2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 白樫除伐 #5 | トップページ | 告知した勉強会の初日は(11月4日追記) »

2009年11月 1日 (日)

時差ボケ・季節ボケ? (+勉強会の告知:変更可能性有)

Sany0002 ちょっと前から、オーストラリアのアーボリスト掲示板にアクセスするようになっているんだけど、その中でワカランチンな質問が目についた。
→ http://www.treeworld.info/f6/welcome-8-67.html#post74707
 日本の楓を植えたが ちゃんと土の湿気を保つようにしてあるし肥料も施して十分だと思うんだけど 葉が貧弱で、新芽が乾いているみたいだ ・・・とか。

 ちょっと読んだだけだと そりゃぁ根が無いんぢゃなかろうか? なんて思ったりもするけれど、それと同時に「日本の楓」という意味でつまづいてしまった。

 単に樹種が日本の楓ということなんだろうか? とか、日本から輸入したばかりの苗 という意味なんだろうか?とか。
 大体、植えたのがどの程度の苗なのか、それとも既に植えて何年も経ったあとの話なのか? うーん、こういう話に突っ込むってのは、やっぱし経験とか学習とかを重ねたベテランでないと拙いよね。

 もし、日本から輸入したばかりの苗だったら・・・ と思って、アレ? とまた疑問がでてきてしまった。

   
 季節が逆転している南半球に移植された樹ってのは・・・ 移植の季節が春だったなら、樹は夏を抜かしていきなし冬を経験することになったんだろうし、秋であったなら冬を飛ばしてまた春って季節を経験をすることになる・・・ んぢゃなかろうか。

 簡単に衣替えで済ませられるような人間ならともかく、年輪を重ね頑固に生きている植物のばあい、こういうストレスってのはどうやって乗り越えられるんだろうか?
 あー、もしかしたら年輪を2本重ねた樹ってのができるのかもしんないな・・・ なんて、実に取りとめもない想念の世界に遊んでしまいそうになったわけで。

-----------------------------

言い忘れてたけれど、先日の井の頭公園でのハロウィン・ツリークライミングでの仮装写真を送っていただいたので掲載しときます。

 子供たちとの写真はブログへの掲載許可を貰って撮影した訳ではないので伏せておきますが、とにかく楽しいイベントでした。

 最初の写真、どっちかが私で、どっちかが息子です。 当てたらえらい happy02

Sany0032

 次の写真、スタッフ勢ぞろいです。

 みんなでわいわい すっごく楽しいイベントになりましたね~♪ なによりも子供たちが素敵でした。

 ◎◎◎インストラクターさん、混ぜてくれて有難う!

---------------------------------------------

 ところで、11月以後の伐採技術勉強会について。

 先日、11月末あたりから と告知したんですけど、老い先短い身の上のことゆえ、あまりのんびりしても居られず・・・ catface  来週からそろそろっと始めてみようかと思ってます。

内容は (大幅に変更の可能性あり)

① いま作業中の除伐白樫(径65cmφ)の
  ①-1 残り枝の吊り下ろし&エアリアルリフティング
  ①-2 幹の上部を段階を追ってトップカット
  ①-3 残幹の伐倒
  <隣家への迷惑解決>

② 根に空洞が開いてキノコが出始めている傾斜ソロ(径40cmφ)
  ②-1 隣接ヒノキからアクセスして大枝を切り落とす
  ②-2 トップカット 但し、単純な切り落とし
  <作業後の日照改善>

③ ほぼ坊主にしてある半枯れコナラ(径50cmφ)の除伐作業で
  ③-1 2本の大枝下ろしでのエアリアルリフティング
  ③-2 8m程度の低い位置でのトップカット練習台
       隣接樹からのセーフティラインのセッティング(+ランヤード)
  ③-3 残幹の伐倒(4m程度にしてから)
  <危険要素の解決>

④ 風倒した大山桜にかかられて根コケを起こしたソロ(径35cmφ)の除伐作業で
  ④-1 大枝下ろし
  ④-2 トップカット
  ④-3 残幹の伐倒(4m程度にしてから)
  <用材の確保と日照の改善>

⑤ 墓地上に急傾斜した白樫(径55cmφ)の除伐作業で
  ⑤-1 隣接樹にかけたスピードラインでの大枝流し
  ⑤-2 本体にかけたスピードラインでの幹流し
  ⑤-3 本体の幹の太い部分で①同様トップカット&エアリアルリフティング
  ⑤-4 残幹の伐倒(4m程度にしてから)
  <危険要素の解決>

⑥ 今年2月に大枝を下ろした椋(径50cmφ)の樹の除伐作業で
  ⑥-1 トップカット&エアリアルリフティングでの集材補助
  ⑥-2 残幹の伐倒 但し、地上4m程度の側枝以下は残す。
  <隣家への迷惑解決>

