2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« フットロックを練習する前に | トップページ | 白樫除伐 #4 »

2009年10月19日 (月)

安曇野2009カービング・キャンプ

ついに雨に見舞われた?安曇野教室・・・

 当初は薄日も差していたキャンプ初日、午後2時ごろになって天気の崩れが始まったのだけれど 現場から撤収したころ常念岳はまた晴れ上がっていた。

 そして 翌くる日曜、キャンプ本番の日

  なんと!南都!何と! (←マンネリ気味だけど)

 またしてもやってくれました安曇野は。
    あの穂高の山並に あの初冠雪の感激ふたたび

Dscf0176

 そういう具合に展開した安曇野2009カービングキャンプが無事に終了しました。

 細かいことは他の皆さんのブログにまかせます。(汗)

 

 カーバーの写真はキジトラさんのカメラ画像を頼りにして、私はとにかく下手なりの記録写真をとって並べるだけのことしかできませんが100枚超える画像アルバムを登録しておきましたので、その気のあるかた どうぞごらんになってくださいませ

→ http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/2009#slideshow/5394074370844892386

 スタッフ参加のつもりでいた私に塾長や愛バーカーさんが おまーも彫れ 彫って 萌え 燃え尽きろぉ~ とけしかけてくれましたので、2日目は私も遠慮なく恥も外聞もほ~りだして丸太と格闘。

 自分の現在の限界を思い知った作になりました。

 

Dscf0166  
 イメージしたのは、あの例のナターシャ・グジーさんが歌っていた歌詞

 果てしなく道は
   続いて見えるけれど
  この両手は
     光を擁ける

 あまりにもナイーヴな と言うこともできる詩であるかも知れないけれど、ナイーヴであることの自覚をも踏まえてよく聴きとりたい詞ではある。

 覚 和歌子(かく わかこ、本名:川越博子(かわごえ ひろこ)さん、どういう人なのか、その著書に触れてからでも彫像にするには遅くはないかもしんない。

なんちって (^^;

 あまりデカイ事を口にすると また講釈彫刻が始まった と馬鹿にされるかも知れないんで、現場では野の花をだかせて誤魔化した・・・んだよね(汗)  

Dscf0168_2

  これで私の今年1年のカービングでのビッグ・イベントは終了です。

 あ、明日はウッドターニング(木工旋盤)関連で、代々木オリセンで開催されるイスラエルのアビセラさん講習会に参加するよう言われているんで、刃物の研ぎとか色々なことを勉強しにでかけます。

 そろそろ小鳥たちの巣箱を準備する季節になりました。

 旋盤にかける丸太から切り出した材を、巣箱にうまく使ってくださる仲間がいるんで、木登りの楽しみもまた1つ追加されました(幸!)

« フットロックを練習する前に | トップページ | 白樫除伐 #4 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

大変お世話になりありがとうございました。
やっぱり安曇野はいいですね。あの雄大な山並みを
見ると「また、来れたなぁ~!」という気持ちに
なります。

スタッフの皆様のおかげで
とっても楽しい二日間でした!
来年も、、、ってもう話し合っていますよ(^^♪
アルバムの中から何枚か頂いていきます。
ありがとうございました~~~。

安曇野塾からこの半年色々ありがとうございました。
塾長の手助けもあり何とか第一目的のソアリングイーグルを完成させることが出来ました。
二日目の後半は、体がボロボロで思うように動きませんでしたが、気持ちの良い筋肉痛は初めてです。
未だ未だ未熟ですが今後とも宜しくお願いします。
安曇野はやっぱりええな~。

なんか周りの人たちが遠〜いところに行っちゃうみたいで・・成瀬さん、私を見捨てないで!!!

成瀬さんの人物像はどれも雰囲気が素晴らしいです。
暖かみが合ってホッとさせられる作品やちょっと悲しみをたたえた作品。。
今回のは純朴さがそのまま作品に表現されてます。
作品談義しながらまた酒飲みたいな〜と思いました。

おはようございます菊池さん
 東日本の名物3人組のカナメのご活躍、毎回のブログ更新で今度は皆さんどこへ跳んでゆくやら唖然と見守るだけしかできませんhappy02
 東日本大会はいよいよ5周年記念大会を迎えることになりますね。
annoy

ホワさんダッシュさん、思い切った大作への挑戦だったように思ってたんですが、まだまだ大きな作品に挑戦できそうな雰囲気ですね lovely 
 頂戴したクスの木のサイコロ、どうやって遊ぶべえか、色々な企みをしている段階が一番楽しいんですが♪ そろそろ手がかりを決めていこうかと思います。 できたらブログに掲載しますんで、たまにチェックしてみてくださいませ~ sweat01

まじめな丸さん、そろそろ商売気ってか、そっちのほうに手を伸ばしてもいい段階に来てるんぢゃありませんか?
 人に喜ばれる作品をつくる喜びの環。 きっと安曇野はそういう役割を持っているんぢゃないかと思います。
 あれだけ大きなソアリング・イーグル、完成させただけでも大変なステップアップでしたね。
 どんどん進化して塾長を泣かせてやってくださいませっ wink

