 大枝落とし前のクライミングロープの巻き上げ

  3 チェンソー作業でのポジショニングとポップカット 

 ざっと見てクレームつけたのは2本の似たような並んだ枝を切るとき、連続してチェンソーも止めずに処理したこと。

 片側を切っておとせば残りの枝の状況は違ってくるし、大きな枝になればそれだけ自分のポジショニングにも影響は及んでいる。 それをちゃんと観察してから次にいく という心がけで作業していこう。

とにかく、頻繁にこまめに エンジンを止めようYO。

Ca390664  Ca390665
 途中経過で、どの程度の穂先作業なのか記録をとってみた。

 
 

単に切り落とすだけなら1時間もあれば片付く作業だけれど、これからも色々なボランティア作業で安全管理の責任者をやっていく彼のこと、相当のスキルを磨いてもらう。

 ・・・ ってのはきっと世のため人のため

 なんちって 知らないけど。

 

不思議なことに、午前の作業中は薄曇の空模様、樹冠で風を受け贅沢な涼しさも楽しめた。 昼飯時にかなりの通り雨。 そして午後の双胴幹一本化では綺麗に晴れ上がって畑上に切り散らかした大枝小枝の始末も気分よくできた。

 これも朝、仕事前の2礼2拍手1礼を聞き届けていただけたせいか などとまたしても慢心の気分が頭をもたげてくる・・・

 だから というワケでもないんだろうけど、太めの枝を切り分けていたゼノア3200の25AP76コマ、14インチカービングバーの先端から火花がっ!

 あ~っ crying

 しらねーぞ、

石巻で使おうと思ってたまともに使えるたった2台の3200、ホントの三角カッターになるまで目立てるか、それともソーチェン新調するか gawk

また意味のない悩みを抱えてしまったりして。

終了後の撤収で、カンビウムセーバーが降ろせなくなるハプニング発生。
 こういう状況からのリトリーブってかレスキューが一番面白いんだけど、やはり基本はピンポイントのスローパウチテクってことで。

 まあ、最悪、ペツルのアセンツリーを準備しといたんだけれど、思惑どおりにターゲットポイント上にラインを横断させ、14オンスパウチをピンポイントに吊り降ろしてカンビウムセーバーを抱き下ろした。

 色々場数を踏むことで、色々な手練手管が身についてしまったような・・・

 おいらもだんだん悪い爺さんになってきてるんだろか
 時々不安になる
         なんちって      smile

« 森での小技(こわざ) | トップページ | みちのくチェンソーアートクラブin石巻 »

リギング技術研修」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
久しぶりにブログ拝見です~。
ここ最近、大雨の日も休みの日も仕事で
毎日、夕飯が終わると9時前にはバタンQでした(今日は久しぶりの休日)。
仕事と言っても、脚立での剪定、刈込み、除草作業なので
ツリークライミングには程遠く、練習も出来ず、このままでは忘れていきそうです、、、。
特殊伐採の訓練 羨ましい~です。
9月からは、仕事の調整が出来そうなので またフィールドに参加したいです。
いろいろ勉強させてください!!

ケヤキの伐採も無事に事故なく出来ました★
上の方はリギングロープを使って建物に当たらない高さまでトップカット、断幹で落とし、クレーンが安全に使える距離になったらフックに台付し断幹して降ろしました!

スパーでの登高も教えて頂いた様にトップアンカーを確保して何度か練習しました◎少しずつ、なんとなく感覚が分かってきました。
でも厚底ブーツを履いていたのに足裏が痛かったー。
フットプレートがあった方が良いのですかね~。
スパーの足の甲の部分のベルトも教えてもらった藤井電工のギャフの部分での取り付け金具を購入しベルトのズレもなくて良かったです。


久しぶりです、お仕事お疲れ様でした~

 スパーのフット・プレートは使っている最中にあっちこっち回ってしまうことがあるんで、ちょっとした注意が必要ですが、無いと靴によっては無理がかかりますね。

 先日の突風でかなり多くの楢の梢が10m/20cmΦあたりで折られてしまいました。
 折れて垂れ下がった大枝は、乾燥が進むと脆くなって突然に落下する・・・ やばいっす 結構やばい。

 んなワケで、毎日のように相変わらすのヤマ遊びですが、明日から北海道蝦夷カップです。
 以後10月一杯の週末は全部つぶれてますが、暇ができたら覗いてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/52396312

この記事へのトラックバック一覧です: 特伐技術 基本レベルでのステップアップ:

« 森での小技(こわざ) | トップページ | みちのくチェンソーアートクラブin石巻 »