2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

あまり難しいことはわからないけど・・・

木との付き合い方について、勉強することばかりです。 なにか1つ学べば10の疑問に突き当たる・・・

今回の疑問、モトはこちらの記事から
⇒ http://www.treeworld.info/f6/landmark-tree-felled-brisbane-council-blunder-13422.html#post84974

 エコロジストとアーボリストとの違いにも少し目線がおよいだりしました。
 まぁ、こーゆーのは皆 その道の人たちから見れば当然のことばかりなんでしょうが。

ところで、この動画では根の生育状態の確認をするため手のかかる倒しかたをしています。

続きを読む "あまり難しいことはわからないけど・・・" »

2010年3月26日 (金)

旋盤でリギング?

昨日のブログの続き・・・みたいなモンだけど、今回の白樫ボウル材を旋盤にセットするのは、それだけでちょっとした格闘技的な感じ。

Cimg0843

 

 

 まずは玄関から旋盤室まで移動。

 

 
 直径57cm、44.8kGの素材は家内の体重とほぼ同じ。

 その扱いにくさも怖さも家内とほぼ同等 という・・・ catface

 ま、非力な私程度の純粋腕力ではとても処理出来ない仕事だから、大きな脚立を利用していつものロープワークでの設置方法を使うことにした。

 写真のようにバスマットを巻いた材をフローリング上でひたすら牽引。

続きを読む "旋盤でリギング?" »

2010年3月25日 (木)

暑さ寒さも 

彼岸まで って言うけど、もう彼岸も明けてるんだけど冷たい雨です。
 せっかくの木曜、私的には樹の曜日なんだけど(←現代風言癖!) なんせ雨ですからして、先日倒して短コロに切って引き取ってあった白樫の器をせっせと挽いています。

 とりあえずは昨日2つ挽いてみたけど、狭い旋盤スペースはあっと言う間に大鋸屑で満杯になります。

Cimg0817

 

 一発目が 1125G
 

 

 

Cimg0816

 二発目が 1259G

 二つともワシンのオイルフィニッシュ用オイルを塗ってみたんだけど、ちょっと刺激臭があって失敗したかも と若干の後悔。

 

 共に 約270mm φ
      105mm H
        4mm 厚(縁)

 生の樫で器を挽くのは今回が初めてです。

  最終的な歪み方がどうなるか・・・まだちょっとわからんちん。

 乾燥が進んで大きくひずんだら、そのカタチが蝶のように左右に広がるように中心軸と木目とをあわせておきました。
 問題になるのは底面の歪ですけれど、これは高台の底断面をテーパー気味に仕上げて簡単にサンダーで平面を出せるようにしてあります。

んでもって・・・

 

続きを読む "暑さ寒さも " »

2010年3月18日 (木)

軽トラ駐車場

これまで10年余り、大きなプランターに作り変えて桜ンボやらラズベリーやらを植えてきた玄関前の一時停車スペース、軽トラックならば十分に駐車場として使えるのだが、あれこれ作業に追われてその再改修はのびのびになっていた。
 今日は彼岸の入り。
 依頼されていた除伐は全て片付き清掃も済ませたので、ようやく自分のことにかまける余裕ができた。

 なので。

Cimg0813

 5倍力滑車を使ったロープワークとブルーシートとを利用して開花の済んだ桜ンボの木を6m引越しさせ、軽トラ駐車場の整備を行った。

玄関前に飾ってあるのは宝物の龍とピノキオ爺さんの彫像。

 このちょっと奥に丸太工房さんの俎板の上のタイが天井から吊ってある。

続きを読む "軽トラ駐車場" »

2010年3月17日 (水)

14日の研修会の動画CDを

参加された小川さんから頂いてしまった lovely

 んなもんで

 早速Upしてコメント記入しまくったりしてる(笑)

白樫リギング研修会Ogawaさん撮影
白樫リギング研修会Ogawaさん撮影

Cimg0790

とりあえず昨日の作業、なんとか目的を達成できた。



 

今日は 午前中の里山清掃ボランティアのあと、午後からは昨日倒したコナラを玉切りって始末をつけ、竹矢来を撤去、掃除、補修。

 

 

Cimg0796


 コナラも白樫も、更には杉丸太もヒノキも どれも虫が入ったり腐れがあったりする本当の自然のカタチのままの材。

 

Cimg0807

 
 

 簡単に玉切ったように見えるけれど、MS260のバーが届かないコナラ。

 

 芯の色が飴色で異常に堅いような感触。 あまり見たことがないけど、鰹節みたいに堅くてチェンソーの砥ぎで往生する。

続きを読む "14日の研修会の動画CDを" »

2010年3月16日 (火)

