2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« あまり難しいことはわからないけど・・・ | トップページ | 3年越しの榎の除伐 »

2010年4月 2日 (金)

万博記念公園でのスタンプ・カービング

3月31日、表記会場にて5m高でトップカットされたポプラに「フクロウを彫る」作業を行ってきた。

Cimg0887

 この樹でのチェンソー・カービングを 発想  着想したのは公園の担当官だが、その相談を受けた 「NPOベスト」 の安田さん が、TCJジョンさんのヤマの加藤さんフクロウ彫像を思い出して関東の森田インストラクター経由で私に御指名が下ったものらしい。

 公園のような場にチェンソー彫刻を設置して貰えるという事は、実にカーバー冥利に尽きる話ではあるし、足場3m(←後日5mに訂正)をちゃんと組んでいただけるという事だったので喜んでお請けした。

Cimg0888

 5mの高さでもMS260の45cmバーが届かない径のポプラは、去年の台風で根返りを起こした一連のポプラの後始末・危険防止の意図で除伐さ れたものだという。

 さぞ見事な樹だったことだろう。

 カーバーだけれど木登り仲間でもある として歓迎してくれたベスト安田さん、和田さん、信原さん、西村さん、そして紅一点の伊藤さん達。

初対面でありながらこういう暖かい出会いを得ることができた不思議。

 やはり加藤さんが引き合わせてくれたものか・・・と熱いものがこみあげそうになった。

Cimg0889

 

 製作するのは最初からフクロウを という事だったので、フクロウの写真集を3冊持参し、漢字の「梟」そのものズバリの写真を見ていただき構図の了承を得たのが9時 半ごろ。

Cimg0893

 

 

 

Cimg0891_1

 

 実際にここまでの太さの材だとは予想していなかったので若干の戸惑いがあったが山形大会のゴン太杉根株のことを思い出しつつ、ほぼ大会ペースで進 行、3時に終了させることができた。

 

なによりも!

 ベストの若い面々が揃って今回の出来栄えを喜んでくれたのが嬉しかった。

Cimg0898

 

 公園の担当官もこのフクロウ像を新しい名物スポットにすると評価してくださったのも有難い話。 

 普段の生活目線のどこかに、たとえチラっとであって も、樹の彫刻が意識されるようになれば、それだけでも十分に嬉しいことだし。

 

 

 

 

P3310336

呼んでくださった皆様と足場の上で記念撮影。

(写真追加 100406 )

 予定どおりに仕上げ、撤収も皆さんが揃って処理してくれて なんとも楽チンなカービングになったけど、最後に伊藤さんデザインの手鋸収納脚絆のプ レゼントを受けてちょっと緩み加減の涙腺に刺激がきてしまったりした。

 やだねぇ ・・・ (catface

----------------------

さて・・・

 帰宅したのが木曜の午前1時ごろ。

 さあ まったりと時間を楽しむべえと思っていたら森作業のYさんから9時半に携帯へ定例の連絡が入った(coldsweats01) 

 いやはや この爺さん、オイラと同じで貧乏ヒマなし。 ってか、ヒマってのが嫌いな人種ってのがあるんかもしんない。

 預かっている(?)ヤマの手入れと木工作家のS師の素材白樫の玉切り積み出しとにほぼ一日を潰したりしたが、いざ帰宅という段になって車のキー閉じ込めJAFコールの顛末までついてしまって
 あれまぁ Yさん今からボケたりして・・・

 あまり他人事って気がしないってのが、 やだねぇ (catface

 特記したいのは伊藤さんから頂いた試作品の手鋸脚絆だけど、これは先行き商品化されるものと思うので写真などの余り細かい情報を勝手に発信してし まっては拙いだろうと おもう。
 これがどういう具合に商品化されるかまだ判らないけれど、身の回りについて自分でこういう工夫をする姿勢って大好きだったりする。

それにしても疲れ果てた仮寝から覚めてこんな時間になってブログを書いていたりする

 懲りないヤツだな~ オイラも

   とは思うんだけれど、満更そういう自分が嫌いぢゃなかったりするからして♪

   ホントに  やだねぇ ・・・ (catface

« あまり難しいことはわからないけど・・・ | トップページ | 3年越しの榎の除伐 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。素敵なフクロウ、これから公園の名物になっていくことと思います。クライミング等でもこれから交流お願いいたします。また、会える日を楽しみにしています。

和田さん、大阪では大変お世話になりました。
 帰宅してからtcjのhpをチェックしたらインストラクターの皆さんだった事を知りおおいに焦りますた。
 色々と有難うございました。

 昨日、私もようやくペツルのRIGと、ナイロンコアのダイナミックリギングロープ、ダイナソーブ1/2インチ径200ft を入手しました。

 ダイナソーブは破断荷重が10,500ポンドとのこと。
 スタティック同一仕様のロープと比較して20%動的制動能力の向上があるのだとか。
 本当の狙いはトップカット時の振動低下ですけど・・・果たしてドレだけ効果があるか(wink) なるべく具体的に体感してみたいものです。

万博公園にでっかっいフクロウが飛来したのですね♪
優しい表情でとっても素敵です!

そこまで来られたのなら、中国縦貫道を少し走れば西播磨ですよ~
更に足をのばせば美作♪
次回のエアブラシ&カービングパーティには是非ともおいでくださいませ~~

ホワさん、あのエアブラシ仕上げの猿の表情! いいですね。
 シャッターに描かれたフクロウの絵柄、宮崎さんの写真集「UralOwl」にあるものと同じだと感じるんですが、それを記憶してしまって大きな絵に落とせるなんて、それだけでも凄い才能ですね。
 
 それにしても播磨への道は・・・

 遠く静かに 揺れて♪ いたりします(汗)
→ http://www13.big.or.jp/~sparrow/MIDI-yamanokemuri.html

ご無沙汰!。私のNetはまだADSL!。重いので開く時は余裕がある時・・・何時も言い訳catfaceばっかり!。チョット多忙なので・・・。
 大阪万博の会場、遠い昔、「行ったな~」と懐かしく思い出し記事を拝読。デッカク(集合写真から大きさが推定)て素敵なフクロウ・・・公園に置くのはピッタリです・・・さすが木挽屋さんです。男冥利に尽きますね!。
 記事拝読し、感心したので書き込んでしまいましたよ~lovely
 

なんとスノートさん、HPずっと更新しておられないので、きっと別荘生活にまったりとしておられるものと思ってました。
 例のヒノキ、またしても年輪割れで挫折しそうです。
 やっぱし背割りを入れるとかのレベルでなく、芯去り製材して適寸角柱にしておいて乾燥させないとうまくないのかも。
 材はまた新しく伐る予定がありますんで、今度こそ割れのないヒノキで仕上げたいです。 終わったらブログに乗せますんで、期待しないで期待しててくださいねー(wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47971718

この記事へのトラックバック一覧です: 万博記念公園でのスタンプ・カービング:

« あまり難しいことはわからないけど・・・ | トップページ | 3年越しの榎の除伐 »