2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 枕草子(パロディ木挽屋風味) | トップページ | 昨日のヤマ作業は »

2010年7月21日 (水)

明日のヤマ作業は

 予定通りOK田さんが来れば、午前中にI原さん畑隣の日照問題樹2本の枝下ろしを片付けて、ひきつづきA井さん所有農用林の立ち枯れソロの除伐を想定してます。

 定期里山清掃で少し前に気がついていたのだけれど、通行量の少なくない幅員4m未満の道路の、アスファルト舗装端に接する位置に生えていた目通り30cm径の赤(犬?)幣(つまりソロ)が今年春先に突然死(wobbly)を遂げ、幹が粉を吹いたように真っ白になってしまったとです。
 1年前に、これと同じ死に方をしたの目通り50cmクラスのコナラが15mほどの位置にあるんですけど、もしかしたらこの立ち枯れ、伝染性なのかな cloud

 コナラのほうは去年の夏に枯れたのに気がついていたけれど、特に道路にかかっている木ではなかったので放置しておいたんですよね・・・ 

その放置した樹も、そろそろ風ごとに大枝が落ちたりしてて、うかつに近寄るとキケンな雰囲気になってきているっす。
 実は、これと同じような枯れ方をしているソロは別にもあって、その他にも、極端に道路側に傾いて危ない太さになっている木がA井さん所有地内に数本あるんよね。

 今日の定期清掃では、これまでずっと放置観察していた件のソロの大枝が もういつ落ちてもオカシクナイぞぉ~ という感じがしたので私だけ別行動をとりA井さんの自宅を突然訪問して除伐了承をとりつけてきたとです。

 これまでにも業者さんたちが支障木処理を売り込みにきた事があるって言ってたけど、ヤマには金がかかるばかりで正直コマってしまっているし、領収書無しで請けるので あればコレコレの金額にするなどと申し出られるとそれだけで嫌気が差してきていた のだと言うことだったです。

 正直、地主さんの管理義務って事もあるんだろうと思うんだけれど、地域住民がこれだけ好き勝手に歩き回りゴミを捨てて苛めてきたヤマの木の話。  善管義務を言い立てる相手先は必ずしも地権者さんだけと言うことではないだろうって気がするんよね。

 だからこそ、オイラみたいな馬鹿がボランティアを気取って安全技術の粋を尽くした除伐作業をする意味がある・・・・ かどーかは知らないけど(catface

 好きなようにしてくれ と言うことなので、それぢゃ好きなように・・・って訳にゃいかんでしょどうしたってア~タ despair

 この農用林、枝を落として高さを抑制し、思い切り風通しを良くしておけば滅多矢鱈に枯損樹木が増えるってこともなくなるんぢゃないかと思うです まあ、根拠のない期待が半分以上ですけれど sweat02

 とにかく、明日一番は、依頼されているI原さんのコナラの枝を落として坊主に。

 これは冬までそのままにしておいて、季節になったら伐採し木工作家さんにお渡しします。
 これも無料奉仕だけれど、その作家さんから旋盤技術のノウハウを一部無料で教わるというメリットもあるので、あながち奉仕だけというワケでもない って訳で。

 んでもって、A井さんの立ち枯れソロについて、私流の枝下ろし法をOK田さんに見学してもらうツモリでいたりしてます。

----

 腐蝕のある樹での作業なので予想外の折損などを想定、万が一に備えて道路通行状態の確認は分担して貰うつもりです。
 基本的にアタマを吊って別ロープで元も吊り、切り離した大枝は横に振って地面に下ろすという以前からのやりかたをそのまま踏襲するってイメージです。

 帰路つくづくと状況を見るに、アタマの吊りがそれほどアテにならない、つまり高さの差を十分に取れないので吊り上げるという角度が確保できないって感じがしました。
 メノコで垂線から 60度程度に開いた枝。
 ということは、枝の自重の2倍程度の張力がロープにかかることになるので、12mmクレモナはなるべく新品を使い安全係数6以上 つまり概算荷重 200kG以下になるよう切り落とす枝の太さ長さを決定する必要があります。

 アンカーの取り方に支配される「振れ」を抑制する為に枝先端吊り点と同時にTAGラインをセットします。
Weight4times_2

 これには適当な倍力システムを入れオートブレーキを セットし地上アンカーで半固定しておく・・・ あ、明日は独りぢゃないんで参加人数によっては適切な保持方法を別にとるかもしれません。

 吊りロープのトップアンカーは隣接した健全な樹から直接とれれば尚可。 無理なら フローティングアンカーにするかも知れない。

 なんて、ちょっと面倒かも。

 

 やっぱし枯損樹にSRTロープを2重にセットし4倍荷重をかけて強度確認してDdRTで登るほうが時間的にずっと有利かも・・・

 

 

 

 切断点の吊りは枯れ木の幹(枝上部)にポータをスリング付けする。
 クライマーは基本的に健全樹のアンカーからV字ダブルクロッチングで空中アクセスする。

----

 ん? 大袈裟過ぎるだろう って?

 ん~ 大して高い樹ぢゃないからね、本当は簡単に処理できると思うんよ オイラも。
 ただ、それで済ませてはこの作業も単なる労働奉仕になっちゃうからね。

 参加メンバーの要望によってはここに書いた事と全く違うことをやるかもしれないbomb って怖さがあるのが私のブログの良い所?だったりしてます punch

明日、無事に帰宅したら写真とイラストをこのブログに付加する・・・かもしんないんで、その気のあるかた、もあ・ベターな方法論などのコメント、無料でよ ろし く です。

« 枕草子(パロディ木挽屋風味) | トップページ | 昨日のヤマ作業は »

今日の佛草」カテゴリの記事

木を伐る」カテゴリの記事

森を視る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/48936268

この記事へのトラックバック一覧です: 明日のヤマ作業は:

« 枕草子(パロディ木挽屋風味) | トップページ | 昨日のヤマ作業は »