⑦ ⑥に隣接する榎(径50cmφ)の除伐作業で
  ⑦-1 スピードラインでの枝下ろし(他家竹林境界をすべての枝が越境している)
  ⑦-2 1年待って日照の改善された幹からの側枝芽生えを待つ。 
  <隣家への迷惑解決>

基本的に除伐作業なのでスパーを使うちょっと残虐な場面が増えます。

使用チェンソー MS200+MS260
主な機材
    ポータラップ Small 9/16” Capacity - 2,000 lb. WLL  x2、
    ブロック  5/8” Stainless Steel Arborist Block
          WLL 2,800 lb.  Breaking Strength 28,000 lb. x2
    プーリー  Heavy Duty Stainless Steel Pulley 3” Sheave
          WLL 1,600 lb.  Breaking Strength 16,000 lb. x2
    スチール製カラビナ Carbon Steel Rescue Screw Gate Carabiner
           Rated at 11,250 (50 kn).  x4
    5倍力滑車 Fiddle BLocks  & アイステイル・プルーシック
          Blocks have 5,000 lb. brk strength, 1,000 lb. WLL.   
    ローププラー/w ツリーマスター 70Feet
           1,500 lb. capacity with a 10:1 leverage advantage.
    ダブルブレード・リギングロープ
      1/2インチ :サムソン ステーブル・ブレード(200Feet)
          10,400 lb. breaking strength   1000lb WLL
      9/16インチ:サムソン ステーブル・ブレード(200Feet)
          13,300 lb. breaking strength   1300lb WLL
    バックアップ用 s7チルホール+6φワイヤー(20m)

日程は(あくまで本日現在の想定です)
 11月3・4・5日  ①   特にスパー登高技術の確認、修正

 11月12・13日  ③  近くにオオスズメバチが営巣しているので
                静かに慎重に。
               ハチの状況では②との入れ替えもアリ

 11月16日     ② 敷地内傾斜樹、道路・建物を仮想した
               リギング事例勉強にも利用できます。
               状況に応じ適切に活用します。

 11月17日     予備日
 11月23・24日  ④
 11月26・27日  ⑥

以後、⑤、⑦は12月に想定 実績をみて随時変更。

集合場所
 埼玉県川越市大字今福1295−2 川越市南文化会館
  (森のさんぽみち駐車場)
   コンクリートのメイン駐車場と、
   雨水処理広場(芝生の)駐車場と、
   4m幅道路を入った先の砂利の敷いてある
     「森のさんぽみち駐車場」とは
   互いに隣接していますが、別の駐車場です。 
   要標識確認
   
 毎回 朝9時集合 昼食持参 午後3時解散 参加費無料
 現地へは徒歩移動10分~15分。

連絡先: 住所・氏名・連絡方法明記のメール申し込みに返信します owlofkawagoe@gmail.com 

DVDのチェックは場所を確保するのが難しい(かつ有料)ので当面、見送ります。

参加費は無料です。
飲用水・昼食は持参してください。

当日小雨決行、朝7時に実施可否を決定、連絡いただいたメールへ連絡します。

特別に保険手配はしませんので、各自の傷害保険の適用を前提に参加してください。

この勉強会の主な目的は
 ① より効率のよい作業手順の工夫
 ② より安全性の高い技術の指摘、提案
 ③ 実際に使ってみて評判ほどでないと思われたギアの再評価
 ④ その他、里山保全などについての具体的知見を共有する機会。

 として考えています。
 参加メンバーは実際にギアを使って登高しトップカット研究することを想定します。

 但し、実際の切除については、墓石・塀などの地権者財物の保全の観点から、主催者の明確な同意なしには行わない(拒否権を留保)ものとします。

 なお、この一連の勉強会開催中に、1トンクレーンスケールを入手して、実際の枝の重さを計量できるようにするつもりです(現時点で未入手)。
 現地にPCを持ち込み、リギングソフトを使っての推測値と実測値との比較も行います。

« 白樫除伐 #5 | トップページ | 告知した勉強会の初日は(11月4日追記) »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

畑仕事」カテゴリの記事

コメント

あきらかにトンズラーが月光仮面さんでボヤッキーが息子さんじゃないですか?
でドロンジョー様はどこに?

音やん~♪ ひっかかった(bleah
 トンズラーが息子で私はボヤッキーの面を被ってました。
 ドロンジョは家内を誘ったんですが・・・ いやはや、でも来年はどーなるかわからんですし catface

いやぁ〜ひっかかっちゃいましたか!
口惜しいなぁーもー!
奥様のドロンジョーはカーバーズミーティングで見れますかね?

今回のカバミに誘ってみてるんですが、なんせうちの家内は引っ込み思案の頑固ものだからねーhappy02
 おまけに陸奥カバミ、今年も開催されるのかどうか、まだよくワカランチンですし coldsweats01
 日程や場所が決まったら もう一度プロポーザル出してみます(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46642896

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケ・季節ボケ? (+勉強会の告知:変更可能性有):

« 白樫除伐 #5 | トップページ | 告知した勉強会の初日は(11月4日追記) »