2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« きじとらさんから写真を貰った(20110710 写真追加) | トップページ | ezocup2011  »

2011年7月11日 (月)

ムラサキヤマドリタケ

Imgp2528  Imgp2529  
ムラサキヤマドリがこの森で採れるという噂は耳にするものの、現物とであったのは今回が初めてだったんよね。

チチタケとかシロハツ、マツオウジなどの菌類は見慣れているのだが、このキノコはその軸の異様な皺に驚かされた です。

 食可の菌であるらしく、煮てワサビ醤油で頂くというネット記事を散見するが、もっぱらチチタケと同じように味噌汁のダシに使うという話を地元でおしえられたことがあるけど。

 

実はこのキノコ、私がアオハダを始末した残りの短コロで木の精(幼児)を彫った次の日に突然出現したような感じがするです。

 

Imgp2519 Imgp2523 そんな事情もあって、刻んだ木の精につけたネーミングは <木の児>

 まさか、これを彫っておいて、実はムラサキヤマドリというキノコがありまして・・・名前しか知らなかったヤマドリの姿に感激してひたすら彫ってみました ・・・ なんてワケワカンナイ弁解をしどろもどろにさせられるような悪夢・・・なんてハナシは信じてもらえないかも知んないけど。

 
 

 だから彫刻の名前は「木の児」です。 まだムラサキヤマドリって名前にはしていないです。

 本当は、はじめてアクリルスプレーで塗装してみたって話だったんですがね、今回のブログ内容は。

 あ、忘れてた

 リトリーバブル・フォルス・クロッチで仕掛けるアンカーブロック。 イラストとか動画とか、ちゃんと説明するつもりで居たんだった sweat01

 ま、明日って日もないぢゃなし (笑)

« きじとらさんから写真を貰った(20110710 写真追加) | トップページ | ezocup2011  »

森を視る」カテゴリの記事

コメント

偶然と言うか、そんな事があると気分が良くなりますね♪
なんか、立派でしっかりした形のキノコですよね、彫刻作品ともイメージが重なりそうです。
ただ、私は俗人なんで、この記事読んで、ついつい木の子ならぬ「塀の子」の小話を思い出しちゃいました・・・(汗

佐藤さん・・・ 塀の子って小話、オイラは知らねぇだ・・・weep
 きっと佐藤さんのことだから、すっごいえ”っち”な話か、それともめっちゃんこ気高くて清らかな話か 両極端に想像してしまうだけれど、そーゆー事も含めてのチェンソーカービング仲間の輪の面白さなんでhappy02 あんまし深くは追求せんどくです。
 今度の東日本大会で、この塀の子の話しおせーてくらはいませっ notes

こんばんは~。
ご無沙汰しております!!
最近、日差しが強く暑くて外仕事でバテバテ気味で久しぶりにユックリとパソコンに向かっています。
「ムラサキヤマドリタケ」
立派な形ですね~
色も紫系で なんとなくオシャレ~な感じ。
持っているキノコの本には
「加熱しても紫色が変わらないのでカルパッチョ風サラダなどで色と味を楽しむ。」
と書いてありました!!

今度、カービングも教えて下さ~い!!
チェンソーをしっかり扱えるようになりたいです。
よろしくデ~ス!

樹緑さん、欅の始末はどうなってますのんですか happy01
 このキノコはとうとう食べず仕舞いで乾涸びてしまいますた。 やっぱし何事も思いついた時に断固として行動しないと・・・ ってなんかキノコひとつで大袈裟に構えてしまいますが happy02

 チェンソーカービングは見た目よりも大変です。 なんちゃって脅かしたりして笑)
 お仕事の中の流れの中でうまくカービングを活かしていけるといいですね。 時間をつくってまた川越へお越しください。

こんばんは。
気まぐれに時々コメントしてスミマセン。
「ケヤキ」の伐採は8月上旬にしようかと思っています!
樹体がエネルギーを使いきっている時期の方が、萌芽更新の力も弱くなって「ヒコバエ」も出ずらいかなぁ~と。
まぁ~8月だと自分のエネルギーも弱っているので、体力が持つかどうかですが...。
ウェスパーで道具も買ったので毎日イメージトレーニング中です。
8月に入ったら、少し時間が出来る予定ですので、またフィールドに顔を出したいと思っています。
知り合いに木登りやチェンソーアートの事を話したら興味があるみたいで今度、タイミングが合えば連れて行きたいと思ってます。その時は宜しくお願いします。

でわまた~

樹緑さん、欅のスパー登高は小楢とちがってギャフが滑りやすいので注意してくださいね。
 フットプレートは使いますの?

 人間がつくる道具のことゆえ当然ですが、あれもちゃんと慣れておかないと不具合にイラつくことがあります。

 除伐依頼されている欅に実際に「登って降りてを繰り返し」てもらうといいかも知んないな と思います。
 トップアンカーの保険をつけておいて昇り降りのギャフ感覚を訓練することで 本番での安全能率作業にプラスになることが多いんぢゃないかと。
 8月月末には1週間ほど北海道に出掛けてますんで、そこんとこ よろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/52178152

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキヤマドリタケ:

« きじとらさんから写真を貰った(20110710 写真追加) | トップページ | ezocup2011  »