2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 今日の山羊座は最悪なんだって?(YoYoInDRT イラスト追加) | トップページ | 明日のために(^^; »

2010年3月10日 (水)

Dynasorb?

いつもアーボな技術の先導的な仕事をしているシェリルツリー社では、リギングロープとしてダイナソーブなる商品を展開している。

 常識的にアーボな世界ではバンジー性のあるロープ、ナイロン系、はあまり使われていないのだが、このダイナソーブってやつはアーボの世界でリギングに使えるダイナミック・ロープという触れ込みで商品展開されているみたいだ。

⇒ http://www.sherrilltree.com/Professional-Gear/Double_Braid_2/Dynasorb-Energy-Absorbing-Rigging-Line-1-2

実際、スタティックロープでリギングする場合、動的制動をうまく処理できるグラウンドワーカーに恵まれているクルーってのは少ないものだろう。

 単にブレーキングかけてしまうだけのトップカットでは、樹上のツリーワーカーは毎回大きな衝撃と大きな揺れとに悩まされるものだけれど、ロープのほうは直ぐに参ってしまって変色したり繊維が千切れたりしてしまう。

 だから、あまり低くなってきた木でのトップカットってのは単位長さあたりの衝撃荷重が大きくなり、見かけと正反対にロープにとってはどんどん辛いものになってくる。

 そこで だ。

 このダイナソーブ(ダイナミック+アブソーブ)という常用荷重時(破断荷重の1/6 ~ 1/10)での伸びが3%程度 というナイロン芯/ポリエステル外被のロープを使うという選択肢が提示されたって事らしい。

記事によれば

 メーカーのエール社での実験で、約100kGの錘を落としてダイナソーブで受け止めたときの吊り点荷重が3トンだったのに対し、スタティックロープで受 け止めたときの荷重は10トンを越え、ダイナが6回の衝撃に耐えたのに対し、スタティックは一発で破断していたとのこと。

う~ん まんだむ。

 この手の話で一番に思い浮かぶのが、オッケー、わかった。 だけどそのロープで幾度の落下荷重に耐えられるのかな? という疑問だ。

 とは言いながら、こういうイチゼロの発想はもう捨てたほうがいいのかも・・・知れない。

 このダイナを使ったグラウンドワークで3%のバンジー特性さえ織り込んでおけば、通常の動的制動をより安全に行うことができるようになるかも・・・しれない。
 実際、ロープの破断を織り込んだリギング作業ってのは、やっぱし気分の良いものではないし・・・

参考記事:
Dynasorb
http://www.sherrilltree.com/Professional-Gear/Double_Braid_2/Dynasorb-Energy-Absorbing-Rigging-Line-1-2

Dynasorb Energy-Absorbing Rigging Line, 1/2"
What have we learned about energy absorption when it
comes to dynamic activities that test the limits of
ropes and wood?
For one, we’ve learned that tensile strength alone is
not all it’s cracked up to be.
For example, no one needs to spell out the result of
bungee jumping using high-strength cable instead of
(significantly weaker) elastic rope.
Although an extreme example, the physics are virtually
identical when arresting other falling loads, including
tree parts.
No, not because the load shouldn’t be injured, rather
to lessen forces capable of cracking an anchor point
or snapping high-strength ropes.
Not only are such shattering forces the inspiration for
modern tree cabling systems like Cobra and TreeSave,
but they are also the reason many arborists are choosing
Dynasorb for wood-dropping activities, too.
----
In another example, Jamie Goddard of Yale Cordage
recently demonstrated on video a drop test using a
220-pound weight tethered first with dynamic (elastic)
line and then with static (nonelastic) line.
Tensile strength of the dynamic line was 3 tons, while
the static line was 10 tons.
The dynamic line arrested the weight six times without
failure, while the static line snapped on the first drop.

Dynasorb is not drastically different from other arborist-
grade rigging lines, only a smidge more elastic, about 3%
within working-load range.
The first to really tell the difference (especially when
there’s ample line in a system) will be the climber.

If managed with a lowering device from below, the impact
will be noticeably softer.
The groundsman operating the lowering device will feel
little difference as well if letting the load run properly,
but in the event of yanking it to a stop, the difference
can be dramatic.
Dynasorb’s secret is in the core.
Inside is a special blend of high-strength nylon built to
come back to shape again and again for unbelievable
rigging performance, while the outside feels much the
same as other arborist-grade rigging lines.
Dynasorb is jacketed in 100% high-tenacity polyester
and is Maxijacket-coated for excellent abrasion resistance.

あーぁ なるほどなぁ・・・・
  そーゆー有難い話でこれが60m/$171 ってですか bearing

 隠居の身にしてみれば費用の話が出た瞬間に話だけで終わってしまう

 落語だったっけ
  どんな狂歌川柳でも下の句にピッタリ合う名文句

    それにつけても 金の欲しさよ think

  があるって言うけれど

   まっこと、 辛いのぉ・・・

« 今日の山羊座は最悪なんだって?(YoYoInDRT イラスト追加) | トップページ | 明日のために(^^; »

リギング技術研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47776879

この記事へのトラックバック一覧です: Dynasorb?:

« 今日の山羊座は最悪なんだって?(YoYoInDRT イラスト追加) | トップページ | 明日のために(^^; »