2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 安曇野教室2009 後期2日 | トップページ | このコナラは教材になるか?(091006 一部写真などに説明追加) »

2009年9月29日 (火)

このコナラに引導を渡す?(090930 091003 記事他追加)

連日の山桜三昧・・・ と言っても、実際にヤマにでかけたのは1日だけ、あとはずぅ~っと自宅での旋盤作業にどっぷり浸かっていた。
 ようやく手持ちの生の桜材が少なくなってきたので(粗挽きしただけだけれど)、その補充に例の風倒桜のヤマにでかけた。
 作業の途中で私が借りている森の地主さんがやってきて、墓地横のコナラがイケナイみたいだという。

Dscf0052
 業者を頼もうかと思うけれど、○○さん(←オイラのこと)が居るから一言断りをいれて という話の筋だったので即決引き受けて墓地の周りの様子を確認。

 なんとその木は昔(←笑)ツリークライマー資格を取るために登らせて貰った樹高約20mほどのコナラの木だった。

 あの時、このコナラが「登るなよ」と言った気がして途中でクライミングを止めにした経過があったの事を思い出した。

 今日になって地主さんからそのコナラjの伐採を依頼されたこのめぐり合わせに なんとも不思議な思いにとらわれてしまう。

今考えている除伐手順は

Dscf0055 1 隣接ヒノキからV字吊りでコナラの第3枝股に渡って

2 墓石上の枝を吊り下ろし

3 残りの枝は切り落としで坊主にして

4 残りの幹はトップカットの繰り返し。

5 8m程度の高さまで下りたらロープ架けして根元から伐採。

その前に、塩酒米を供えて無事を祈ることが先決かな。

コナラの根元や墓石の上に、虫食いの木屑が大量に落ちていて、見上げればこの季節に似合わぬ貧弱な葉の茂り方。

 年とるってのは、こういうことなんだろうかね。

 ・・・

なんちゃって(^^) 

 以下の写真は今日の山桜現場の作業景色

Dscf0021_2 

手がかりの無くなった枯損木の松にどうやってロープ架けしたかってぇと

近場のてきとーな木の枝にスローラインをかけておいて、牽引ロープの先端のランニングボーリンを吊り上げてテンションをかけて引き絞るだけのことです。

 

 

 

 

Dscf0042  

 

 

 

 

テンションかけて倒すので追いツルで倒しています。

 

 

 

 
 

Dscf0013  

 昨日は自宅の近所では行きがかり上こんなことやったり

 

 ただの庭木ですけど、脚立で作業している人を見ていられなくなってのボランティアでした・・・ 吾乍、ほんまもんのアホやなぁ

 

 

 

 

一昨日は所沢まで出かけて こんな光景にちょっと感動したり・・・ して

Dscf0015  

 

 (糀谷八幡での秋の定例祭)

 

 

 

 

 

 

Dscf0018

 

 

 

 

 

Dscf0020  

 (奉納した孫娘、ちゃんと祭礼に混ぜていただいています。)

 

 

 


これでオイラのどこが枯れてきてるんだって(^^?

  って、すぐにムキになるところがヤバイんよね think

  しっかり枯れてきている証拠ぢゃん。 ホラ 73度・・・

-------- 忘れてた作業写真 --------------- 

 

Dscf0034  

この季節のコナラにして、この樹冠・・・

 

 おそらくカシノナガキクイではないと思うが。

 

 

 

 

 

 

Dscf0037  

最初に左奥の枯れた大枝2本を吊りおろす。

 

 吊る理由は写真左下奥にある立派な墓地

 

 枯れ枝はその直撃コースにあたっている。

 

 

 

 

Dscf0039  

 

ロープ3本で牽引してどんどん墓地から遠ざける

 

 

 

 Dscf0042

 

 

 

 

 

 Dscf0045

 

 

 

 

 

Dscf0047  

 

 ここまで牽引した理由は枝先の描く円弧が石灯籠の屋根を撫でる危険があったため。

 

 

Dscf0012_2

 

写真左奥の枯損枝2本を下ろしたあと、右の大枝を切り落としにかかる

 

 

 

Dscf0015

 

アクセス時、ロープをダブルにしている点をチェック

 

 

 

 

Dscf0027

 

スニーカーで雨後の滑る腐れコナラのリムウオークには無理がある

 

 

 

Dscf0030

 

方針転換。 元から切り落とす。

 

 

 

 

Dscf0036

 

チェンソーはコマツG3200でいける限界

この角度でのチェンソーの取り扱いは逆手になる。

カービングでは頻繁に使う持ち方だが、慣れると必須テクに思えてくる。

 

Dscf0041

 

 

切り落としたあと

 

 

 

Dscf0043

 

今週末に予測される台風18号に備え、残りも切り落としておく必要がありそう。

 

 

 

 

 

« 安曇野教室2009 後期2日 | トップページ | このコナラは教材になるか?(091006 一部写真などに説明追加) »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
 几帳面なブログがしばらくお休みで、安曇野お疲れかと心配してましたが、何の何の・・・盛り沢山の話題がてんこもり、歳は取っても吾ここにあり元気元気に安心ですscissors
 神社奉納の”カービング娘”・・・神様も時代の移りに感心なさっておられるでしょう。
 処で、ブログTOPの差込写真が、”樵さんから、箱根の家の我が娘に良く似た娘に変り”気になってますが・・・。
 ご無沙汰中に、もう秋の最中、輩もチョット多忙中で10月中旬以降にお邪魔できないか思案中です。

をっとスノートさん、久しぶりです。
 先月のPCトラブルであちこちのHPアドレスやらリンクやらが壊れてtyphoonしまい、スノートさんのホームページにも行けなくなっちまってます (--;
 丁度よかった(^^)アドレスもう一度おせーといてください sun

なんせOSの再インストール、ディスクフォーマッティングからのやり直しです。 案外とこのブログの中のデータは保存できているので(一度昔の文章や絵を捨てられてしまったけど)、スノートさんもそろそろブログに転向されてはいかがですか( ^ω^ )

今日はこれから墓地上のコナラに引導を渡しに行きます。
 たぶん、能率優先時間本気でやれば半日もかからない作業と思いますが、あくまで教育訓練半分でやります。
 近場にオオスズメバチの(倒木の中の洞から外まではみ出している)巨大な巣がありますんで、派手な伐採やると彼らを怒らせることになるかもしんないんで・・・ まったりと一日作業にする予定。
 無事を祈っておいてくださいませっ coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46345906

この記事へのトラックバック一覧です: このコナラに引導を渡す?(090930 091003 記事他追加):

« 安曇野教室2009 後期2日 | トップページ | このコナラは教材になるか?(091006 一部写真などに説明追加) »