2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 3歩進んで・・・ | トップページ | 海外でのツリーワーク技術研修・・・?(誤記訂正100204) »

2010年2月 1日 (月)

去年の川越の風倒山桜が

木工作家の須田さんの作品になって送られてきた。

Cimg0220

 須田さんはスタビー1000(3馬力)の旋盤を自在に操る作家さんだけど、図体や風貌に似合わぬ繊細さも 兼ね 合せ持っているところがあるみたいだ。

   しらないけど catface

 これは元の桜の地主さんへお礼として届けることにしているが、ナチュラルエッジの器で材の始末に失敗すると、あとになって皮部分がシロタから剥がれ落ちてしまうことがあるのが心配になる。

 まあ、そういうこともあるんだけれど・・・


Cimg0221

 落ちたら落ちた時のことで、それも味の一部 というのが作り手の自然な意識だと思ったりする。

 とは言え、使い手に同じレベルの美意識を要求するのはちょっと難しいかもしれない。

 これからの 長い付き合いのなかで 残り短い人生のなかで、そうした事をちゃんと地主さんたちへ伝えることもヤマ仕事の一部になる・・・ んだろうと無理しておもったりする wink

--------------------

 そんなヤマ仕事の一部と言えば、先日の所沢糀谷訪問で、4年前のスタンプカービングの現状を確かめてきた。

Cimg0195_2

 

 遊歩道のガイドロープが不思議なコースを形成しているので、そのラインをおいかけてみた

 

Cimg0198

 

 
 
 
 

Cimg0199_2

 
 
 
  

Cimg0200_2

 
 
 
 
 
 

Cimg0201


 
 
 

 ここまで地元の皆さんに大切にされているとは思わなかった・・・

 
 
 

Cimg0202

 
 

 ここまでされては また今年も、更に力を入れたどんぐりを育てる会への協力をしてゆかなければ(汗)


 
 
 
 

 帰路、神社本殿に参詣したら、あの旅姿の娘像の足元に夏みかんが1つ供えられていることに気がついた。

Cimg0204

« 3歩進んで・・・ | トップページ | 海外でのツリーワーク技術研修・・・?(誤記訂正100204) »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

良いですね〜♪
娘像へのお供えに、なんとも言えない雰囲気を感じました。

置いた人の気持ちと作品の持つオーラが伝わってくるような写真でしたよ(^o^)丿

佐藤さん、有難うございます。

 モグラが地上にアタマを出したら、そこに草笛を吹いている少年が居た・・・りする雰囲気とか、 チェンソーカービング大会場へ行ってみたら、道沿いに豊穣への祈りをささげる縄文女性の像が置いてあったりする・・・ そういう雰囲気にトリコにされてしまったような気がしてます (o^-^o)

 もうじき青森カバミですね
  うっふっふ ( ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47449425

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の川越の風倒山桜が:

« 3歩進んで・・・ | トップページ | 海外でのツリーワーク技術研修・・・?(誤記訂正100204) »