2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

白樫の森除伐第1日の動画を(20110301追記)

Upしてみました。
 今回はあましウダウダとしたコメント、いれてまへん ってか、入れてる余裕がありまへん。

 前半(開始2分あたりまで)は下見のときの映像、以後が除伐作業の記録で、森の中の整理記録は含まれていません。

続きを読む "白樫の森除伐第1日の動画を(20110301追記)" »

2011年2月22日 (火)

白樫の森除伐第1日

 酔いどれ久米仙人さんが美女に誘われて地上に降りてきた・・・って訳ぢゃなくて残念なんだけど、久しぶりに仙人さん、あのブロック注射で堪えてきた膝の痛みからすっかり回復した姿を見せてくれますた。

 仙人さん、同じ退役技術屋で、元は森サポに居た仲間っす。

 今彼は家庭菜園農夫を目指していると言うけれど、退職後森林組合の仕事にも参加して色々な知識も身につけているんで そのまま田園だけに活動範囲を絞るってのはなんか勿体無い ・・・ よーな気がしてたっす。

Hpnx0020 Hpnx0027  

 同じ森サポに居た(る?)薪プロジェクトの堀さんも狭山のヤマオヤジの森などで色々活躍していたけれど、今度の白樫にはちょっと興味があるということでの助っ人参上 happy02 だったです。


(いきなり補足追加説明ですが、最初の写真右側、クライミングロープをまとめて自分より高い位置に架けてあるのお分かりかと思います。 写真には受け口を切った大枝が見えると思いますが、これを落下させるときに自分のロープに干渉されて引きずられ、大きな事故になるのを防ぐ という意味があります。)

 彼の八ヶ岳の別荘の薪ストーブ用に利用できるかも知れない という本当に活用路線びったんこの話にオイラもちょっとばっかしうれしくなっちまったですよ。

 伐った木が毎度そのまま腐るってんでは いったい何のタメの木登りだったかわっかんなくなっちまうでね ええ。

続きを読む "白樫の森除伐第1日" »

2011年2月18日 (金)

マクラメ・・・って?

なんだろ、それって と思ってたんだけどね ずっと。

 ボーグとか散々新宿に通い詰めた家内が、そこそこ上達した編み物のテクに魔法の一本針とか言うものがあるってことは知っていたさ think 。

Macrame1 Macrame2
  まあ いろいろとあるんだと言う事だけはしっていたんだけれど、ルーマニアの刺繍で「マクラメ」ってのが今御執心のテーマで、それが結構な造形であるってことに ちょっと驚かされてしまったんよね。

ん~と・・・ 何を言いたいというわけでもなく、単純に家内の編み物が上達したことにちょっとだけ感動したってだけの話。 ほんと、ちょっとだけ penguin だよ。

続きを読む "マクラメ・・・って?" »

2月16日水曜

 午前中はいつもの里山定期清掃。 実際、まだ雪に覆われた雑木林は普段よりよほど綺麗で静かだった。
 午後、川越緑のサポーターさんからの依頼で、雑木林でのチェンソー取り扱いについて講習行った。  実施にあたっては木びちっこの会の宮澤さんの補助をいただいた。
 講習用に資料を作成し配布し、1時間半ほどの実習をデモ。
 危険域の判定方法やバーバーズチェア現象に対応した追いツルでの伐採をデモして好評をいただいた。
 資料はなるべく簡易なものとして実際に体で感じてもらえるよう工夫した。
 捨ててしまうのも惜しいので以下に遺しておき、後日更なる充実を図ることにする。

続きを読む "2月16日水曜" »

やっぱし無事に

秦野での崖中ヒノキの特伐を終えることができた。
 まあ、当たり前の話ではあるんだけれど、具体的な細かい作業内容に技術の神髄がある。 そういうどっかのエライさんの言葉を実感しなおした4回の神奈川遠征ではあった。

また懲りない動画記録Up 暇な方は覗いてみてください。

 具体的に新しい/古いノウハウ・ドウハウはまた後日イラストで整理してみようとおもってます。

続きを読む "やっぱし無事に" »

2011年2月11日 (金)

一応無事に(20110211イラスト追加++他)

