2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 樫の木 第4回(3日目) (8/17 append) | トップページ | げーっ! もう出たの?! »

2009年8月 9日 (日)

枝の吊り方で・・・

アンカーポイントにかかる荷重が違うということは良く知られていると思う。

 ただ、通常のテキストでは アンカー点はブロック/プーリーで荷重を受ける場合について述べているだけ・・・ という印象がつよい。

 前回のブログで記録した神社杉枝の吊り方では、プーリーやブロックでなく、ポータラップをもってきて吊っていたのだが、その意味について、以下の図で説明しておいたほうがよさそうな気がするんで、今日はシコシコとイラスト作り。
 なんせこんところの雨続きで、老体、つくづくと疲れてしまったもんで(汗)

Pullup_a_branch_1
最初のイラストはブロックで吊る普通のやり方。
 トップカットでは吊るってことができないから、衝撃荷重 ってのがでてきて話がややこしくなるってこともご存知のとおり。

でっ!

 実際の枝の重さWと 吊る牽引力Fと がブロック・プーリーでバランスするため、結果的に、上の枝にかかる荷重はFとWとのベクトル合成した大きさになることは良く知られているとおり。

 もし、上の枝もアテにできない状態だったとして、さらに杉のような枝の弱い樹種での作業だったとして、このやり方は正直言って怖い と思ったりするですよね 状況で。

 まあ、上の枝がバキッ!と折れたりすることも十分に有り得るわけで。

 だから、前回の神社杉枝の吊り上げはブロック・プーリーでなく、ポータラップ直結としておいたわけっす。

 これは次のイラストで説明してあるとおり。

 

Pullup_a_branch_2

 
 

 まあ、言われてみれば誰でも理解できる話ばかりだと思うが、このあたりに神経質になるご利益の中に安全確保というようなシロモノも含まれているかもしんない。

 もし、こんなポータなんざ使いたくない ってえ場合には前のイラストでのFの方向を、適当なリダイレクト(リディレクト)をかけて大きく曲げてやればいいって訳。

 

 あまり詳しく突っ込んで計算ばかりしても実際の作業では意味がなくて、最悪荷重を算定したときどうなるか を想像するほうがいい というのは実務の知恵みたいなもんだろうか。

しらないけど(笑)

 よくアーボリストのテキストに枝の太さが7インチ(17.8cm)程度以上あることを条件とする議論があるけれど(ISAワークでは最低4インチとなっている)、実際の樹の枝の強度ってのはそれこそ個別条件依存、季節依存という性格が強いので、あまり太さに細かくこだわってもそれほど意味をなさないのではないかと思う。

 むしろ上の最初のイラストにあるような動滑車のプーリーを利用して、想定荷重の倍(あるいは4倍システム)の重さを架けて枝の強度を確認するようにしたほうが より合理的だろうと思ったりする。

 でもねー 実際には・・・ そこまで時間を消費できない事情ってものもあるわけだからねー

 まあ、それだけの安全率を見込んで6インチ(約15cm)径という目安もある訳だけれど、ミズキや栗の樹でのそれと コナラ・クヌギ・ケヤキ・エノキなどでのそれとでは太さの意味が違うってことは一応、抑えておきたいものだ と思うYO。

 ん・・・

 このブログは昨日、一昨日と南相馬で同室で語り合った林業青年 某K君にあてて書いたものです。

 まあ、ごく常識的な話だけれどさ、どこにも書いたものがみつからないんで。

 そんだけ。

 あ、面白いCMがありました。  例によって YouTube ですけど、目指したいレベルがこのあたりです。 もっと勉強しないと・・・ と焦ります。 catface 

それにしても、です。
 ISAのHPに紹介されているCD教材といい、日本だったら企業機密にされかねないこのCM映像の技術内容といい、どんどん進化している欧米の連中の共有する文化というものに ちょっと怖ろしささへ感じてしまった休日でした。

このブログを見てくれている人へ:
 上のリンクのCD教材はインタラクティブに図と説明と試験とを繰り返す形式の、安全・クライミング・リギング の入門解説になっていますんで、英語を我慢すれば相当な収穫が得られると思います。
 暇なときにじっくりと遊んでみてはいかがでしょうか。

« 樫の木 第4回(3日目) (8/17 append) | トップページ | げーっ! もう出たの?! »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

南相馬市在住某K氏、メッセージ受け取りました!!
「感謝しまっす!」
一人ポーターラップ技が、どうにも不思議でしたが、理解できました。
特訓山で試して、地元の神社にいる樫の木に登りたいと思います。
わかりやすいイラスト、NICEでした♪
また12・13日お世話になりまーす!

※ジュリア・バタフライ・ヒル、僕は今この方に魅かれています♪(^-^)

げ・・・
 風貌と全然ミスマッチな和風名つけたマッチ鞠平さんwink、先日は色々とお世話になりました。

 ところで!

 ジュリア・バタフライ・ヒル・・・ って、どんな人だったでしたっけ coldsweats01 まさか、あのルナの遺産の?

具体的にレッドウッドに登るんだったらツリーワールドなんかにアクセスしてみたらどうかなぁ と思いますが。

 こんところ乾燥の進んだ粗挽き器の仕上げをやりたいんですけど、なかなか時間がとれまっせん。
 来月からはいよいよ漆仕上げ の予定だったんだけど、果たしてどーゆーことになるやら。
 今週またお邪魔虫しますが、お手柔らかによろしくお願いします(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/45880422

この記事へのトラックバック一覧です: 枝の吊り方で・・・:

« 樫の木 第4回(3日目) (8/17 append) | トップページ | げーっ! もう出たの?! »