2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 雑木林のバラバラ事件 | トップページ | 驚いた・・・ »

2009年12月17日 (木)

あの白樫は今?(091219 写真・記事追加)

13日、里山清掃仲間の宮さんにグラウンドワーカーをお願いし、1ヶ月ぶりに傾斜白樫のアタマ伐りの続きをやった。

Cimg0027  
 但し、このところ色々とあって時間余裕があまりなく、当日午前中だけの作業。

 時々白樫のトップカットを面白がってみてくれる隣家の地主さんが、当日、巣箱の10個程度だったら所有地内に設定しても構わないYO と言ってくれたので、午前中は宮さんに簡単にポータラップの取り扱いを説明し、300kG程度の短コロを一発落とし、その後はイソイソと小鳥の巣箱架けの2連発 を処理した。

 できればそろそろ落ち枝拾いを始めておきたいんだけど、この隠居生活、時間があるようで不思議と足りないんだよね・・・ catface

 トップカットで全部片付ける前に、やっぱしこの白樫をちゃんと使う方法をきっちりと決めておきたいんだけど、なかなかこれだけの材を使い切るってのは大変だと実感。

 芯にシミが入っているけれど、決して悪くない材だと思うYO。

 それに、この写真で宮さんが腰掛けている短コロの太さ、器挽くには十分なサイズになっているとおもうし。

 ところで!

あの赤松は今・・・ (coldsweats01

Pb250539   一昨日さいたま市内の雑木林で少し太めのコナラ・クヌギを6本、全てトラクター牽引+追いツルで倒し、今日になって同じ地主さんの果樹園の赤松の除伐作業を行ってきた。

 

あ、忘れてた・・・ 道際の電線にかかっていた枝は丁寧に登ってちゃんと横に受けを切って素手やスリングを使って振っておろしてからの伐採だったよね。
Pb250517

 

 閑静な住宅地なんであんまし雑なことはできないし。

 

Pb250515

 

 クヌギの太め材

 根本直径換算65cm 切断上部直径45c

 ちょっと滲みが入っているけれど、器にする部分はちゃんと切り出せそう。

 伐採跡は雑木林の萌芽更新とのこと。

 稚木幼木はいつもの処理でテープでマークして残してある

Pb250532   

 

Cimg0029  
 なんとも贅沢なことに3名のクラブメンバーが応援してくれたのだけれど、肝心の自分の体力と見切りの悪さで能率はちょっとモンダミン (weep)だった。

 最初に入れ皮幹の補強を行ってからスタートするまではよかったんだけどね・・・

Pb250536   


Cimg0034  
 傾斜幹の始末手順で長い枝を切り下ろし、そのたびに地上に降りて枝・幹の動線確認をしているうちに午後になってしまった。

 
  
 
 

Cimg0035  
 んでもって・・・

 
 
  
 
 
 

Cimg0041 Cimg0040  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 たったこれだけの作業でも結構な疲れが・・・ 
   せっかく応援していただいているのに申し訳ない・・・けど、一応トップカットのテクニックとポータラップでのリギング操作はチェックして貰えたと思いますです。

 ツルを厚く取りすぎたのでチェンソーカットの後の手鋸追い口で実際にツルが切れるまで15分くらいミシミシと繊維の切れる音が続きました。
 凄い揺れで右のスパーがギャフアウトしたけれど、2重のランヤードと別幹からのDRTの安全策を計算のうちに入れてあったので至極快適と言えるような結末でした。
 枝幹の長さと地上高との見切りについては写真をお願いしておいたので後日このブログに追加できるかと思います。

 もっと実務的に能率を改善する方法、考えなきゃね。

---- 091219 append -----------------------------

12月18日 写真を頂いたので追加しておきます。

Pc170822  

最初は吊り下ろしでの地上高余地のチェックです。

 撮影してくれたのは森サポのK理事さん。
 応援してくれたのは同じくMさんとKさん。

 

 高さの目印にポールをたててくれているのが重機資格のカタマリみたいなベテランのKさん。

 

Pc170809   次が 取り付いた位置と・・・

( この写真での左の松の枝先、異常に短いワケですが、あらかじめここまで大枝を詰めておかないと幹は下ろせないと判断した結果です。) 

Pc170798

 

 詰める前の左幹の見事な松らしい枝ぶり・・・

 

 今更ですが、やはり伐るには惜しいような松でした。

 

Pc170818  

 切断位置 です。

 

 

 

 まるで厳密に計算してぴったりの位置で伐ったみたいに見えますが、先に話したように予め長い枝を切り落とし 枝先を十分に短くしておいてから の吊り下ろしでした。

Pc170824  

 

 水平方向に余裕があると言っても、垂直の高さでは枝先がわずかにネットにかかる寸法ですからね・・・

 

 

Pc180834

 

 あと30センチ上で切断しておくか、もうちょっとロープの張り方をキツクしておかないと・・・ と思って今気がついたけど、このクルーでリギングやるのは初めてだったです。

 

Pc180836  その上、私のチョンボで上のブロックでロープをデッドロックさせてしまい、その救援のためフィドルブロックでのリフトアップまで応援していただきました。

 幸い5/8インチロープは200フィートあるので、ランニングエンドをもって再登高し、デッドロックさせたブロックの上に別ブロックをセットして大枝4本をマトメたリギングプレートをリフトアップさせたり というお粗末でした。

 フィドルブロックと組み合わせたポータラップでのリフトアップ ってのも、皆さんは初めての経験だった筈ですし。

 それを全部ちゃんと受け止めてもらえた応援団って、最高です lovely


 このところ毎回、何かしらのチョンボを繰り返して意味ない登高のロスが重なっています。

 このあたりの見切りがまだ甘いかも知れないけれど、まずはグッドジョブだったと言えるのかな。

 応援、写真、色々と有難うございました。

« 雑木林のバラバラ事件 | トップページ | 驚いた・・・ »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

あらら・・・さいたまま市までフイールドにされちゃった!。コチトラはスッカリ百姓さんになりきってますけど・・・。
 本来は山が好きなんですけどね~。儘なりません。
 処で、20日は狭山に行こうと予定してますが、仮免さんはどの辺りですか?。
 巧く行けば逢えますか?

えっとぉ・・・ そちらのHPにコメントいれたんですが、先にスノートさんからメッセージ貰っていたんですね。
 失礼しますた。
 20日午前中は狭山へ顔を出します。 そのあとで急な呼び出しを受けた所沢の杉 かなり心配なので様子を見にいってみようかと思います。
 
お目にかかるの、久しぶりですね(happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/47045856

この記事へのトラックバック一覧です: あの白樫は今?(091219 写真・記事追加):

« 雑木林のバラバラ事件 | トップページ | 驚いた・・・ »