2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 戦意喪失・・・ | トップページ | アルミのリングが破断した? »

2009年8月30日 (日)

台風のくる前に・・・

なんとか一応の決着をつけた。

Dscf0062  但し、撤収中に雨脚が強くなりすぎたので最後のブロック(ステンレススチール製)は木の上に残したまま
   ┐( ̄ヘ ̄)┌

 写真をみて、多分、ちょっと「短コロ」にしては長すぎると思う人も居るだろうけど、確かにそのとおり。

 あまり訓練だからと言って樹上から怒鳴る姿を見られるのもかなり恥ずかしい。 そーとーに 恥ずかしい。

 だから、今回はいっぱつで電線の高さより低く仕上げ、元株はフクロウや蜂の巣になるよう残すという究極の選択をした。

 

Dscf0077   グランドワーカーさん、今回のミスには自分でも相当に応えている様子。
 

 ちょっとばかり深刻なミスだったからねー。

 オイラは同情しない。 

 んでもって、かなりセーブした怒り方をした積もりだけれど、関係ないロープにフィドラ滑車をセットしたドジは・・・めちゃめちゃくっちょんくっちょんに怒りたい。

 って、もう既に怒ってるし♪

 今日の作業で、本当はチェンソーの使い方についてを説明したかったのだが、まるで記録写真が残っていない。

 ま、細かいことはいいんだけど。

 受け口を作ったのはMS200の14インチバー。
 老い朽ち・・・ちゃった、追い口を切る段階では、目の高さで向こう側を透かして見てツルの精度を確認する訳だけれど、14インチでは届かないのでMS260の18インチバーに交換して処理。

Dscf0002  今日の作業システムについて、記録の残っている範囲でメモしておいた。  暇のある人は見ておいて貰って、できればコメントなりアドバイスなりを残してくれると有難い。 

 でも、無論、無報酬だからね。 

Dscf0031

ちょっと気になったので、明日にでもポータの使い方について私の知る範囲でのコメントを残しておこうかと思う。 ま、誰でもやってみれば判る話なんだけどね。

 
 
 
 

Dscf0035

をっと 書き落としていたけれど、今回のトップカット、切除する木の寸法とアタマの吊り点、牽引点、ボトムの吊り点 この配分がどれだけ絶妙だったか、写真で理解して貰えただろうか?

 

Dscf0037

 
 
 
  

Dscf0041   最初にアタマが落ちる道筋にある別の木の枝を予め落としておいて、ロープで起し木方向へ牽引しながら正確なツルを切ってクライム・ダウン。 

 

Dscf0066

   牽引距離をグランドワーカーに指示しながら周りの電力線、電話線、電燈線を避けるようにトップ位置を円弧状に制御しながら敷地内の他の木に妨害されないよう地面に下ろす作業ってのは、そんなに簡単ぢゃない・・・ 

Dscf0077_2

   

 と、思う。

  

 こういう作業でメシが喰っていけるようになるには・・・   gawk

Dscf0069   きっと、オイラ 始めるのが遅すぎたんだろうけどね。

  ま、それも運命とかめぐり合わせとか言うもの ぢゃないかと思う。

  30年ほどの昔、色々な試験装置を開発していたころは、こういう 重量感のある充実感 ってのはあまり感じなかったもんだ。
 なんせ、なんでも出来てアタリマエと思っていたし、ハード屋の身でありながら外注ソフトのデバグに追い回されてばかりの日々、傲慢なソフト屋に結構アタマに来ていながらずっと我慢を重ねては資金繰りで胃袋に一杯潰瘍痕を作っていた。

 きっとそのうちに、こんな特殊伐採も出来てアタリマエという感覚になってゆくんだろう。( 事実、できてアタリマエ ぢゃなければ特殊伐採なんか最初からやらないんだけどね・・・) そしたらまた、胃袋に穴のあくような思いをするようになるんだろうか?

 ・・・ しらないけどさ  catface

« 戦意喪失・・・ | トップページ | アルミのリングが破断した? »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46072483

この記事へのトラックバック一覧です: 台風のくる前に・・・:

« 戦意喪失・・・ | トップページ | アルミのリングが破断した? »