2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« この松、どうする? | トップページ | あの白樫は今?(091219 写真・記事追加) »

2009年12月11日 (金)

雑木林のバラバラ事件

実際、よくある事件なのだが いつも事件の真犯人は誰かわからないまま。
Barabara
 被害者はソロの木だったり、コナラの木だったり、時にエゴの木だったりする。

 風で倒れ周囲の木々を巻き添えにしたときは、あまりここまでバラバラになることはない。

 踏まれて傷ついた根から入ったものか、それとも風に折らたれ枝の傷から入ったものか、茶色くセルロース腐食が進んだ幹の上方樹皮には白く粉が吹いたように菌類の侵入サインが広がっている。

Solo

 針葉樹の立ち枯れではここまでアカラサマなバラバラ事件が起きることは少ない ってか、まだ私は直接にお目にかかったことがない。

 

 やっぱし広葉樹ってのは緻密な組織に豊富な栄養を蓄えていたってことなんだろうか。

 今回のバラバラ事件は、倒木予測のもとに予め小さなアオハダ、リョウブ、シラカシ類を切り払ったスペースに追いツルで倒した結果生じたもの。

 ・・・ってことは

 今回の事件の犯人は 私ってことになるんだろうか pig

→ 写真記録はこちらへ。

 このソロが死んだのはなんと今年の夏のこと。

 ソロソロ危ないな bleah と思っていたので強い季節風が吹きはじめる前に処理をしておいた。

 今回のブログの目的は 今のオヤジギャグ 手軽な45度迎角目測による樹高推定の話。

Treehightconif  よく使われる簡便法だけど、一応復習ね。

① 適当な長さの枝を片手に握り、手を伸ばしたまま、その枝の先端を自分の目の位置にくるよう調整する。

② 次に、そのままの姿勢で枝を立て、握った拳の高さを目の高さにあわせ、自分の立ち位置を前後に調整して枝の先端と梢の先端を一致させる。

③ 自分の足の位置から後方へ身長分下がった所が、「杉・檜のように垂直な木の場合での」伐倒先端位置になる。

んでもって、ですね・・・ 広葉樹や大きく傾斜した木の場合、以下の絵のように補正を加えるわけです。

Treehightlean

 無論、傾き方が逆の場合は違う結果になります。

  ん~ ・・・

  なんでこんな初歩的な話を(^^?ですか?

 レーザー距離計でピタゴラスを使うってことと、実際の伐倒危険域を決めることとの間にある理屈のステップを、ちゃんと追いかけておくほうがよさそうな人をみかけたから です coldsweats02 けど。

 なんてっても、今日は雨ですからね (catface) とにかくヒマなんです。

-----

 上の例で伐倒危険域を決めるとき、その木の傾き角θがわかれば、単に木の根元から梢先端までの水平距離 L をつかって、L/Cosθとして求めることができますよね。

Treehightleanx

 

 

 

 

 

 

 角θ  Cosθ   L/Cosθ
-----    --------   --------
 45° 0.707   1.4L    
 60° 0.5     2.0L
 75° 0.26    3.9L  

 Lを決めるのは、目的の木にスローバッグを投げ、梢からストンとラインを垂らして根元からスローバッグまでの距離 X をメノコで補正し L とすれば良いだけなんで、こっちのほうが実用的かなぁ~ なんて思ってます。

 でも、60°と75°差を判定するのは結構微妙ですね。

75°以上に垂直に立っている木では、一番最初のやり方で求めた H で十分なんぢゃないでしょうか。

0111

 

 

 

 

 

 

 

Cimg0013

« この松、どうする? | トップページ | あの白樫は今?(091219 写真・記事追加) »

木を伐る」カテゴリの記事

森を視る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46991985

この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林のバラバラ事件:

« この松、どうする? | トップページ | あの白樫は今?(091219 写真・記事追加) »