2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

白樫除伐 #5

091030_0 この白樫も下見を入れればこれで5回目のアクセス

 そろそろケジメをつけて良いタイミングか。

 今日は穏やかな好天気。 

  

 だからというワケではないが、これは除伐なんだ という事を強く意識しないと、樹の上でまたウラウラと日向ぼっことか遠い山並見物とか、畑の農作業風景とかに見入って時間を潰しそうになる。 

上の写真と下の写真、違いがわかるだろうか? 

091030_01  上は、幹左側に水平に突き出した大枝が切り離されたその瞬間。

 

 下はその後のブロック付け替え作業。

 左にあった枝が一本なくなっている。

 
 

 そんだけのはなし。 

 

  なんちって(笑)

 
 
 
 

続きを読む "白樫除伐 #5" »

2009年10月26日 (月)

そろそろ始めっか♪

今年の「どんぐりを育てる会」への参加賞の製作。

 最初は 逆立ち独楽 がいいかと思ったけど、直ぐに失くしたり飽きられたりするのも趣旨からすれば逆効果になるからね・・・Dscf0029

 んでもって・・・

  あれこれ考えた結論が例のケンダマ。

 やっぱし木目が木製の木星で・・・

 って、あれ?同じこと この前にも書いたよーな 

 ・・・ なんだかデジャブなブログになりつつあります(汗)

続きを読む "そろそろ始めっか♪" »

2009年10月25日 (日)

白樫除伐 #4

 この数日2日というもの、延び延びになっていた農家裏庭の白樫除伐を行っている。
まだまだ能率的な動きとか 無駄な作業の回避とか を考える実力が無い。 

15_07_0  
年齢のセイにしてはいけないんだろうが、開始前の予測作業時間と実績作業時間の乖離が埋まらない。

 

 今回もグーグルのアルバムに写真記録をUpしておいた

 →http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/ZPdoG#

 複雑に絡み合っている白樫の大木(目通り実測65cm径)は、下から順に切るという作業自体が成り立たない部分があって、吊り切った枝が別の枝にからみこんで重量の点で簡単に解決できないことがママある。

 私の場合は、チェンソーカービングの要領で絡みこんだ木の股を左右から切込んで絡み嵌まり込みに決着をつけることになる。

続きを読む "白樫除伐 #4" »

2009年10月19日 (月)

安曇野2009カービング・キャンプ

ついに雨に見舞われた?安曇野教室・・・

 当初は薄日も差していたキャンプ初日、午後2時ごろになって天気の崩れが始まったのだけれど 現場から撤収したころ常念岳はまた晴れ上がっていた。

 そして 翌くる日曜、キャンプ本番の日

  なんと!南都!何と! (←マンネリ気味だけど)

 またしてもやってくれました安曇野は。
    あの穂高の山並に あの初冠雪の感激ふたたび

Dscf0176

 そういう具合に展開した安曇野2009カービングキャンプが無事に終了しました。

 細かいことは他の皆さんのブログにまかせます。(汗)

 

 カーバーの写真はキジトラさんのカメラ画像を頼りにして、私はとにかく下手なりの記録写真をとって並べるだけのことしかできませんが100枚超える画像アルバムを登録しておきましたので、その気のあるかた どうぞごらんになってくださいませ

→ http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/2009#slideshow/5394074370844892386

 スタッフ参加のつもりでいた私に塾長や愛バーカーさんが おまーも彫れ 彫って 萌え 燃え尽きろぉ~ とけしかけてくれましたので、2日目は私も遠慮なく恥も外聞もほ~りだして丸太と格闘。

 自分の現在の限界を思い知った作になりました。

続きを読む "安曇野2009カービング・キャンプ" »

2009年10月15日 (木)

フットロックを練習する前に

登る前に下りる技術をマスターしておく必要があるけれど、フットロックを教えているDVDなどではその詳細を解説されることがない。

Dscf0016  
 今日は2m以下の高さで降りる練習を記録。
 カメラマンが散漫で写されている私は注意したり怒ったりした後のおっかない顔している。


 フットロック自体は硬いソールの靴を使えばなんとかなるものだ(底の柔らかいスニーカーでは足が絞られて痛くなる)  しかし、ダブルロープでエイト環降下に切り替えるときの注意点や、用具を落下させないための手順とか留意点などを確かめる必要を感じていた。

