2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ペッツルのRIG? | トップページ | SRZって何さ?(聞き書き追加100306) »

2010年3月 3日 (水)

とほほ・・・ほほ(--; (100303追補)

天気の変化に翻弄されているカンジがするけど、今日はなぜかあったか日和heart
なので。
なぜか朝はリギングを真面目にやろう! と思ったのだけれど
   ・・・ けれど、なんですね けれど。

 今回もスピードラインで枝流しをやったんだけれど、ま、それ自体は簡単な話ばっかし。

最初はサイトの確認。 右手のDRTシステム、左手のSRTシステム。 

予めスピードラインの台付けは処理済みとしておいて、必要なスリングやカラビナをズタ袋に収め、SRT側からクライミングアップしてランヤードでセキュアしておもむろに荷揚げシステムを設定。

その上で幾本もの枝をチェンソーで切りスピードラインに流す作業。

 

別にどうっていうことのない日常的な作業になりつつあるんだけれど・・・

今回の動画は秘密兵器ミッキーに依頼して撮影。 ただし、本人初めてのカメラなので縦置き横置きの意味を取り違えてしまったみたい catface  しゅみまっせん、アタマを横にして眺めてみてください。

 作業がおわって一息いれて、ほよ~っ とおもった瞬間のこと。

 あーっ! やっつまった  だよ・・・

 竹矢来で養生しておいた筈の墓地の石灯篭・・・作業がおわって地上に降りて、矢来のアタマにからんだクライミングロープを整理しようと力をこめて波を打たせ引き寄せたら、なんと矢来が動きテコの原理で肝心の石灯篭を押し倒してしまった・・・・

 自分でも修理できそうな気もするけれど、墓地ってのは大切なものだからね・・・

こりゃぁやっぱし石屋さんに直してもらわんと・・・

 費用、どのくらいかかるかなぁ と地主さん宅へ話しに行ってみたら誰も居ない雰囲気。
 焦るなぁ・・・ こういうシッチュエーションって余計に。
 ま、明日 とにかく明日。
 今日は帰って糞して寝るべ。

 それにしても 困ったもんだ。
 最近はこういうケアレスミスや手抜きミスでのトラブルが増えてきそうな雰囲気。  本気でフンドシを締め直してかからんと 今に大恥をかくぞいなもし(←どこの言葉だ?)。

--------------

 今回のミスで石灯籠のようにコケ易いモノの養生の方法について認識が改まった。

 ○養生する材と保護されるモノとの隙間を十分にとること。
    石灯篭は竹の柱との隙間が5cm程度しかなかった。
 ○養生材の筋交いは、作業の都度、強度を確かめておくこと
    簡単に歪んでしまった。
    その特定方向に対し十分な強度がなかった。
 ○磨き石材の養生では毛布などで表面を保護しておくこと。
    玉砂利が敷いてあれば石材に傷がつくことはあまり無い。 
    石材同士が直接に衝き当たらないようにする。
    毛布などでの保護には十分に意味がある。

 そして

 スピードラインで流す枝先が他所の木に架かりそうな場合には「流す」のではなく、トップカットと同じようなシステムを作って「吊る」処理に切り替えたほうがより望ましい状況があることも<改めて>認識した。

 真下に下ろすのではなく横方向に牽引する場合はトップカットより一手間余計に手をかけてタグラインをセットしておく必要がある。
 これはドリフトラインと呼ばれる基本システムで、私も既に幾度となく使ってきているのだけれど、木に正面と裏とが出来てしまうような現場状況では面倒がらず積極的に活用する必要がある。

高い授業料になりそうだけれど、それだけ意味ある経験になったかも知れない。

 ん?

 そうね、これって やせ我慢 みたいなもん。

  くぅ~っ

    辛いのぉ~~ (weep

« ペッツルのRIG? | トップページ | SRZって何さ?(聞き書き追加100306) »

リギング技術研修」カテゴリの記事

コメント

師匠アイヤ~失礼
師匠と呼ばして下さい。
見たかったですよこれ、こうゆうの。
次回作楽しみです、
たまに入る撮影者のつぶやきが良いです

おーっ 誰かと思えば、誰だっけ(^^?
 あぅ・・・ あー あのオガワさんでしたか(lovely) あのボディスラスト得意のパワー満開おじさま(^^;ですよね。
 まだカメラにもYouTubeにも不慣れで幾つかの動画をUpし損なっていまして・・・ なんせ私の古いPCではハードディスクが満杯なもんで なるべく無料サービスに依存して保存することを企んでいたりします。
 今週の土日にはトップカット+スピードラインを幾つかやる事になりますが、ご都合よろしければご一緒に如何ですか。
 仕上げには55cm径の傾斜白樫と同クラスの枯損コナラの伐倒作業も織り込んでいますんで、無理のない範囲で参加いただければ(←うまいこと言って無料の労働力を確保しようと企んでいたりする)。

 よろしく! です

当日の連絡方法をお知らせくだされば作業場所までのご案内を差し上げます。
ご連絡は↓まで(期日限定)
owlofkawagoe@gmail.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47716870

この記事へのトラックバック一覧です: とほほ・・・ほほ(--; (100303追補):

« ペッツルのRIG? | トップページ | SRZって何さ?(聞き書き追加100306) »