2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 日曜は下準備さ(101130 補記) | トップページ | 森に置いた森の精 »

2010年12月 1日 (水)

WesSpur から返事がきた

って、毎度の事だけれど彼らは丁寧で親切だ。

今回の問い合わせはバッキングハム社が電柱作業用に売り出している用具について。 疑問の内容は、クライミング用具の通販大手でありバッキングハム社製品を広く扱っているWesSpurが何故その用具を取り扱っていないのか という点にあった。

問い合わせは同社の連絡用リンクから以下のとおり

From: C-115810 Yoshiaki Naruse
Sent: Wednesday, November 24, 2010 01:56 pm PST (GMT-08:00)
Subject: Buck squeeze?

I found  a video of buck squeeze at buckingham (pn/483D)
Looks helpful tool to secure myself at top-cut spur work.
Do you sell this or similar tool on your web shop?
I suppose ART friction saver could be used for similar pourpose but Im not sure.  Can I hear your opinion?

best regards

----

返事は想定どおりの内容だった。

Update for Case #797 - "Buck squeeze?"

Yoshiaki -

No, we do not carry the Buck Squeeze, although I can get one for you if you would like. The reason we do not sell this product is that it is designed for use on telephone poles and does not work very well on trees. Most tree climbers prefer to use a friction saver with prusik (such as items CLI210 and CLI211 on this page: http://www.wesspur.com/Friction-Savers/friction-saver.html). This works much like the Buck Squeeze, but uses the climber's rope instead of a flipline so that the climber can lower himself to the ground rather than down-climb on spurs, and even retrieve the device from the ground. Hopefully this makes sense. It's a little hard to describe via email. Let me know if you have more questions.

オッケー、これにて納得。 
用具ってのは自分で考え、人の批判に耳を傾け、とことん納得して自分で使うか使わないかを決める。 アタリマエの話しだが。
んで、
最終的に残った疑問が
「んでは何故あの店でで取り扱っていないんだろう?」
 ってポイントへの答えが、アチラでは普通にフリクションセーバー+プルーシック+クライミングラインで同等以上のことを行っている ってことだったワケだ。

色々な意味で、用具を工夫するのは面白いし、自分の考えを専門職にぶつけてちゃんと考えを返してもらえるってのはありがたいことだ。

Hi Sean, thank you very much for your reply on my question about back-squeeze.
Your reply make me consent to understand flipline-prusik-climingline usefullness again.
I will not buy that for my porpose.

Best regards.

Yoshiaki Naruse.

 

んで。

 こういう応対を普通にしてくれる通販業者って、国内にはあんまし見つかりそうにないような気がする。

 なまじ専門用語じみた言葉や略語をふりまわしたりして判ったような事を言う人達にはいっぱい出会うけれども。

---- 今更だけれど ----

中学時代から苦手だった英語、特によく間違えた単語のスペルってのは、50年経っても未だに尾を引きずっているなぁ~と改めて思う。
 ま、五時脱痔が普通のアメリカやカナダ、オーストラリアのWeb掲示板をみれば、そんな瑣末なことに気をとられて黙ったままでいちゃつまんないって感じるわけだけれど。

 あ、今の、誤字脱字 の変換ミスね。 しゅまん。

« 日曜は下準備さ(101130 補記) | トップページ | 森に置いた森の精 »

リギング技術研修」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/50178878

この記事へのトラックバック一覧です: WesSpur から返事がきた:

« 日曜は下準備さ(101130 補記) | トップページ | 森に置いた森の精 »