2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

♪今日一日が終わりだと♪西の空が溜息ついた?(写真追加)

Cimg0091 あ、知ってますよね?  松山千春の歌。

 残照

→ http://www.youtube.com/watch?v=cTaEFaaCOv4

 

 2009年の定期里山清掃、23日に今年度最終日を迎えたYO。

 2003年、一人きりで始めた作業だったが、これまで色々な人たちに誹謗中傷されたり支えられたりしながらも、なんとか来年、八年目に突入することになるってわけ。

 自然との付き合い方については、私とは全然意見の違う人も居るけれど、不法投棄ゴミを放置しておくことは地域荒廃への第一歩だと思う気持ちは同じなんぢゃないかと思っている。

 ありがとうございました、今年も一年間。

 有難うございます 来年もまたよろしく (wink

     なんちって(汗)

続きを読む "♪今日一日が終わりだと♪西の空が溜息ついた?(写真追加)" »

2009年12月21日 (月)

風強し・・・んでもって 何でタソガレ?(100101:追記)

091221_002 松籟という風雅な季節でもないだろうけれど、今日の北風は松の梢に鋭い音を突き刺して如何にも寒波の峠という朝の気象解説を納得させるものだった。

 毎回のチョンボにも拘わらずクラブのMさん、Nさんが今朝も応援してくださり、午前中の作業で下側松幹のトップカット吊り下ろしx1、切り落としx4を処理することができた。

今日の処理で、あの二本松は・・・

続きを読む "風強し・・・んでもって 何でタソガレ?(100101:追記)" »

2009年12月19日 (土)

驚いた・・・

ニコニコ動画の話なんだけれどぉ~

 世の中にはこういうセンスを持っている人たちが居る・・・

   って、ちぃっとも知らなかったなぁ

   こっちはまだアクセス1384だって。

  ホント 長生きはするもんだ(bleah)って言うけど、実はちょっとだけ疲れちゃった週末です。

 ところで、皆さんお元気ですかぁ?

 

 ・・・

 あぅ。 そ、そうですか。

    いろいろあって、皆さんも大変なんですねぇ (gawk

なんちって。

    でもさ、ニコニコ動画と言えばやっぱしあの方・・・

続きを読む "驚いた・・・" »

2009年12月17日 (木)

あの白樫は今?(091219 写真・記事追加)

13日、里山清掃仲間の宮さんにグラウンドワーカーをお願いし、1ヶ月ぶりに傾斜白樫のアタマ伐りの続きをやった。

Cimg0027  
 但し、このところ色々とあって時間余裕があまりなく、当日午前中だけの作業。

 時々白樫のトップカットを面白がってみてくれる隣家の地主さんが、当日、巣箱の10個程度だったら所有地内に設定しても構わないYO と言ってくれたので、午前中は宮さんに簡単にポータラップの取り扱いを説明し、300kG程度の短コロを一発落とし、その後はイソイソと小鳥の巣箱架けの2連発 を処理した。

 できればそろそろ落ち枝拾いを始めておきたいんだけど、この隠居生活、時間があるようで不思議と足りないんだよね・・・ catface

 トップカットで全部片付ける前に、やっぱしこの白樫をちゃんと使う方法をきっちりと決めておきたいんだけど、なかなかこれだけの材を使い切るってのは大変だと実感。

 芯にシミが入っているけれど、決して悪くない材だと思うYO。

 それに、この写真で宮さんが腰掛けている短コロの太さ、器挽くには十分なサイズになっているとおもうし。

 ところで!

続きを読む "あの白樫は今?(091219 写真・記事追加)" »

2009年12月11日 (金)

雑木林のバラバラ事件

実際、よくある事件なのだが いつも事件の真犯人は誰かわからないまま。
Barabara
 被害者はソロの木だったり、コナラの木だったり、時にエゴの木だったりする。

 風で倒れ周囲の木々を巻き添えにしたときは、あまりここまでバラバラになることはない。

続きを読む "雑木林のバラバラ事件" »

2009年12月10日 (木)

この松、どうする?

