2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 秦野ヒノキ除伐(第2日) | トップページ | 弘法大師が日本にもたらした »

2011年2月 3日 (木)

白樫の森

Imgp1029  Imgp1030

ワーク・クライム (レスキュー対応システム)

ヤマさん、大分なれてきた。












 

Imgp1031  

ペツルのSTOPでSRTラインを保持。 

 この先端に滑車をアンカーヒッチでビナ付け。

 滑車にはDdRTシステムを上げてある。

 

 

 ストップは11mmまでとなっているが、12.7mmのUS規格ロープでもちゃんと動作はする。

 
 

 

 

秦野の檜トップカット計算資料 #1、#2 

10日の木曜に少なくとも1本半は決着つけておく。

Hinoki1_2  Hinoki2_2

 

 

 

 
 
 

 

 今日の農用林、手入れしていない森の中。 ツタと棕櫚との藪。

 

Imgp1032   Imgp1033_2




 










 


 

 除伐を依頼された白樫の森。 24m以上。 80cmΦクラス 4本。

  Imgp1035 Imgp1034

 右隣の杉が とても小さく見える。




   

 小鳥たちに評判が良かったらしいガーディアンのアタマの上のバードバス。

Imgp1036

 

 

 

 

 糞が多い。

 とても 喜んでくれているようだ。

  また水を2L 足しておいた。



 除伐を依頼された白樫の森の脇に通う小径。

                    ひょっとして

1035_0 この道を 1035_1

  歩いている 

    めいちゃんと

     ばったり

      出会いそうな

 

         そんな夏の夜が
              記憶のどっかに、あったかも知れない 
 

1035_2 1035_3

 

 伐採する前に、なるべく多くの知人・友人にこの森をみておいて欲しい。


 

 そうは言っても、上から目線で やれ保存がどーたらこーたらと口にしたがる人たちとは 関わりあいになりたくない。

 ここは農用林。
 周辺は みな農地。 

 木の芽時に多量の落ち葉を散らす常緑樹は 日陰と落ち葉と2重の不都合。

 帰り間際に根元を車に傷つけられて不定根が露出している桜を伐採。 木工用とナメコのホダ木用とに切り分けた。 明日あたり地主さんにも持って行くことにする。

あー、I原さんのヤマのコナラも高さを切りそろえ除伐を進めておかないと、そろそろ畑を畝う季節になる。

« 秦野ヒノキ除伐(第2日) | トップページ | 弘法大師が日本にもたらした »

森を視る」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/50765843

この記事へのトラックバック一覧です: 白樫の森:

« 秦野ヒノキ除伐(第2日) | トップページ | 弘法大師が日本にもたらした »