 細かいことはいつものアルバムに入れておいた。

→  http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/wCHyb#

目的はDRT (本当のDRT 通常 DRT と呼んでいるのは正確には DdRT) で登りつめた後の正しい降下手順を整理すること。

 還暦過ぎて早4年、そろそろ体力が・・・と思うのだけれど、まだまだ遣り残した「面白いこと」がいっぱい残っている。

 安曇野から帰ったら地主さんから依頼されている除伐木について トップカットの練習用に整形し、地上から見学した時、高すぎて首が痛くならないようにしておこうと思う。

 それにしても 地主さんが除伐したがっている ってえ木が随分あるよ・・・

 器に挽く材を頂くのだ と割り切ろうと思うけど これって本当はどーなのよ。

 

2009年10月11日 (日)

エコフェスタin千葉大会

去年は突然に参加できない事情ができて 見逃した 見送った エコフェスタ、今年はカービングと100人手作り村の双方に参加するかたちで夫婦揃っての千葉詣でと相成った。

 こまかい話はまた機会を改めて。
 作品写真ならばきじとらさんのブログに如くは無し。

Ca390346  

 つまり、私のブログでは誰も相手にしてくんない かわいそうな私の作品だけsprinkleにスポットライトを当てることになりますですね はい 

    (゚ー゚)

  競技開始後30分、割り当てられた材の肝心の場所に大きな死に節が埋まっていることが判明し、急遽モチーフを練り直し、節の空洞を必然にするデザインとして再びアンジェラアキの「手紙」 ~15の君へ~ に切り替えた。

 相変わらずカメラはうまくないので携帯付属のカメラで記録を残しておいた。 

 

久しぶりの彫刻だったけれど、MS200が絶不調down

 Ca390352
 最初にラフカットで使ったMS260は 例の平やスリでの目立てのセイかな・・・ 滅茶苦茶に切れたけれど負荷が高かったようで途中でオーバーヒート?し たらしく 突然にアイドリング回転が超高速に跳ね上がってしまい操作中止してしまったthundertyphoon

 翌朝試してみたらスタータロープの圧縮がかなり甘くなってしまっていた。 これって、焼きついたってことだよね きっと・・・shock

 んな事もあって、なんのことはない、3台のチェンソーのうち、最後の1台 G3200だけで仕上げまで突っ走ったけれど、まあ、それなりの出来だったように思っている。

 
 

 評価は・・・・

    無論、無い。

Ca390345  
 ゲージュツ catface ってのはわかる人に判ればいいのら~っ♪

  そう思ってるんでね、いつも (← やせ我慢)

 

ところで

  青Jさんのタッチを早速ツナギやブーツの表現に使わせてもらいました。

 あしからず です。

 

ご挨拶が後になってしまいましたが

 千葉大会のスタッフの皆様、今回も大変お世話になりました。

 ありがとうございます。

 

 あ~ それにしても

  100人村との掛け持ちは ほんとに疲れたぁ~ gawk

  でも、久しぶりにかぁちゃんと二人で出かけた長柄町、さわやかな秋が訪れていました。

 立ち直りつつある息子から日赤の救急資格取得できたとのメール入信。

 次の夫婦揃っての外出は、もうそろそろ、あの願かけ地蔵の縄を解く小旅行 ってことになるんだろうか。

      知らないけど。

続きを読む "エコフェスタin千葉大会" »

2009年10月 5日 (月)

このコナラは教材になるか?(091006 一部写真などに説明追加)

Ca390343  

 毎回急な雨で作業を中断、どんどん細かく刻みこまれてしまう腐れコナラの除伐作業だけれど、いよいよ今週中には台風18号が暴れこんでくる様子。

 

 とくにコケ生(む)して踏めば泥のように変容する木肌の上では、スニーカーでの登高ってのはできない事が多くなるんよね。

(最初の写真 左下に茶色く見えているのは遠くの畑です)

  これまでも木の腹側から背にまわる動きのために、アブミだとかブリ縄だとかの応用を試してきたのだけれど、やはりクライミング・スパーに匹敵する効果は期待できそうにないしぃ 

Dscf0001
 かと言って、スパーの利用に習熟しているわけではない自分の技量を考えると、DVDなどでよく見かけるランヤードとスパーでのクライミングなんてぇのは 今のところ とても出来ない(゚ー゚) 相談。

 

 いよいよ目前に迫る台風襲来に備え、依頼された墓地脇の腐れコナラの処理はなんとか納得できる水準に済ませておきたいという事情もあって 今日のコナラ再訪と相成ったってわけ。


 

続きを読む "このコナラは教材になるか?(091006 一部写真などに説明追加)" »

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »