2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ありがとう青い森 | トップページ | 寒すぎる日は・・・ »

2010年2月16日 (火)

バンクーバーオリンピックの(100217文言追加)

アイススケート競技、フィギュア・ペア部門のTV中継を見ている(←本当は過去形)。

 さっきからずっと coldsweats01

 ちょっと以前まで、こういう芸術的競技で先頭を走っていたのはソ連とかロシアとか東ドイツとかいう国々ばかりだったような記憶があるのだけれど、今年は中国の2チームがそれこそ美しく素晴らしい演技を見せてくれている。

 素人目には判然としないのだが、ジャンプとかスパイラルとかスピンとか、よくもまああれだけ優雅な動きが出来るものだと感じ入った度合いとそのチームの結果得点とが通じてくるものがある・・・(笑)と、ロクに判りもしない競技にもだんだん関心が深まってくる。

 まあ、TV中継解説であまり演技の中のミスをこまかく指摘されたりすると、つい音声を絞ってしまうような老齢頑固癖が出てくるんだけれどね・・・

 やたらに金メダルにばかりこだわる解説がいささか鼻につくのはご他聞にもれないはなしになるんだけれど、アップ画像を収めたくて選手のアタマを切った り、肝心のステップ場面で足元を切ったりするお粗末なTV画像スイッチ感覚にも普段なら嫌気が差してしまう事があるんよね。

 でも、このオリンピックのフィギュアスケート、ペア最終戦ではそういう細かい注文を抜きにして素直に画面を楽しめたのはラッキーだった。  演技中のプレーヤーは常に全容を映し出されていて恣意的なUpやらカットやらの嫌らしい演出は排除されている。 日本のNHKも少しはこの正直さを見習って欲しいもんだ。

 でもさ・・・

 力道山のプロレス番組を街頭TVで見ていたころ、フィギュアスケート競技ってのは、鏡のように磨いた氷の上に数ステップのスケーティングでカージオイド曲線とかを描き、その正確さを競うような内容だった・・・・審査では、その描かれた図形を細かく調べる数人のジャッジの頭が並んでいた・・・ような記憶が引っかかっているんよね。

 今でも探せばそういう競技はあるのかも知れないけれど、今更そういうものに金メダルを競う人気も無いものだろう。 *1

 時代ってのはそうした古い残渣を脱ぎ去ってどんどん進んでゆく ように見える。

 しらないけど(笑)

 時代の残渣といえば なのだが、ちかごろの鳩山首相の母親贈与騒ぎをみて、彼の国会演説に有島武郎の人柄を連想したりしたものだ。

 「生まれいずる悩み」「小さき者へ」などの佳作を世に送った作家・有島はその言葉と乖離した生き方死に方をした人でもあった。 
 親から受け継いだ大農場 を小作人に分配した彼の美学が、もし鳩山首相そのひとの美学に通じるものであったなら、彼の政治もまた、やがては彼の言葉と乖離してゆくのではないだろうか。

だが、未来について本当に判っていることなど 実は何もない。
 人が未来についてどんな夢を描けるか 歴史はどんな価値観の転換を用意して我々を待ち構えているのか。 

 鳩山首相のような、そうした苦労知らずの(?)おぼっちゃま君にしか描けない美しい理想というものこそが、本当は時代を大きく変える力になるのかも知れない。

 その未来には ちょっと怖い話が溢れているかも・・・ しらないけど(汗)

---------------------
*1

インターネット検索してみたらこんなサイトが見つかり
   → http://www.jsports.co.jp/tv/winter/skate_history.html
    まさに私の記憶の中のフィギュアスケートそのものが説明されていた。

   記事によれば、競技として消滅して既に20年・・・ だって。

------ 要旨 ------

現在のフリーに通じるダッチ・ロールとは別に、氷上の滑走跡(トレース)図形として描くことを目的にした競技も始まり、1892年に国際スケート連盟(ISU)が結成された時にイギリスが主張するこの図形競技が重要視され、これを受けて、「FIGURE SKATE(=トレース)」が競技全体の名とされるようになった。
 第一回の世界選手権以来、必要課題とされてきたトレースだが、1990年限りで競技会からは消滅し、競技名として名を残してい る ・・・ のだそうだ。

« ありがとう青い森 | トップページ | 寒すぎる日は・・・ »

今日の佛草」カテゴリの記事

コメント

覚えてますよ!
確か渡部絵美さんの頃はやってましたよね?
鳩山首相は確かにお坊ちゃんで、浮世離れした方ですが、少なくとも私利私欲の為に政治家をやっているとは思えないところが今までと違うところ。
でも、弟の方はもう少し大人になった方が…と思いますね。
兄を果敢に責めるより、自分を鏡に映してみて、あまり多くは語らずして目標に向かった方が国民の支持は得られると思います。
俺も黙って黙々と彫ることにするかっ!

お、おどや”ん・・・流石にバレリーナを彫ってきただけに敏感なアンテナと記憶をお持ちなんですね。
 鳩山さんに恨みは無いんですが、あの歳になったらもっと現実を踏まえて・・・と思う事も無い訳ではないわけで(笑)
 ただ、とことんレトリックをトレースすれば、現実を変えるものは現実を乗り越える夢の力、それが政治、ってことなのかもしれません。
 それだけに、コケて欲しくない って思う事ばかりです。 困ったもんだけど。
 あ、音やん、八戸からセレナに積んで帰った丸太でナニ彫るの?
 今後の展開が楽しみ happy01

音やん、丸太が無いと淋しくて○んでしまうの…
って、まずは東栄の練習と例の動物園に展示する用に考えています。
注文があれば一番良いんですけどね。
練習用には勿体無い…
今回は「大地の恵み」だから面白そうですね!
東栄は毎年テーマが変るから好きです。
自分のスタイルに合う年もあれば合わせづらい年もある。
でも、東栄のテーマは予想もつかないので、やはり面白い!
「貴方にとってのチェンソーアート」の年、出たかったなぁ~~~!

東栄は一昨年、東北勢の応援に行ったのが最初で最後でした。
 あのころから東栄も少し変化して人物像も評価するようになってきたようですが、オークションはちょぉ~っと ・・・(gawk)だったなぁと。
 まあ、わざわざ大変な思いをしてガソリンやら高速やらの費用かけてまで不愉快な思いをしに行く必要もないってワケですが。
 オリンピック出場の国母が言ってたけれど、誰がどう評価しようと自分は自分の滑りをするだけだ っての当たり前田のクラッカーでしょ と思いましたです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47582634

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーオリンピックの(100217文言追加):

« ありがとう青い森 | トップページ | 寒すぎる日は・・・ »