研修終了後の白樫伐採

交代でYoYoInDRTを体感していただいた研修では、午後に木の裏側からのスピードライン始末を見ていただいた。 

 流す上で 障害のない方向 というものがまったく期待できない状況ってのが普段の状況だから、流す枝の大きさを押さえる必要が納得できる内容になったように思っている。

 トップカットでは保険に使っていた第二DRTラインが吊り下ろしロープと絡み合ってしまいデッドロックを起こしてしまった。
 ベテランのYさんがアンコウの吊り切りのような具合に釣り下がった樹冠部の枝を切り分けて整理してくれたので、2本のロープがどこでどのように絡んでいるのか見通せるようになり、降下して簡単に絡みを解除できたけれど、第二DRTの始末方法については今後よく検討しておく必要がある事を改めて感じた。

----

 研修翌日の日曜には普段のとおりのソロ・リギング。

Cimg0695

 午前中をロープ設定の試行錯誤で潰し、午後になってようやく湾曲した幹を吊り下ろして一段落とした。

 写真を撮ってみた。

ちょっと迫力の無い景色 にしか見えないのが残念。

 

続きを読む "研修終了後の白樫伐採" »

2010年3月14日 (日)

昨日の今日・・・

昨日は合計4人のメンバーが一緒に遊んでくれた。

 元々リギング登高ってのは通常のロープクライミングと違ってて、アンカーの上までスパーとランヤードと腕力とで登るもんで、全身に緊張した動きが入るし、18m高での手鋸切除、そして木の裏から流すスピードラインのスリング吊り枝の横幹引っ掛り解除の動きなどを含めると相当な運動量になった。
 参加してくださった皆さんから頂いたメールの様子では、今回の目的はほぼ達成できたかも・・・と言っても多少はお世辞とか気遣いとか挨拶とかがあったかも しんない。

Cimg0683 

 

 安全優先、休憩優先の研修だったのでいつものとおり予定作業の仕残しがあった。

 んなワケで。

 
 
 

続きを読む "昨日の今日・・・" »

2010年3月12日 (金)

明日の研修プランは

 雪で別プランが潰れたこともあって、明日の作業のイメージを絵にしてみた。

Plan100313a

 極く基本的なシステムだけれど、最初は湾曲した白樫の幹を、隣接した枯損コナラを利用して吊り下ろす。

その後は通常のトップカット、4~7m辺りまで寸を詰めたら通常の伐採。

時間があれば隣接する枯損コナラも伐採する。

最初のシステムのイメージはこんな具合

続きを読む "明日の研修プランは" »

明日のために(^^;

・・・っていうと明日のジョーでの丹下さんの名セリフ

    だったよ~な・・・

 土曜のリギング技術研修会の準備で木曜は白樫の枝下ろし。
 いつもの応援のYさんに助けていただいてなんとか片側の始末をつけることができた。

というのは・・・

 ギアを軽トラックに積んで現場に行く途中、スピードライン作業で使う大事なスリング・カラビナ・リギングプレートをいれたズタ袋が用具を積んだ荷台から紛失していることに気がついて一時は気絶するほどガッカリしてしまっていたから。

 紛失したのはコンビニで昼用のサンドイッチなどを買い込んだ時の事だったかも知れないが、とにかくあの重い袋がまるごとマルっと消えてしまい コツコツ蓄積してきた用具の一角が崩壊してしまったのは返す返すも惜しい、口惜しい crying  

続きを読む "明日のために(^^;" »

2010年3月10日 (水)

Dynasorb?

いつもアーボな技術の先導的な仕事をしているシェリルツリー社では、リギングロープとしてダイナソーブなる商品を展開している。

 常識的にアーボな世界ではバンジー性のあるロープ、ナイロン系、はあまり使われていないのだが、このダイナソーブってやつはアーボの世界でリギングに使えるダイナミック・ロープという触れ込みで商品展開されているみたいだ。

⇒ http://www.sherrilltree.com/Professional-Gear/Double_Braid_2/Dynasorb-Energy-Absorbing-Rigging-Line-1-2

続きを読む "Dynasorb?" »

2010年3月 9日 (火)

今日の山羊座は最悪なんだって?(YoYoInDRT イラスト追加)

なんちって・・・ gawk

 ま、事実としては体調不良、判断力不良。
 天候は真冬日に逆戻りとか 晴れたり小雪がちらついてみたり。

こ~ゆ~日にはっ!
       やっぱしリギングでしょ (catface

 オッソロシク古い壊れかけてる三脚を見つけたので、これで動画が安定するかドウガ・・・ smile 

 試したくてまた木に登ってトホホな枝下ろしをつづけてみた。

liveoak_removal_0639.wmv liveoak_removal_0639.wmv

で、ど~でした?・・・って   ア~タ

     

    ・・・ 星座占いを 信じますか?