秦野の崖ナカ檜の除伐、ゴン太のほうは片付けた。

 ヤマさんの63cmバーが一発で間に合わない太さの檜で殆ど垂直に近い斜面に梯子を横に足場とした作業で、谷側から追いをいれるカタチだったので危険があびない状況。

周囲の電線足許の屋根、軽トラ幅ギリギリの通路という状況で、もとより根元から一発で横にできるスペースは無い。
 やっぱしアタマを詰めて短く軽くしてから横になってもらうっきゃない。
 その為には やっぱしオイラが登らなきゃなんない gawk 。

Illust110210_2  隣接檜の12mポイントをアンカーに8/85/8インチのステーブル・ブレードでブロックをカウヒッチ付け、少し離れた檜の根元に最初はポータラップを設定して目的の檜のアタマを吊り、ツルを折るための牽引をかけた。
 さっきも言ったけれど、周囲の電線や民家屋根の条件から「倒す」という作業にも大きな制約がある。

 最初の切断は、だからアタマから3mほどの位置。 振れ防止の小型ポータラップをターゲット受け口下にセットして安価なクレモナ12mmで下アンカーとして目の高さでツルを切った。

 気がつかなかったけれど、昨日の茶畑作業で愛機16インチ3711のソーチェンがボロボロになってしまっていて何も切れない とても檜なんか切れる状態でなひ。

 目立てしようとしたけれど、チェン全体がひどく損傷していて無理っぽい。

 諦めて3200の14インチでのトップカットになったんんだけれど、6m点あたりでの作業なのでとてもぢゃないけれどバーが向こうへ届かない。

 あー 参ったね。

 木の上で回り込みながら受けを切り、振れ止めロープをセットして追いを入れるのも回り込みながら という体力神経をすり減らす手順となってしまった。

 そのあとは根元から横にジワっと寝かす作業だったんだけれど、これがまた重くってぇ~参ったっす crying

 ま、参ったと言える作業をこなすから楽しいんだ ってこともあるワね ちょっこし smile

続きを読む "一応無事に(20110211イラスト追加++他)" »

2011年2月 5日 (土)

家内の秘密?

 一昨日除伐を依頼された白樫の森のアクセスと状況の確認に軽トラで出かけた。

Imgp1043
 

Imgp1038 Imgp1039

現地訪問も二度目であれば、最初に衝撃を受けた とてつもなく太い白樫 という驚き自体は収まっていたし

歩測で 樹高は22m程なのだと確認できたのだけれど

つくづくと見つめれば

 なるほどやはり

 実に立派な白樫の森。

 

 

 

続きを読む "家内の秘密?" »

2011年2月 4日 (金)

弘法大師が日本にもたらした

真言密教の中心的存在が大日如来と承ります。

真言宗 教主:大日如来 開祖:弘法大師 空海

 前回、ジェイソンさんの手彫りの不動明王、つまり大日如来の化身、の製作動画を拝見し、おいらも何時かは・・・などと不遜なコトを考えてしまったのですが そういう思いを突き放すような今回の大日如来像の手彫り動画 lovely

 まあ、無理なコトはやめとこう・・・ happy02 なんて吹っ切れそうな感じがしてきました sweat01

続きを読む "弘法大師が日本にもたらした" »

2011年2月 3日 (木)

白樫の森

Imgp1029  Imgp1030

ワーク・クライム (レスキュー対応システム)

ヤマさん、大分なれてきた。












 

Imgp1031  

ペツルのSTOPでSRTラインを保持。 

 この先端に滑車をアンカーヒッチでビナ付け。

 滑車にはDdRTシステムを上げてある。

 

 

 ストップは11mmまでとなっているが、12.7mmのUS規格ロープでもちゃんと動作はする。

 
 

 

 

秦野の檜トップカット計算資料 #1、#2 

10日の木曜に少なくとも1本半は決着つけておく。

Hinoki1_2  Hinoki2_2

 

 

 

 
 
 

 

 今日の農用林、手入れしていない森の中。 ツタと棕櫚との藪。

 

Imgp1032   Imgp1033_2




 










 


 

 除伐を依頼された白樫の森。 24m以上。 80cmΦクラス 4本。

  Imgp1035 Imgp1034

 右隣の杉が とても小さく見える。




   

 小鳥たちに評判が良かったらしいガーディアンのアタマの上のバードバス。

Imgp1036

 

 

 

 

 糞が多い。

 とても 喜んでくれているようだ。

  また水を2L 足しておいた。



続きを読む "白樫の森" »

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »