2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

ペッツルのRIG?

勝手にリンクを張らせて貰っている「ロープアクセス技術の広場 Rope Access 」さんのブログで紹介されていたRIGっていうディッセンダー、去年購入してからずっと大きすぎて宝の持ち腐れにしてきた「ID」のコンパクト版かつ改良版 ということらしい。

 早速ぺツルのpdf資料と記事とをチェック。

 なんかよさげ。

 なによりも ロープアクセスさんのブログで 

 → 2010年カタログより、下降器のSTOPがカタログ落ちしました。さようならーー。

  って言ってたのが気になってしまった。
 時代は変わる。 改良は時代と共に進む。 過去の知識は頻繁に洗濯しなおさないとイケナイ。  でないと、自分だけがどんどん年寄りになってしまふ (gawk)。

  シェリル社の商品説明資料ではIDやSTOP、GRIGRIに置き換わるものだとか。
 なるほど、ペツルの動画ではヨーヨーシステムにRIGが使われている。
 これはモンダミン。
 一応とにかくちゃんとしっかり(catface)調べておかないと・・・

続きを読む "ペッツルのRIG?" »

2010年2月26日 (金)

伴塾2010@天平の森

Bandaiko


4月17日 安曇野でお目にかかりましょうheart01

 申し込み資料1(pdf) 申し込み資料2(pdf)

2010年2月25日 (木)

後遺症・・・

今日の練習会は安曇野の某倉庫(笑)でみてしっかりと記憶に焼きついた河童像の制作・・・ 但し、あくまで記憶を頼りのカービング。 
 未だにその記憶を引きずっているんで、これもやっぱし後遺症みたいなもん かもしれない。

Cimg0559

  

 Yさんにはフクロウの仕上げをお願いしたけれど、あくまでマイペースを崩さない彼の言うことにゃ、このフクロウでまだまだ遊ぶのだとか(gawk)。

  ま、いいんだけど (wink

 んでもって、自分のイメージの中の河童が彫りあがった。

 これで1時間半。

 

続きを読む "後遺症・・・" »

2010年2月23日 (火)

とほほ な枝切り

小さな枝を切るときにも慎重でなければならないのだけれど、切り落として大丈夫な位置関係にある枝では、いい加減な切り落としもやってしまうことがある・・・んよね。

Start0223

 

 ん・・・

 

 つまり です。

 

 

 

 こーゆー言い訳で始まるブログってのは まずもってロクなもんぢゃないんだけど

最初の写真が今日の昼ごろ作業をはじめた時の白樫

Last0223

 

 

 

 

 

 

 

 次の写真が 3時ごろに腕の疲れを自覚して作業を打ち切った時の記録。

 一昨日のチェンソーカービング・デモ、マジでガチンコやったもんで、完全に筋肉も萌えつきて ・・・ もといっ 燃え尽きてしまっていたみたい lovely でした。

  上の2枚の写真ですがね、どこか変わっているかってえと、これでも小さな枝を2本切り、中程度の枝を2本流してある ・・・  んですけどぉ(語尾上げ up

 わかるかなぁ~

    わっかんない ・・・だろうなぁ~(語尾下げ catface

続きを読む "とほほ な枝切り" »

2010年2月22日 (月)

辺野古の海は(100224+100519+120725補記訂正)

これから一体どのような展開になってゆくのだろうか。

 正直、米軍基地が沖縄に居座っていて良いとは思えない。

 バカアホ間抜けと言われようと、軍備に多額の国家予算を費やし続ける今の世界秩序が健全なものとは信じられない。 理屈を語るだけならどちらのレトリックももうウンザリするほど聞き飽き語り飽きているというのが普通の人間の感覚なのだろうと思う。

( 米国大統領オバマ氏がせっかく核廃絶へのトークをしたんだから、日本は米国・中国・世界への軍縮提案などもっと大胆にやって欲しいもんですよ いつまでも鳩山お母さんの話ばかりしてないでさ。 ホント、この時代に中国海軍が空母を新規建造してるって事にもっと敏感に反応してもいいんぢゃないのか・・・ なんて思ってるわけね。)

 チェンソー彫刻にのめりこんだのも、自分の祈る言葉を他の誰かに伝えたいという思いが切っ掛けだった・・・の か な ?。

 古いことは都合よく忘れているけど。

 まあ、かなり錯覚している部分があるのだろうけれど、その錯覚のなかに、ひょっとしたら 何か歌のようなものが生まれるかも知れないというなんとも青白っぽいものをいつまでも後生大事に抱えていたいものだと思ったりしている。

続きを読む "辺野古の海は(100224+100519+120725補記訂正)" »

2010年2月19日 (金)

ダイナミック・デセレレーションの訓練方法は

多分、どんなテキストをみても書いていない・・・ みたいです。

 当たり前だのクラッカー ってのは先日逝去された名俳優のデビュー時のギャグだったりして weep

 要するに、皆さんでテキトウに工夫しなはれ・・・ ってことらしい です。

 だからと言って現場的に訓練 なんてぇのはできっこないし。

 ♪ な~んでかっ

 理屈のわかっているツリーワーカーはグランドワーカーの作業をやりたがんないから sprinkle ・・・ってより、その有り難味を一番判る人間が実際の作業では樹上の人であり続けなきゃなんない って作業配分に陥りやすいからね。

 ん~

 よくわかんない?

つまり です。

続きを読む "ダイナミック・デセレレーションの訓練方法は" »

2010年2月18日 (木)

カエルのまつ

チェンソー彫刻はいつもオヤジギャグでテーマを決める。
ちょうど松の短コロが転がっているから、これを使って何彫るべ?

たとえば・・・ 蛙を彫ればマツ蛙
 ん~?
待っている蛙? 
  ということは?
    カエルのを待つ
      ・・・
 ん~ (catface

Cimg0520

アイデア枯渇。

  

蛙を松 で 彫る と

 

  ・・・ 

 

 

もしかしたら 面白いかもしんない punch 

   と思うことにした。

続きを読む "カエルのまつ" »

2010年2月17日 (水)

寒すぎる日は・・・

今日も雪模様を含んだ雲行き。
 ちょっと腰に違和感があるのと、軽トラを修理に出してあるカンケーで自宅に閉じこもっていたりします。

んでもって、今日のネタは
  昔のカービング用チェン・チューニングについての仏草(ブツクサ)です。

いきなし写真ですけどね・・・

0517_3


 やっつまったぁ~ crying  ってタイトルが似合う失敗でしたです。

続きを読む "寒すぎる日は・・・" »

2010年2月16日 (火)

バンクーバーオリンピックの(100217文言追加)

アイススケート競技、フィギュア・ペア部門のTV中継を見ている(←本当は過去形)。

 さっきからずっと coldsweats01

 ちょっと以前まで、こういう芸術的競技で先頭を走っていたのはソ連とかロシアとか東ドイツとかいう国々ばかりだったような記憶があるのだけれど、今年は中国の2チームがそれこそ美しく素晴らしい演技を見せてくれている。

 素人目には判然としないのだが、ジャンプとかスパイラルとかスピンとか、よくもまああれだけ優雅な動きが出来るものだと感じ入った度合いとそのチームの結果得点とが通じてくるものがある・・・(笑)と、ロクに判りもしない競技にもだんだん関心が深まってくる。

 まあ、TV中継解説であまり演技の中のミスをこまかく指摘されたりすると、つい音声を絞ってしまうような老齢頑固癖が出てくるんだけれどね・・・

続きを読む "バンクーバーオリンピックの(100217文言追加)" »

2010年2月15日 (月)

ありがとう青い森

年に一度のカバミ 今年は青森での開催でした。

 肝いりの菅岡さん、杉山さん、皆さん、本当に暖かく歓迎していただき有難うございました。
お蔭様で今年も抱腹絶倒七転八倒に笑い転げて楽しくカーバーズ・イヤーの始まりを迎えることができました。

 詳細は → http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe
この中の2つのスライドショウ(一応ですが、写真に説明をいれておきました)をチェックしてください

→ 初日 http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/mMWRpK#slideshow/5438251450633411234

→ 翌朝 http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/DqgCtF#slideshow/5438175913133910946

でもってからに・・・ ですね

 とても私の写真では伝えきれない会場の雰囲気、下手糞な見難い動画ですけど、ちょこっとだけ見てみてくださいな(汗)

最初は会場入り口に飾ってあった音やんの小さなプリマです

そして・・・

・・・ そして・・・ なのです

 更に! ですね 

 青い森カバミはどんどんと果てしなく盛り上がっていきまして・・・

 

 約束どおりUpしますたけど (^^; 
  これでよかった のだろーか・・・・・

続きを読む "ありがとう青い森" »

2010年2月12日 (金)

雪模様含みの木曜は

木曜だから木の曜日 good なもんで、いつものようにYさん来訪。
 所沢から搬出してきた杉丸太の小ぶりの材で1時間フクロウに挑戦していただいた(^^)

Cimg0296

 

 私は乾燥の進んだ杉で2匹の親子リスを製作。
 午後にNさん裏庭を訪ねて彫ったばかりのリス像を謹呈し、伐倒して庭先に転がしたままの白樫幹を4+1個に玉切りして拝領してきた。

