2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 先日のバランサー作業解説図(100616イラスト修正 ) | トップページ | Bあやさん推奨のカービング参考書 »

2010年6月14日 (月)

Ekkaさんからのコメント(サイドロープ図解)

オーストラリアのアーボリストで Tree World の主催者であるEkkaさん、時々このブログにコメントを下さる。 有難いことだけれど、英語のハードルはやはりキツイものがあって中々コメントに応じた記事を書くことができていない。

 今回のEkkaさんのコメントはサイドロープテクニックについて動画をこさえたのでこれを広く伝えて欲しいという内容だった。
→ 公園で行われたサイドロープ手法のデスクトップ・シミュレーション動画

この意味は判る人には実によく判る話だと思うし、実際にこのサイドロープ(ヒカエロープ)テクニックをつかっている人も日本のアチコチに居るんぢゃないかな? と思うんだけれど、探してみた範囲ではこれを広く公表している記事にはおめにかかっていない。

 つまり、知っている人は知っているけど、知らない人は知らないまま・・・ っていつもの林業的知識のカタチになっているのかもしれない。

樹の傾斜と受け口の話は以前にも触れたことがあるけれど。

 要するにこの動画が伝えたい内容には2つの要素が混在している。

 1つは傾斜木の伐倒での受け口方向補正の話。 これをEkkaさんは "Gun" テクニックとして説明しようとしているのだけれ ど、時々コメントを寄せてくれるだん さんのブログがキレイに図解していてわかり易い。

 もう1つの要素は傾斜木でのツルの補強という話。

1334  つまり、傾いた樹の伐倒方向を重力方向とは別に誘導しようとしたとき、そのツルがどこ まで保つかキワドイ事例への対応方法としてロープを利用するテクニックの話。



 Ekkaさんは テーブル上で工夫した傾斜木の受け口モデルでサイドロープの説明をしようとしてちょっと失敗している所があるように見受けるが、 この実演失敗(?)自体は大したことではない。 

 つまり、このテクの有効性にはなんら疑問がない。

 

だんさんのブログ内容とEkkaさんの動画を合わせて木挽屋なりにイラスト化すると、このサイドロープテクニックというのはこういう具合に説明する ことになる。

(100616 イラストに2点鎖線を補助線として追加、差し替えた )

さて・・・ まだ雨が降り続いているんで別ネタのイラスト解説をするべえかどうすべえか。

このレベルの解説をしたものが普通に文書化されていて不思議はないと思うのに、探してもなかなか見出せないという不思議。

 安全教育って、いいのかね、こんなんで。

« 先日のバランサー作業解説図(100616イラスト修正 ) | トップページ | Bあやさん推奨のカービング参考書 »

リギング技術研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/48627518

この記事へのトラックバック一覧です: Ekkaさんからのコメント(サイドロープ図解):

« 先日のバランサー作業解説図(100616イラスト修正 ) | トップページ | Bあやさん推奨のカービング参考書 »