さいたま市内での伐採依頼は今回が初めて。
Jointpine_0
  初めて写真を見たとき、ちょっと危ない角度だな?と思っていた松の双対幹の現物を確認してやや落胆した。

 不幸なことに予測はあたっていて見事な入れ皮:コ・ドミナントに生育してしまった12mクラスの赤松 元径62cm。

 下手な合成写真ではあるが入れ皮生育の記録を残しておくことにする。



 
 

 それにしても!

 です。

 

 この幹下にはネット囲い域やブルーベリーの小苗が植わっているので、アーボな技術を使っても普通に下ろす場所がまるで無い・・・  んよね。 

 

 

 

続きを読む "この松、どうする?" »

2009年12月 7日 (月)

KISS さて、どうなる?

先日の「どんぐりを育てる会」イベントで依頼された住宅地内の枯れ檜始末、日曜に再度の下見をしてきた。

Cimg0094  生憎依頼主さんは不在で単に写真撮影をしてきただけだったが、やはりかなり怖い(未経験の)部分があることを確認。

 あまりシステムを複雑にせず、KISS ( Keep It Simple Stupid ! ) を励行してゆこうかと思う。

 撮影中にクラブの某氏とすれ違う。

 特に活動日ではなかったのだけれど、水源涵養地周りの皆伐地跡に植林するコナラ・クヌギの畑の面倒を見にきていた様子。

 
 

0098_2  トップカットを行う上でのポイントは、この枯れ檜がどこまでの荷重に耐えられるか ということになるだろう。


 
 

もし実施するなら、 約2mで隣接する背の低い生きた檜とのダブル・タイイン(但し、枯れ檜のアンカーをメインにする)で風などの煽りに対して備える牽引ラインを設定しておくことが有効だろう。

 但し、牽引の台付けにはかなり微妙な配慮が必要。

続きを読む "KISS さて、どうなる?" »

2009年12月 6日 (日)

川越のキノコ博士が(091207 一部編集)

本を出した。
 博士(?)の名前は柳沢さん。
 書名は「日本のキノコ262」 文一総合出版から¥1050。
Photo

 柳沢さんと初めて出会ったのは4年前、道から強引に雑木林に入り込んでいる車をみつけ、そのそばで写真を撮っている不審人物(汗)に声をかけたのがきっかけだった。
 その時は、近くに公共無料駐車場があることを教えてそれっきりだと思っていたのだが、毎年同じヤマで彼の姿をみるようになってキノコの分布や農薬散布とのかかわりなどで話を聞くことができるようになったのは またつい去年あたりのこと。

 教わってみればキノコと木との共生関係の奥の深さに目からウロコの幾枚も落ちる思いがすることばかり。

続きを読む "川越のキノコ博士が(091207 一部編集)" »

2009年12月 4日 (金)

墓石の竹養生

 これまでの木登りで、意図せずに大枝を落とすという事故はおかしたことがない。
 しかし今回の除伐では、10mあたりから上、地上から見通しの効かなくなる18mあたりまで、檜や樫の枯れ枝がある。
 うかつな事をしなくても、意図しない落枝ということは起きそうだし、幹を下ろしたり枝を流したりする過程で枯れ檜の枝を巻き添えにするということも起きそう。
 んな心配もあって、今回は墓地の上、特に墓誌碑と石灯籠の上に、孟宗竹の除伐材で簡単な養生をおこなってみた。

Ca390563 Ca390562  

  
 
 
 
 

 
 
 
 

続きを読む "墓石の竹養生" »

2009年12月 2日 (水)

年内にどこまで?(091203 日本語修正 091207 一部編集)

処理出来るだろうか。

いつまでも ん~な優雅な事いってらんない・・・依頼された白樫の除伐。

1202_0

 今日はその下準備のライン架 け。

 光屈性で墓地真上に傾いて育ってしまっている白樫は、二股の幹をもっていて遣り易いというかやり難いというか。

 

 

 Photo(備忘:ラインのかかり方が肉眼でよく見えなかったのでカメラでズーム撮影して確認しておいた。 これからは双眼鏡が必携になりそうだ。)

 折悪しく(目と鼻の先の畑で)昔所属したことのある所謂ボランティアグループが農業体験とかいう触れ出しで里芋掘りに興じている。

続きを読む "年内にどこまで?(091203 日本語修正 091207 一部編集)" »

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »