2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

依頼されてそのままにしてあったヒノキ

一応伐採して片付けました。

 サワラの樹脂胴枯病(?)を疑う所見。 ヤマ主さんは枯れたものとみなしておられましたが流石に慧眼、葉は茂っていても根元から3mほど枯れあがって生きながら縦割れが進んでいました。 伐採時、3~5度ていど傾いた瞬間にツルが割れ、伐倒先端位置が3mほどもずれてしまっています。

 もっと丁寧に観察する必要があったように思います。

 カメラ操作がいつものようにいい加減で ワイド画面を縦にして動画撮影したもんだから、 画面の縦横補正がヘンテコなまんまです。

続きを読む "依頼されてそのままにしてあったヒノキ" »

2011年3月23日 (水)

3月23日水曜 曇りのち雨

寒い夜がつづく。
 定例の里山清掃を早めにきりあげ、そのまま浦和のNPOハウスへ。
 呼びかけがあったのは被災救援物資の集積場での仕分け作業。

Imgp1346 Imgp1340

 なんと森サポの仲間が先に3人も集結していて朝から格闘していたらしい。

 ほかに若い学生さんらしい年代の男女が6~7人、しかし、呼びかけ側のNPOからは誰もリーダーとして現場指揮に当たっていない様子でちょっと戸惑った。

 そういう事ならば と他人のNPOでの作業でもこちらで勝手に判断してどんどん行動。 爺さんパワーはイマダ衰えず up なんちって。

Imgp1343

 午後の輪番停電で市役所施設も停電となり、作業をうちきって引き上げた。

 

 

帰路、オンボロ軽トラの騒音と張り合うべく歌を思い出していたら、こんな古い歌まで出てきてしまった。

  こおれる月かげ 空にさえて 真冬の荒波 よする小島
    思えよとうだい まもる人の とうときやさしき 愛の心

  はげしき雨風 北の海に 山なす荒波 たけりくるう
    その夜も とうだい まもる人の とうとき誠よ 海を照らす

 消防や自衛隊の活動を思うと、なんとなくこんな歌が口をついてでてきてしまうのだが、元は賛美歌と記憶していたのに実はイギリス民謡という解説も目にすることがある。

 帰宅してネットに接続、いろいろと遊んでいたら同じメロディで明治のころに別のリリックがあったとかいう記事にめぐりあってしまった。

       磯の火ほそりて 更くる夜半に 岩うつ波音 ひとりたかし
         かゝれる友舟 ひとは寐たり  たれにかかたらん 旅の心
      
       月影かくれて からす啼きぬ 年なす長夜も あけにちかし
         おきよや舟人 をちの山に  横雲なびきて 今日ものどか

著作権は消滅しているとのことだ。

 前掲の詞にはどこかしら押し付けがましいモラルとか説教とかの臭いが潜んでいるように思うが、まあ、それこそが賛美歌の賛美歌たる所以と受け止めるべきなんだろう。

 後掲のリリックで同じメロディを口に乗せてみる。 なんだかこっちの歌詞だけを知っていたほうがずっと幸せだったような(笑)気がする。

 ただのボランティアの気分なんてのは、やっぱし宗教臭とは無縁であり続けないと、行き詰る・・・息が詰まる よね 
sweat01dash


      

続きを読む "3月23日水曜 曇りのち雨" »

2011年3月22日 (火)

3月21日 月曜 雨

Imgp1320

 時勢柄、すこしでも楽しい話題というのは自粛しておられる向きが多いようだけれど、一週間以上の間を喪に服したのち、ジェイソンさんの新作が公開されたです。
 今日になって きじとらさん経由で挨拶が回ってきたので こちらでも紹介して構わないということになったと理解してまふ。

■メッセージ
東日本大震災で被災された方々へは心からお見舞いを申し上げます
また、自分達に何か出来ないかと思い
チャリティーオークションやカービングショーなどを計画中です
詳細が決まり次第ブログなどで発表していきます。
一刻も早い救助と復旧をお祈りいたします。

■「ジェイソンさん」まどか☆マギカを彫る!「魔法少女まどか☆マギカ」 2011年03月19日

→ http://www.youtube.com/watch?v=tQOJk8ghn2s&feature=channel_video_title


			

続きを読む "3月21日 月曜 雨" »

2011年3月19日 (土)

3月18日金曜 晴れ

森の持ち主のOさんから頂戴した除伐白樫の木、現地でクローラーでトラックに積み込みわざわざ彫刻練習場に運んでいただいた。

 まさか と思っていたご厚意 しっかりと受け取りたい。

 週明けた木、金曜にヤマへでかけて彫刻用に立てることにした。



 
 

いくら44倍力のキャプスタンウインチを使ったとはいえ、かなりの重労働。

 思い切りいい汗をかいた。

続きを読む "3月18日金曜 晴れ" »

2011年3月16日 (水)

3月16日水曜 晴れ

福島原発はいよいよいけない様子だ。

Imgp1288  Imgp1287先日のムクロジ高枝おとしで拾ってきた木の実。

 家内に200個ほども剥いてもらい、どんな具合に工芸タネにつかえるか工夫をしている。

何故ムクロジの実がずっと枝についたままで鳥に食べられずに冬枯れているのか、その理由があまりよくわからない。

(材を器具の材料に用ゆる外、果皮の煎汁を洗濯用とし、種子を羽子の珠に用ゆ。)