続きを読む "今日の山羊座は最悪なんだって?(YoYoInDRT イラスト追加)" »

2010年3月 6日 (土)

雨でヒマをもてあます皆様へ(^^; 100307 追補

4月の陽気に誘われて昨日は「ほぼ」1日、懲りないリギング(スピードライン)に汗を流した。 またしてもミッキーに(申し訳程度だが)アルバイト料を払い、慣れないカメラでの動画撮影を依頼した。 

 まあ、こんな動画をUPするのはドウガしている(gawk)ってワケだが・・・

 十分なヒマがあったら、ちょっと見てけろ という程度の動画。
 よろしく。

 実際、教材やデモでは 無駄なくスッキリ効率抜群というお膳立てされたショウをみているしかないんでね・・・ ホントのところはこうやって架かり高枝始末とか、システム設定の位置変えやら始末時間などに無駄に潰れる時間も多いワケで。

最初は自分で撮影した川越の里山の現況。

フィールド概要0589.AVI 左DRT1の意味説明
フィールド概要0590.AVI 右DRT2の説明
フィールド概要0591.AVI 白樫へのアプローチ説明
フィールド概要0592.AVI 白樫傾斜と隣楢枯の説明
フィールド概要0593.AVI 風倒山桜周辺
フィールド概要0594.AVI 同じ運命?山桜 用語間違
フィールド概要0595.AVI 桜の隣のソロ
フィールド概要0596.AVI 枯損コナラ再
フィールド概要0597.AVI 本日作業の白樫

2010-03-07.wmv 2010-03-07.wmv
 最初のダブルクロッチDRTクライミング
    かなり体力の衰えた身故 DRTは余り好きでない・・・ 3月7日動画を差し替えた。
    無料ソフト Picasa v3.6 で2つの動画を連結、末端をクリッピング。
    なんとか編集ノウハウを勉強したい、その最初の一歩。

 途中ナレーションで桜の根について奇妙な造語を口にしてしまっているけど、単なる間違いなんで余り気にしないでくれろ。 本人はホントウは不定根と言っているつもりだったりする (catface

続きを読む "雨でヒマをもてあます皆様へ(^^; 100307 追補" »

2010年3月 4日 (木)

SRZって何さ?(聞き書き追加100306)

オーストラリアの樹芸家エッカさんが主宰するWebフォーラムで簡易計算プログラムの告知があった。 なんでも TPZとかSRZとか ってものを簡単に計算するんだとか。

 でも、SRZって、オイラには初耳で、それを計算すると何がどーゆー風に有難いんだか・・・見当もつかなかった。
 TPZ:ツリー・プロテクション・ゾーン
 SRZ:ストラクチュアル・ルート・ゾーン
なんだって。

 要するに木の移植などで根っこの周りを予め掘っておいてモッコなんかで巻いておく事が多いわけだけど、この寝巻き ・・・コホン、根巻き の径に関係するようななんかの寸法と、その木の幹の太さとの関係を割り出すものらしい。
 TPZってのは余計によく判らないけれど、実際にこのオンライン計算機を使ってみたら、なんだか木のドリップゾーンのようなディメンジョンの数値がでてきた。

ん?
 んーと・・・ですね。

  オーストラリアでも根巻きにモッコを使うかどーか

   って事までは知らない(catface)デス

細かい記事は以下のリンクを参照してください (このリンクの AS4970 って、オーストラリア・スタンダードって事です 日本だと japan standard ;http://www.jsa.or.jp/default.asp が相当?)

→ http://www.treeworld.info/f6/tpz-srz-as4970-2009-online-calculator-12641.html

こういう話題って、たぶん樹木医さんとかが詳しいんでしょうけど、日本でもこのテの連絡網みたいなのあるのかな。  あ、そもそもこういう計算方法なんかが国家規格として定められているなんて事があるのかな。

 ここでは→ http://www.jsa.or.jp/default.asp なんも見つからなかったですけど。

 こういうモノが国レベルの規格として議論されるアングロサクソンの文化・自然観と、そもそもそれに相当する表題さえ持たないままの日本のそれ との間には、どこか越えられない一線があるような気がします。

 ホントウのところはどうなってるんでしょね

----- 100306 -----

施業依頼側の知人から教わったことだけれど、日本では「東京都」が根巻きなどの施業の指針を出しており、それに準拠するカタチで日本国の施業基準が示される とのこと。
 進んでいるとされる東京都ってのは(おそらく)これらアメリカ・オーストラリア等の国家基準を勉強した担当官が体を張って密林に道をつけるような仕事をやってるんだろうなと思ったりする。

 これは公園などの造園関連技術の中の話なんだけどね・・・ 林業では果たしてどういう事になってるんだろう・・・

 基準・疑問へのアクセスさえ満足に出来ない・許されない「この国のカタチ」に首をひねること益々多し。

続きを読む "SRZって何さ?(聞き書き追加100306)" »

2010年3月 3日 (水)

とほほ・・・ほほ(--; (100303追補)

天気の変化に翻弄されているカンジがするけど、今日はなぜかあったか日和heart
なので。
なぜか朝はリギングを真面目にやろう! と思ったのだけれど
   ・・・ けれど、なんですね けれど。

 今回もスピードラインで枝流しをやったんだけれど、ま、それ自体は簡単な話ばっかし。

最初はサイトの確認。 右手のDRTシステム、左手のSRTシステム。 

予めスピードラインの台付けは処理済みとしておいて、必要なスリングやカラビナをズタ袋に収め、SRT側からクライミングアップしてランヤードでセキュアしておもむろに荷揚げシステムを設定。

続きを読む "とほほ・・・ほほ(--; (100303追補)" »

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »