2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« チェンソーカービング | トップページ | 日彫展2010 »

2010年7月 3日 (土)

youtubeの動画 Waltzing Matilda を見て(2011.05.30補記)

 

思わず慣れない英語でコメントをつけてしまった。
# kobikiya 2 日前
This merodie reminds me a movie which tells about the world after the nuclear war. A nuc-submarine goes north to usa under a mission( I do not remember firmly) to retain rest world safe. A kind of tears or something comes up when my recalling the people's choice for thier each final days in that movie.

思いがけずレスがついた。
# patricia51fem 2 日前
@kobikiya You're thinking of the movie "On The Beach". starring Gregory Peck, Ava Gardner, Fred Astaire and Anthony Perkins. A very somber and geripping story of the last survivors of a nuclear war in Australia waiting for the radiation clouds that will wipe out all life on Earth. patricia51fem 2 日前

ああ、そうだった思い違いもあった 
# kobikiya 2 日前
@patricia51fem Oh yes... Thanks a lot pointing out my mixed-up memory of this lovely melody. At that era, some stories were written after this "On the Beach". I mixed up them with this movie. Some of other stories was like this, automatic-revenging nuc missle system aliving in dead city Washington still capable of killing south half earth completely. It should be terminated by human-hands. For that,some volunteer depart from melborn to washington. 1959 was it good to be young then

最後の?記号が抜けてしまっているけど意味は通じたらしかった
# patricia51fem 14 時間前
@kobikiya There WERE a lot of stories exploring a Post Nuclear exchange in those days. The other one you describe sounds interesting. If you ever find the title/author I would love to read it.

少し嬉しくなってまた返信してしまった
# kobikiya 1分前
@patricia51fem As I 've got old enough to forget those past. things Just thIis merody reminds me something still mixed up :-) I suppose the author was Komatsu Sakyo a Japanese SF story writer. In depth of mind, as its hopelessness of original story, it gives deep impact. I think I have said before, sorry repeating again, but each selection for their final days in this movie, the merry "Walzing Matilda" reminds me a thirsty to ever lasting peace on the earth. Thanks reading

気がついたらもう一つコメントが入っていた・・・
# Gigolo8 1日前 @kobikiya "On the Beach" was a great movie and a great warning of what could happen. Also it was very brave in it's tactful way of criticising the whole "MAD" (Mutually Assured Destruction) concept. Gigolo8 1日前

ああ、あの時代、確かにMADシステムという言葉を時事評論記事によく見受けたものだった。

 この歌のラストはかなりブラックな展開になっていて、死者の霊が沼のほとりを行く旅人に呼びかけるということになっているみたいだし。  あの世界全滅を描いた映画「渚にて」の主題曲として恐ろしいほどの深さをもっていたことに今更だけれど気がついたりする。

冷戦はもう終わったということになっているけれど、この明るい歌声が無惨に断ち切られる日の来ないことを私は祈り続けていたい。

何故かしきりにそんな気がした 骨休めの土曜日です。

---------

 MADシステムは核戦争での報復核攻撃システムの話だった。 この記事を投稿して 9ヶ月後、日本はそれこそ「MAD」以上にとんでもない事件を起こしてしまった。

 あの日から半年余、ワルチングマチルダについての私が返した最後のレスが残っていた。

@Gigolo8  Indeed! yes ! it was called MAD concept . Thank you very much for your comment back. May this song known to the world and may this merody reminds world about peace once again.

 便利快適な生活を追いかけ続けてきたこの50年への畏れが、この時の一連の私の投稿文言を祈りの形で結ばせることになったのかも知れない。

 MADで贅沢な平和から、原発に依存せずに維持できる貧しくとも健全な平和への切り替え。 

 いつまでも亡霊たちの歌に踊らされていてはならないだろう。

( http://www.imagesaustralia.com/waltzingmatilda.htm から借用 )

Once a jolly swagman camped by a billabong,
Under the shade of a Coolibah tree,
And he sang as he watched and waited till his billy boil,
You'll come a Waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda, Waltzing Matilda,

You'll come a Waltzing Matilda with me,
And he sang as he watched and waited till his billy boil
You'll come a Waltzing Matilda with me.


Down came a jumbuck to drink at that billabong

Up jumped the swagman and grabbed him with glee,
And he sang as he shoved that jumbuck in his tucker bag
You'll come a Waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda, Waltzing Matilda,

You'll come a Waltzing Matilda with me,
And he sang as he shoved that jumbuck in his tucker bag
You'll come a Waltzing Matilda with me.


Up rode the squatter mounted on his thorough-bred

Down came the troopers One Two Three
Whose that jolly jumbuck you've got in your tucker bag
You'll come a Waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda Waltzing Matilda

You'll come a Waltzing Matilda with me
Whose that jolly jumbuck you've got in your tucker-bag
You'll come a Waltzing Matilda with me.


Up jumped the swagman sprang in to the billabong

You'll never catch me alive said he,
And his ghost may be heard as you pass by that billabong
You'll come a Waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda Waltzing Matilda

You'll come a Waltzing Matilda with me
And his ghost may be heard as you pass by that billabong
You'll come a Waltzing Matilda with me.


« チェンソーカービング | トップページ | 日彫展2010 »

今日の佛草」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ちょっとビックリして、語学の苦手な私ですので何度も読み返しました。
幼い頃に観たグレゴリー・ペック主演の「渚にて」には確かにこの歌が
流れていた記憶があります。
でも、それが何故か大学生になってからはナンシー・シナトラが歌う
「End Of The World」とミックスされて、映画が記憶の片隅に留められて
いました(~_~;) 
私の方が若いのに、遥かに記憶が曖昧で...(^_^;)

「End Of The World」を聴いて、癒される!という人の声を多く耳にしま
すが、どうでしょう...背筋が寒くなる歌ですよね。
それも記憶の悪戯ですかね?久々に若かった頃を思い出し、好きな
ナンシーシナトラの方へとタイム・トリップしてしまいました(^^)/

YouTubeのナンシーシナトラです
http://www.youtube.com/watch?v=BoBsZKrMVJc&feature=related

きじとらさん、お互いに英語・・・外国語一般は(sad)苦手なままで卒業しちゃいましたですね
 「End Of The World」ってのはラブソングですから、もしかしたらそうゆー反応もアリなんでしょうかしら わかんなひですけどgawk
 ワルチングマチルダの歌の意味は昔はまるで判りませんでした。 こういう便利な今という時代になってようやく「ちょっこし」わかるよーな気がしてきたってところで(happy02)焦ります。
 全世界が放射能雲に覆われどこにも逃げ場がなくなった時、せめて少しでも自分の故郷のちかくに行き着いて死にたいという原潜北帰行組と、メルボルンの家に残ってガレージの中の愛車に乗ったままフルスロットルを吹かして窒息死を選ぶ初老のカードライバーと・・・ 様々な登場人物たちに、その最後の日の死に方の選択の自由だけが残されているというストーリーの記憶が胸苦しいままに思い出されました。
 英語はデタラメで思いつくままにキーを打ってしまってますんで、自分で読み返してもチンプンカンプンです(bleah)。 ごめんなさぁ~い smile。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/48784470

この記事へのトラックバック一覧です: youtubeの動画 Waltzing Matilda を見て(2011.05.30補記):

« チェンソーカービング | トップページ | 日彫展2010 »