2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« Dynasorb? | トップページ | 明日の研修プランは »

2010年3月12日 (金)

明日のために(^^;

・・・っていうと明日のジョーでの丹下さんの名セリフ

    だったよ~な・・・

 土曜のリギング技術研修会の準備で木曜は白樫の枝下ろし。
 いつもの応援のYさんに助けていただいてなんとか片側の始末をつけることができた。

というのは・・・

 ギアを軽トラックに積んで現場に行く途中、スピードライン作業で使う大事なスリング・カラビナ・リギングプレートをいれたズタ袋が用具を積んだ荷台から紛失していることに気がついて一時は気絶するほどガッカリしてしまっていたから。

 紛失したのはコンビニで昼用のサンドイッチなどを買い込んだ時の事だったかも知れないが、とにかくあの重い袋がまるごとマルっと消えてしまい コツコツ蓄積してきた用具の一角が崩壊してしまったのは返す返すも惜しい、口惜しい crying  

 応援に来てくれているYさんの陽気さに救われた感じだったけど、とにかくこんな事でくじけて枝下ろしを順延してしまい土曜に遊びに来てくれる人たちに退屈な作業をさせるのは申し訳ない。

liveoak removal above a graveyard liveoak removal above a graveyard

 んなワケで。

 またしてもDdRT2つをセットして片側1/インチロープを保険用、11mmロープを登高用にしてYoYoInDRTで左幹に登り、右幹に移動して残りの枝を全て下ろした。
動画はそのときの最後の垂直枝を下ろしたときのもの。

 左側の湾曲幹は金曜の午後にでも下ろしておくことにし、遅い昼食を摂ったあと、見物に来た隣家のご主人のチェックもあって メシの後の作業は以前から依頼されていた腐れ杉(50cm径)を倒すことにした。

そのためには径25cmクラスのヒノキを先に倒しておく必要がある。

 いつものようにラインをかけ、30m長のクレモナ12mmをランニング・ボーリンで10mあたりの枝にかけ、台付けカラビナで折り返したクレモナにプラロック(!)9mmロープをプルーシック付フックで引きシロ確保してつなぎこんで牽引をかける。

 ヒノキは芯に丸い穴が通っていて住人だった黒アリがぞろぞろと這い出してきたのはもうすっかり見慣れた景色。

ひきつづき太い杉のアタマにラインをかけてみたが、これは頂上枝先が茂っていてロープへの置換えが難しく失敗。 そのままスローパウチを下の枝まで下げ、振り子にして枝を回り込ませて幹を巻くようにセットし直し。

 これが1時間もかかってしまった・・・

 んにゃ、実際には30分ほどだったけれど、心理的な時間はたっぷり1時間だったね。

 Yさんは自慢の45cmバーで2度に分けて受け口をつくり、追いは普通の追い方でやはり2度に回し、あとは12m高でのプラロック牽引で引きずり倒してみれば、2本が仲良く並んでちょっと不ぞろいの割り箸みたいに寝かせることができた。

 ま、こっちの作業は後に回してもよかったんだけどね・・・

 なんかクサクサしていて今後のモチベーションを維持してゆくためには今日一日の達成感が必要だな と思ったかどーか、その辺りのことはよく判らない(^^)

ん・・・

 こんな文章書いても何にもならんけれどね。

 ま、こういう日もあるってことで。

« Dynasorb? | トップページ | 明日の研修プランは »

リギング技術研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47789255

この記事へのトラックバック一覧です: 明日のために(^^;:

« Dynasorb? | トップページ | 明日の研修プランは »