 きっと、相当に不味い実なのだろうとは思うが、その中のタネは昔羽子板遊びの追羽根に使われただけのことはある硬い黒い丸いタネであることを再確認している。

Imgp1290
 ビニール袋がようやく半分ほどになったところで家内がギブアップ。 外側もかなり硬いものだという。

  袋の中にのこった実をみてふと思いついた

    ん・・・ これって顔を描いてみたら似合うかも♪

続きを読む "3月16日水曜 晴れ" »

2011年3月14日 (月)

3月14日月曜 晴れ

余りにも圧倒的な地震の破壊痕跡と 余りに無意味な原発専門家の空疎なNHK解説報道にハラワタが煮えくり返る思いを抱いて日々をすごしているのだが。

 だからと言って私に今何ができるか といえば、単に約束した作業を誠実に実行するだけ。

 それしかできないが、それをやることが私の務め と思い定める。

 今日の作業はムクロジの高枝落とし。

 無患子の名の由来を納得させる折損枝の防御層をつくづく観察。
 本職空師の杉田さんも見学に来られた。
 宮沢さんの応援もいただき暖かい日差しのなか木登り作業を繰り返す。

 昼食の弁当を買出しにファミリーマートへ。
 震災被災地への物資優先ということで、弁当の棚も食品の棚も随分と空きが目立つが、不思議とその空いた棚の空間に協和の満足感が呼び起こされる。

 帰宅して昨日のフェイスブックの画像に見入り またしても ほかに何かできないものか という甲斐ない思いはつのる。  

続きを読む "3月14日月曜 晴れ" »

2011年3月11日 (金)

白樫の森除伐 第4日(最終)動画を

Upしました。


午前中に2本とも伐倒し、午後の片付けをおこなっていたのですが、その作業中にとんでもない大地震が発生。

 暫くはゆれる大地に呆然と立ち尽しました。

続きを読む "白樫の森除伐 第4日(最終)動画を" »

2011年3月 8日 (火)

2011/03/08白樫材の伐り出し

昨夜の雨雪で今日の予定は大幅変更した。
 ウッドターナーの須田さんを迎え、白樫の森から得られる用材を伐り出してうちきり。
 久しぶりに私のMS260に65cmバーに(ピコミニ84コマ)リムを取り付け目立てて先日の白樫の切り株を切り直してみた。
 やはり重くてバランスが悪いが、須田さんみたいな033とか大型のチェンソーを持ってないんで、これはこれでしょうがない。

続きを読む "2011/03/08白樫材の伐り出し" »

2011年3月 6日 (日)

白樫の森除伐 第3日の動画を

UPしました。 

 このブログ画面の左ペインにピカサWebアルバムへのリンクを リギング作業メモ として 並べてありますが、その一番上が最新アルバムになってますんで、そこんとこ よろしくです。

 さて、今回の作業、いつものメンバーでいつもの手順ですが、今回倒した樫は75cmバーが無ければちょっと辛すぎる太さでした。

  こんなデカイチェンソー持ってるってだけでも流石! でしたけれど、これだけの玉切り作業をしたあとの、目立ての手間が心配 catface です。

 

 それにしても、左端の白樫、典型的な支障樹形のCo-Dominantな入れ皮してました。


続きを読む "白樫の森除伐 第3日の動画を" »

2011年3月 4日 (金)

白樫の森除伐第2日の動画を

Upしました。
 一番細い右端の白樫、曲がりくねって思い切り横に伸び、光屈性という簡潔な表現ではとても表わしきれないものを感じました。

  今回は基本的な伐採の知識についてコメントを入れておきました。

 ツルを切る最後の手順が追いツルのように働いていたことに気がついてますよね。

 もし参考にして役に立てて貰えたら幸いです なんちって  delicious

続きを読む "白樫の森除伐第2日の動画を" »

2011年3月 3日 (木)

フィールズ・オブ・アセンライ

アイルランドのサッカー応援歌みたいに広く知られている歌かと思うが、一昨日Upした動画の長さに丁度ぴったり合う5分ちょいのメロディだったので借用してしまった。
 無論、完全合法に借用ってことになってると思う。

んで
 その歌詞(リリック)をちゃんと調べてみたらこんな内容になっていた

By a lonely prison wall
I heard a young girl calling
Micheal they are taking you away
For you stole Trevelyn's corn
So the young might see the morn.
Now a prison ship lies waiting in the bay.

Low lie the Fields of Athenry
Where once we watched the small free birds fly.
Our love was on the wing we had dreams and songs to sing
It's so lonely 'round the Fields of Athenry.

By a lonely prison wall
I heard a young man calling
Nothing matter Mary when your free,
Against the Famine and the Crown
   I rebelled they ran me down
( I rebelled they caught me down
 と歌っているように思われるが・・・ 
Now you must raise our child with dignity.

Low lie the Fields of Athenry
Where once we watched the small free birds fly.
Our love was on the wing we had dreams and songs to sing
It's so lonely 'round the Fields of Athenry.

By a lonely harbor wall
She watched the last star falling
As that prison ship sailed out against the sky
Sure she'll wait and hope and pray
For her love in Botany Bay
It's so lonely 'round the Fields of Athenry.

Low lie the Fields of Athenry
Where once we watched the small free birds fly.
Our love was on the wing we had dreams and songs to sing
It's so lonely 'round the Fields of Athenry.

歌にあるように、1845年アイルランドのジャガイモ大飢饉のおり、餓える家族をもつ男がトウモロコシを盗んで投獄されたとか。

続きを読む "フィールズ・オブ・アセンライ" »

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »