2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 安曇野2010第三回チェンソーカービング教室 | トップページ | 上松原・下松原・・・(100703 補記) »

2010年6月26日 (土)

川越の森に(100626 ビデオ差し替え)

どーゆー訳か紅一点、カービングをやりたいと言う女性が初参加されました。 Mさん。
 以前にチェンソー安全講習は受けてあって、中身はもう忘れた~(coldsweats01) という豪快な方ですが、2週間ほど前の所沢、緑の森博物館フェスタのデモの折にお目にかかって川越で一緒に遊ぶという話になってました。

んな訳で
 この樹の曜日、24日の木曜は本職樵のO田さん、某団体関係者のYさん、カービング練習初参加のMさん、それに私が加わって4名の練習会になりました。

Cimg1458_2
 その前々日、里山清掃ボラ仲間から練習場が荒らされたというメール連絡を貰っていたので朝8時ごろから整理に出かけました。

 

 多分、先週、作っておいたベンチの下に隠されていたビニ本を撤去したので、その報復みたいな事だったのかと想像しますが もしかしたら訳のわからん環境病の人が暴れただけかもしれません。

 

 こっちの森を借りるようになって4年ちょっとすぎましたが、こういう嫌がらせを受けたのはこれで2回目です。  最初はたしか盗品バイクを掘り出 して警察に通報したあとのことでした。

 まあ、正直言えば心中は決して穏やかでありませんが、方法論も爾後の展開も考えずただ怒り力(りき) んで 犯人探しを妄想するのも愚かなコト。 私はそういって焚付る人たちのほうがもっと嫌だ・・・ なんて思うんですがね。

 故意としか思えない不法投棄に泣く地主さんの嘆きに通じるものを私も感じるわけですが、一年365日、一日24時間ずっと森を監視できるわけもな し、ゴミ拾いを続けるように倒された彫刻はもう一度起こすしかないって訳です。  ま、羽を折られたフクロウはもう元に戻りませんが。

 あ、機会があれば被害届くらいは出しておくかな。

なんちって catface

 参加メンバーのうちO田さんは本職の樵さんでクライミング・リギング志向なので、午前中はスローラインの練習をしてもらい、午後はウイーバーのクーガーサド ル(ベンチタイプS)でDdRTダブルクロッチングとリムウオークで遊んでいただきました。

 紅一点のMさんは28cm径の老け杉丸太でフクロウに挑戦。

Cimg1461_2  
 伐採師のYさん、急ごしらえのブリ縄で先月除伐樹の曲がり枝始末をしてから古典的なチェンを彫刻。
 材が乾いたヒノキだったので大分苦労してた・・・ ですね。

  突然の魅力的な女性の出現に、ご自分がオトコでもあった(かつては)ってことを思い出したみたいでした lovely

 
 

 この写真の中に、今度の東日本大会にぶつけるモチーフが混ざってます。

 ジェイソンさんの仲間に入れていただいてる以上は、やはり自分なりのメッセージをちゃんと発信する彫像に挑戦していきたいですし。

 あ、今回の日彫展、キジトラさんのブログにあるようにジェイソンさんの高笑いが響き渡るような作品がドン!と置いてあります。
 凄いなあ だけで済まないだけの「何か」がありますね。  見てるだけでうれしくなるような。  んでもって、ウン! と納得してしまうような。

---- ( 100626 写真他追加 ビデオ差し替え ) ----

26日、10時ごろになってヒマを持て余し再びヤマへ。

Cimg1466

 

 仕掛りのイメージを追いかけてみようとしたけれど、余りの蒸し暑さにへこたれて12時で退散。

 

 

 片手で大きな大根を持って左手を腰にまわし、豪快な笑いを投げる農婦のばっちゃんという雰囲気をだしたいと思うのだが

 

 

 

 

Cimg1472

 

   身体の反り方が若干不十分で不満が残る。

 

 

 

 

 

 

 

Cimg1483

 

 

 

 腰に回した左手はVサインとかマネーサインとかにしたら農業産直販売看板にしてご利益がでてくるかも知れない。

 

 

 

 

手にしている大根は青首ではなくて三浦・・・その特大種「おふlくろ」大根のつもり。

Cimg1473

 

 

 

 

 

 

Cimg1475

 ヤマに行くには、まずは暑さ対策をしてからにすべえ。

 明日はちょっと休憩してイメージを練り直すことにする。

姉さん被りの表現もイマイチだった。

 

 

 

写真と動画を無料のウインドウズムービーメーカーでまとめてみた。 
 このソフトまだイマイチよく判らんが・・・  

« 安曇野2010第三回チェンソーカービング教室 | トップページ | 上松原・下松原・・・(100703 補記) »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

ろくでもない行為には殺伐としたものと、行為を行った者に対して一種の哀れさを感じましたが、追加していただいた写真には癒されました。

私などはスランプになった時、「何でこんな事やってんだろう?」とか思う事も有りますが、成瀬さんの作品は明快に主張されていて凄いなと思います!

これが農家の直販所に有ったら、最高です(^o^)丿
並んでるものみんな新鮮に見えるの間違い無しです!!!
言い雰囲気出てると思いましたよ♪“もうちょっと背をそらした方が良いかな?”って、解るんですが・・・反らしたいんだけど、そこまでしかのばせないってところもアリだと思うし、ある意味“タメ”を感じられるので良いなあと思いました。

刺激されちゃタなあ・・・
ゴルフなんかやってる場合じゃないんだけど・・・
私も山形で会える時まで、グラマラスな女性の研究頑張ります(^^)v

初めての講習無事終わった様ですね、
これからも面倒みてやって下さい
よろしくお願い致します。

佐藤さん、おはようございます。
 今回の農婦は、あの豊穣の祈りに刺激を受けたものだってことはお分かりのとおり(good)っす。
 あの縄文女性像に反応するのに3年かかった ・・・って計算になるんですが、全国あちこちの大会でみんなから受けた刺激はどんどん構想を膨らませてくれちゃっていたりします(lovely
 今年は山栗さん5年の年季sweat01あけの年になりますね。 選手サイドから主催者を表彰する企み、一緒に一口乗ってくれませんか(happy02
 私は自分で伐採した桜で挽いた器に、バーニングペンの文字入れで感謝理由を記入しようと思ってます。
 ペンを持参しておいて、前夜祭に呑みながら皆さんに署名してもらうとかheart とか。

かすみかわさん、流石のM女史さんも終わりのころにはしっかりと疲れ切っておられたようでした。 ちゃんとご自分で彫ったフクロウを持ち帰っていただけたのは幸いだったと思います。
 今回に懲りず、続けていただけたらと思いますが、不器用な男達ばかりの集まりですので何かと不愉快な思いもあったかと・・・ まあ、これが私達の素顔ってことで笑って許していただければいいのですけれど(think

おおー、いいじゃないですか!大根ばあちゃん!!
Bあやも佐藤さんと同じく「ため」が感じられてよいと思いますよ~!
ウィンドウズムービーメーカーでの編集も凄いじゃないですか~!
Bあやも動画編集してみたいな~と思ってたんですよ。出張から帰ったらやってみようかな~!?

しかし、心無い輩はどこにでもいるもんですね・・・。こちらでは大掛かりな盗難の話などをちょくちょく聞きます。まいけるも何度か作品を盗まれたり壊されたりしているので、お気持ちお察しします。
仮免さんのことやから大丈夫だとは思いますが、めげずに頑張ってくださいね!!

 Bあやさん、ゴミ拾いをやり始めてもう8年、随分と嫌がらせを受けてきましたが地主さんたちからの感謝も受けてきました(confident)。

 Bあやさんが紹介されたカリカチャー本で宮城の佐藤さんの縄文女性のイメージが私なりの姿になりました。

 この太さの材を確保するのが結構辛いので、あと2体試作やったら当分のあいだオアズケになります。
 根曲がり杉のゴン太材を安価に入手できれば・・・と思うんですが、なかなかsprinkleです。

まぁ、憤りはごもっともです。
が、しかし、私も年齢を重ねてきたせいか、黙って黙々と立て直し、折れた翼を労わり、ご自分の姿勢を崩さず穏やかな心持でいる事が、新たな犠牲の生まれぬ一番の攻撃ではないかと思われるのです。
先週の秋田は32度にまで達しました。
山形はもっと暑くなるかもしれませんから、体に気をつけて楽しみましょう!

音やん、人物像ってのはほんの少しのバランスが目だってしまうし、デフォルメしない正直な彫像でその感覚は信じられないくらいに鋭くなりますね。
 そういう意味では基本のキが永遠の課題になる・・・ってえ世界ですからして、オイラにとっては先が長過ぎるかなー なんちって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/48722039

この記事へのトラックバック一覧です: 川越の森に(100626 ビデオ差し替え):

« 安曇野2010第三回チェンソーカービング教室 | トップページ | 上松原・下松原・・・(100703 補記) »