2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 5月の連休は | トップページ | バーチカル・スピードライン? »

2011年5月 9日 (月)

5月はサクランボの実る頃

なんか毎年5月になると同じような記事を書いてる・・・気がするけれど aries

Imgp1792_2  

 

実はこのサクランボの木、駐車場のコンクリートの上に土を盛ったプランターで育ててきた木。

  
 


 一人で移動するのがかなり難しかった大きさだったです。

 んでも、食い意地の張っている身の不思議な力、なんとか移植(?)して無事に今年も実りを迎えることができたってことで。


 数日前に農業用ネットをかけて小鳥たちの摘み食いを防止しておいた成果、しっかりとボウルの中に収めることができますた。

Imgp1797

 
 

Imgp1794  Imgp1793
 無論、全部収穫してしまったってワケぢゃなくって fish

 

 ネットの外でずっと文句を言ってたヒヨドリにもホンの少しだけれどお裾分け。  ちょっとだけ良いヒトぶってみたりする。


 

Imgp1795なんやかやで ようやく雨漏り修理の済んだ玄関先は・・・

 クライミング用品の収納と、チェンソー彫刻作品を並べてみたらなんだか満杯となってしまって penguin

 家の中には船長さんの鯛、ヒロ2号さんの犬&
天使像、玄関先にはジェイソンさんの中のヒトの龍、青JINさんのピノキオ爺さん、木霊さんのフクロウ、音やんの○×%$ good

 なんとも豪華な陳列になってしまってるんだけど。



 

 これまで色々作業をしてきたけれど、なんだか紛失してしまったみたいな道具もあれこれ出てきてそれなりに参ったりしてます。

 あまり気が進まないけれど、やっぱし気休めでいいから夜は玄関を閉めて鍵かけて寝るようにしましょ。

 をっと、そういえば不思議な植林地を撮影しておきました。

Imgp1786
 小楢の苗って、木立の陰に植えても育つものなのかどうか、興味津々です。

 フツウに考えれば、陽のあたらない地ってのは陰樹の杉ヒノキ松にとってさへ、なかなか辛い生育環境だと思いますです。

 まして陽樹の幼木では・・・ ヒョロヒョロと曲がりくねって虫やら菌やらの格好のターゲットにされちゃうんぢゃないかと・・・

 とにかく、見事育ったら拍手です good

 もしかしてこういう実験から新しいテキストが出来るのかもしれない。

« 5月の連休は | トップページ | バーチカル・スピードライン? »

日記」カテゴリの記事

コメント

さくらんぼ旨そうですね、
道具無くなったのですか?
何お隠しましょう私4月22日~23日車盗まれました。
ほんまでっせ!近所でもう一台同時に盗難、
相模原公園では報告済みで、
木挽屋様にもご報告。
もう心はズタズタです 
道具は家の中にしまっておきましょう出来れば車も。

何を隠そう金隠し・・・ なんちってsweat02

 おぎゃわさん、車やられたんですか、あたしんとこは以前よく自転車やられてたんですが、最近は静かになってたのですっかり忘れてましたですYO
 一緒においてあったアーボリストブロックは無傷で、一見して使い方の判るプーリーとスクリューロックのスチール・ビナが消えててホントに困りました。
 実際、困ったというのは自分の脳味噌のことなんですがね・・・catface 戸締り、ちゃんとやっとかんといかんかったですねマジで。

 ま、私の場合は自業自得、今朝も玄関の鍵ロックしてなかったことに気が付いてあせりましたし やっぱしDHAとEPAが大量に必要なのかもしんない。

 サクランボ、素人栽培のことゆえ出来は小粒ですがそこそこ香りも甘味もいけてました。

 取り残した実も一日おいただけでまた赤く色づいて・・・ 見栄張って鳥さんに遺してはみたものの また惜しくなったりして cat
  いやぁ 困ったもんだ lovely

御苦労様です!私、2日前より現場復帰しました!本当~長かった。 早速、震災前に滞っておりました作業現場で仕事を再開しております。木挽きやさんの方は.....何か....御不便はありませんか?こちらは渋滞箇所(災害復旧車両)が多く、仕事現場への通勤が少し大変です。私、吉井フリップ(ランバ-ジャック)さんと、始めてメ-ルしました。お二人のアンテナの張り方...半端じゃないですよ。突然、話題を変えてすみませんが、ツリ-リギング(Portwrap)での(枝、幹の落下速度の調整)?というのは....私、日本の状況では、難しいと感じておりますが...。甚だしい事に、伐採しようとしている樹木のほぼ真下、数メ-トル真下に何らかの構築物があれば...絶対に下へ落とせない?と思うのですが....。樹上の作業者へ負担が掛からない様、少しでも衝撃を緩和する為の措置なのでしょう....でも、落とせない時は?どうするのだろう.....もしかして命懸け??重力に逆らう作業ってどんな作業なんだろう?.....。「自分の生命を第一に考え!少しぐらいの構築物の破損は止む無し!」なんてね...。少しって...どれ位?..。私、本日も構築物を破損することなく、伐採しましたが...。本当..疲れる..。後継者の育成に頑張らなければ!それでは。

渡辺さん、木登り君のブログにコメント返しておきました
同文以下のとおりです
----
ん・・・ 私のブログにコメント貰ったのできっと更新してるな と読んだら やっぱし(笑)
 基本的な禁止事情でガンジガラメになってたら、やっぱしヤマ側の高いヒノキ2本から水平V字にロープ架けしてトップカットかな。 んで元口を繋いだままで切り離したら3本のロープで吊るカタチ。(つまり、降ろす地点を正確にコントロールする方法)
 あまり手間ばかりかかるように見えるかもしれないけれど、クレーンも進入が無理な現場でそういう条件がついたら、これしかないと思います。
 能率改善のためには2つのヒノキの上のトップアンカーをブロック+ポータラップで。 元口の押さえは過大なスイング防止ですが、どうしても落下(スイング)してしまう距離との関係を考えて なるべく小さくこまかく伐るしかないかな。
 明日も雨みたいなんで、アイデアをイラストにしてUPしてみます。
---
「これしかない」と書いてしまいましたけれど、他の方法もあるかもしんない。 垂直方向へのスピードラインというやりかたもあって、真っ直ぐ下に落とすんでなく、ラインでちょっこし斜めに落としてやるやり方(バーチカル・スピードライン)もありますし。
 もともと乏しい知恵ですが、もうちょっと絞って考えてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/51624952

この記事へのトラックバック一覧です: 5月はサクランボの実る頃:

« 5月の連休は | トップページ | バーチカル・スピードライン? »