2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 安曇野2010 第2日 | トップページ | イッツあ木霊ワールド(後編) »

2010年10月21日 (木)

イッツあ木霊ワールド(前編)

すっかり木霊さんのテクと感性とに魅惑されてしまった大会でしたが、このままでは勿体無いので、特集的な動画を作ってみました。

 

後編はまた週末に。 更に続編として音やん♪ワールドも企んでいたりしますです。

PCとかHD容量とか無料ソフトとかの限界もあるので、まあ、引退爺さんが遊ぶにはこの程度の仕上がりになってしまうんですが・・・
 チェンソーカービングの世界の深さ、広さ、面白さの一端を伝えることができたら、もう最高heart04 です。

« 安曇野2010 第2日 | トップページ | イッツあ木霊ワールド(後編) »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

音楽のテンポとカービングのテンポがとても良くマッチングしていて、もう~んマイッチンGood!でした。
あ、こりゃあ動画のタイミング合わせたな?と思いました。
もう~ん、凝り性なんだから~ん♪
この作品は、正直、カービングを始めて初めて借金しても買いたいと思った作品です。
これは個人で楽しむ作品じゃなく、公共性のあるところに納めるべき作品。
俺もそうしたかったのですが、T氏が買い取り保育園に置くというので納得納得!
こういう作品どんどん彫って、日本のあちこちに見かけることができれば、カービングの未来も明るいっ!

音やん♪
 実はこの落札の件では塾長に叱られましたrain
 塾長は、少しでも高い金額で落札させてカーバーに少しでも多く還元させたい というこころで見ていたんですねlovely
 私は、作品が広く人々に見てもらえる場に引き取られるのが幸せだと思ってたんですが、そういう次元の判断で落札退いてしまったのでは何時までたってもカーバーが可愛そうなまんまだろう という指摘をうけて、なるほど、自分の見方はまだまだ甘いなぁと後悔してたりします。

 自分で落としてTさんに寄付する程までの度量と財布の事情があったらよかったんですがねーーー coldsweats01

確かに塾長の言う事も大事な事です。
苦労してきたから発せられる言葉でしょうね。
俺もある意味、会社員で生活は成り立っているので、そういう所は大変意識が低いのかもしれません。
でも、このご時世収入も上がらず仕舞いどころか、低い会社と比べられては下げられるご身分、少しは売れる作品彫らないととは思うのですが、ついつい俺にしか彫れないものを彫るのが使命のような気がしてしまうのです。
成長しないなぁ〜!

なはは・・・ 私はあまし人の事言えないんで coldsweats01

 とりあえず、音やんの動画、Upしときました。
 週末はつまんない事でつぶれてしまうようなので、数日インターネットへのアクセスも途絶えるかと思いますが、とにかくお互い元気で自分のテーマに取り組みましょう。
 何故か安い演歌節がしみじみと沁みる秋の夜です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/49807649

この記事へのトラックバック一覧です: イッツあ木霊ワールド(前編):

« 安曇野2010 第2日 | トップページ | イッツあ木霊ワールド(後編) »