佐藤さん、半割り丸太からのフリスビー犬、お見事です。
 あの広葉樹の半割りから躍動する犬の姿勢をイメージするって、出来上がったものを見れば自然にみえても、普通はちょっと思いつかないんぢゃないでしょうか。
 よほどコメント入れたいと思ったんですけど、佐藤ファンが大勢取り囲んでいるもんで(heart01)雰囲気を壊さない茶々を入れようと思うと凄く難しくなっちゃいました。
 
 これから暫くは旋盤用材の確保と支障木の除伐、特殊伐採技術の研修に明け暮れする予定です。

 気の抜けたサイダーみたいな心がまた何かに満たされてきたらまた何かを彫ることになるとhappy02思います。
 佐藤さんに見せたい!と思うような作品がちゃんと彫れるかどうか、ちょっと心許ないところがありますが(笑)

スッタフの皆様のおかげで気持ち良くカービング
させていただきました、ありがとうございました。
来年はもっと安曇野ならではの作品が作れるよう
がんばります。

木こりオヤジさん、オヤジって言うからどんな伯父さんかと思ってたら現役バリバリのおにーさんぢゃないですか( ^ω^ )
 安曇野は伴塾卒業生がどんどんカーバーとしてデビューする場にもなっている訳ですが、実際にはもっとずっと広く 彫刻することが大好きな人たちの大きな輪になってゆくんぢゃないかと思います。
 でも、私なんざ周りでハシャいで居るばっかしで、来年のことは塾長の気持ちひとつですからねぇ~

 来年もまた大騒ぎできるように、木こりオヤジさんも一緒に祈っていて下さいませっ

安曇野初参戦お世話になりました。
何も考えず持ちネタだけでの参加で後でもう少し
考えておけば良かったな~と・・・皆さんの作品のバリエーションの多さを見て驚いています。
それにしてもカービングバカが集うすばらしいショウでした。
しばらくおとなしくして鋭気を養って下さい。ませませ!

安曇野では大変お世話になりました。
自分にとっては最高の場所、最高の材料、
最高の人たちのなかで出来た事が嬉しかったです。
やればやるほど楽しくなってしまい
いくら時間があっても足りませんが
少しづつでもレベルアップできたらと思います。
また、いろいろとよろしくおねがいします。

疲れは取れましたか?
いつもながら月光仮面さんの作品には作品のまわりにストーリーと奥深さを感じられます。
ああいう作品って置く場所のシチュエーションでガラリと放つ光りが変わっちゃうんですよね!
あれを私は神社の境内や森の小道に置いてみたいなと思いました。
木々から射してくる木漏れ日(できればインディアンサマーの、、、)やわらかな木漏れ日のダンスの中に置いてみたいですね。
なんか疲れがたまっている様子でしたが、まだまだ月光仮面さんには彫ってもらわなきゃない丸太があるんで今のうちに休養してくださいね!
また来年安曇野で宜しくです。

M~!さん、コメントさんくすです。
 チェンソーカービングキャンプって、いろんなスタンスのままで参加できるのが凄くいいと思ってますです。
 今年は着色した人少なかった ・・・ってか、皆無でしたが、去年は和歌山の船長さんがオームにアクリルカラー処理して魅せてくれました。
 壁に突き当たってマンネリ化しやすいのがチェンソーアートの世界だと思います。 しなやかなままの感受性から生まれる作品ってのはいいものですね。

おおさわさん、コメント有難うです。
 今年の大きなイベントはこれで終わりですが、まだまだツリークライミングやリギング研修などの楽しいイベントが待っています。
 既におおさわさんの作品も個性が滲んできていますんで、これからこれがどう化けるか 楽しみのタネは尽きません。
 これからもよろしくお願いします。

音やん♪
 風呂あがりの山荘で通路歩いていて ほよっ と足元がふらついたら空かさず音やんからチェックされちまいました。
 あんまし悔しいから聞こえなかったフリしてたけど(笑)

 帰宅してから連日の除伐作業です。

 前に音やんが彫った桜と同様、倒れっぱなしの山桜の丸太にテコヅってますが、立てることができればこれで天平の龍を彫りたいと思ってます。
 いよいよだめだったらリポビタンでも掛けてシャンと立たせるか・・・ あー、ちょっとリポビタン程度では立ちそうにないなぁ・・・
 単管まで曲げてしまったけれど、あの山桜の周辺で巻き添えになった木も枯れ始めています。

 来週あたりから本格的な作業をしたいものですが、だんだん足元がふらつく程度を超えて木の上で太腿が攣ったりするよーになりました(汗)
 大事に使えば一生つかえるこの命、結構しびれてます。
 でも、これで消防にレスキュー頼んだりしたら本当の馬鹿だからね~ って(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46525921

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野2009カービング・キャンプ:

« フットロックを練習する前に | トップページ | 白樫除伐 #4 »