続きを読む "雪模様含みの木曜は" »

2010年2月 9日 (火)

墓地上の双幹白樫除伐作業#1

一日暖かいという予報(だったかな)に励まされ、若干のこる風邪の尾っぽをちょん切るつもりで白樫前へ詣でたのが昼ちょっと前。

Cimg0250


 今回は登る前にブルーシート上でギアを利用順に並べて確認した場面も撮影しておいた。

 これまではアタマの中で済ませてきたチェック作業だけれど、やはりこういう手順は標準作業として決めておいたほうが良いような気がする。

 

Cimg0261

 とにかく枝葉が茂っていてアンカーがまったく見えないという極く普通の(笑)状況下、取り敢えず登高してスピードラインで枝を整理することから始めた。

 これまで気づかなかったけれど、コンパクトカメラで動画撮影ができることを発見。

続きを読む "墓地上の双幹白樫除伐作業#1" »

2010年2月 8日 (月)

国会中継を見ていて

自民党の野田毅、内閣の菅直人との議論を傾聴。

 立場は違えど共に国士か などと感心してしまった。

見終わって)妙に肩が凝ってるなぁ?と思ったら、昨日は久しぶりの相模原のツリクラ体験会サポートしたんだった

 37になった筈のわくわくさんの近況も聞けたので早速携帯で家内に連絡をいれた。
 素敵な仲間に囲まれて、自分もついついテンションが上がってしまふ(笑)

 え~と・・・

  そうそう、国会中継のはなし。

続きを読む "国会中継を見ていて" »

2010年2月 6日 (土)

風の日は・・・

Cimg0230

 

寒風吹きすさぶ日、ここ数週の風邪気味体調を言い訳に、屋外作業から逃げて(gawk)旋盤を回したりしている。

 旋盤作業ってのは非常に繊細でありながら、局面によってはチェンソー以上に格闘技というフェーズをもっている。 
 だから本当に風邪体調のときにはとてもぢゃないけど旋盤なんか回していられない。

残念ながら今日は 以前に粗挽きして歪具合を観察してきた器の幾つかに補正を加えるのが精一杯というところ。

続きを読む "風の日は・・・" »

2010年2月 4日 (木)

海外でのツリーワーク技術研修・・・?(誤記訂正100204)

実際にそこまでやるか? って話になるわけだが、WesSpur社で公開している有料講習内容をWebページに転載した。 

→ http://pabllo.cocolog-nifty.com/kobikiya/starrs.html

モジュール1~4がそれぞれ 2日かけて4万5千円。 
 モジュール1で教える内容はDRT,SRT,スパー、フリップラインだと。
 モジュール2の内容は樹冠作業、フットロッキングとレスキュー入門。
 モジュール3はレスキューを2分割して合計4日の講習になるらしい。
 (レスキューってのはちょっと自得できない技術だから、ここに重点がおかれているというのは実に論理的な組み立てだなぁと思う。)
 モジュール4がようやくリギングの初歩。

 スナップ・カットやジャンプ・カットなどのチェンソー枝打ち項目を挙げて教えているところを見ると、Beranekさんの流儀に沿った技術体系になっているようだ。
 Beranekさんの方法論ってのは単にバッサバッサと木を切るだけに終始して終わってしまってるんぢゃないだろうか。 ちょっと気になる。

TCJだとモジュール1を2つに分け、4日間かけてちゃんと教えているが、スパー登高は除伐前提なのでリクリエーションからは除外している。
 それなりにスジが通っているやり方だと思うが、ワーキングは完全に別! という組み立ては自分にとってはかなり残念。

モジュール5、6はそれぞれ3日間かけて一日あたり3万5千円。
こっちはリギングとか伐採とか。

 国内でこれと同じレベル・内容を教えている団体ってのは無いのかしら。

続きを読む "海外でのツリーワーク技術研修・・・?(誤記訂正100204)" »

2010年2月 1日 (月)

去年の川越の風倒山桜が

木工作家の須田さんの作品になって送られてきた。

Cimg0220

 須田さんはスタビー1000(3馬力)の旋盤を自在に操る作家さんだけど、図体や風貌に似合わぬ繊細さも 兼ね 合せ持っているところがあるみたいだ。

   しらないけど catface

 これは元の桜の地主さんへお礼として届けることにしているが、ナチュラルエッジの器で材の始末に失敗すると、あとになって皮部分がシロタから剥がれ落ちてしまうことがあるのが心配になる。

 まあ、そういうこともあるんだけれど・・・


続きを読む "去年の川越の風倒山桜が" »

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »